当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

これから看護師になる方や、違う環境へ転職を予定している方は、それぞれの職場の仕事内容が気になるところです。

看護師の仕事の中でも求人数が多い「病院の病棟」「病院の外来」「クリニック」について、現役看護師や経験者の方から、一日の仕事の流れを聞いてきました。

病院の病棟勤務の仕事内容

病棟勤務は、「回復期」、「急性期」、「療養」など病棟の種類によって、業務内容は異なります。
ここでは、病棟勤務全体で共通している仕事の流れを紹介します。

出勤時の確認

病棟勤務の看護師は出勤したら、まずは病棟の状況確認から始めます。
確認事項は次のような事があります。

  • 日勤の場合は夜勤勤務者からの申し送り事項の確認(夜勤の場合は日勤勤務者から確認)
  • 病棟患者の状況の確認
  • リーダーが医師から聞いてきた指示の確認
  • リーダーから指示される部屋割りなど、配置場所の確認

朝礼で全ての確認事項の話が行われる所もあれば、いくつかの項目は看護師が各リーダーや夜勤勤務者などから個別に確認しなければいけないケースがあります。

日中〜夕方(患者が就寝まで)の仕事

それぞれの看護師が担当している部屋の食事の介助や、点滴、検温、投薬など患者の世話を行います。自分の担当している部屋だけではなく、必要に応じて他の部屋のヘルプも行います。

排泄や食事、薬の摂取、検温など、医師の指示の元で記録に残さないといけない事がたくさんありますので、頻繁に患者の部屋を巡回します。

ほかには医師の回診に同行したり、入院患者が新しく入ってくる時は、部屋作りや、退院した患者がいたら、部屋の片付けなどを行います。

既に入院している患者への仕事は毎日一定の量ですが、入院患者の容態の変化や、新規入院患者の受け入れや、退院患者の対応は毎日仕事量が変わってきます。

17時なると日勤から夜勤勤務者の方への申し送りを行います。病棟は朝から17時の日勤の定時間と17時前後の夜勤終了から患者が就寝する21時〜22時までは業務量はほぼ同じです。

夕方以降でも夕食の介助や、検温、排泄などの記録、投薬などの仕事があります。

夜勤(患者就寝〜)の仕事

患者が就寝しても、点滴を行っている患者や、急変する恐れがある患者がいるので、定期的に各部屋を巡回して記録を取る事が必要です。

それ以外の時間は、記録など事務作業をしたり、翌日分の点滴や患者に投薬する薬を整理するなどの雑務もありますが、日常業務だけであれば、時間に追われるような激務はありません。

夜勤の場合は、患者の急変や緊急入院患者の受け入れがあるかどうかで忙しさが変わってきます。必要に応じて、医師と連絡を取って、指示の元で必要な処置や対応をします。

朝になると、朝食の介助や、朝の検温など短時間でやらなければいけない仕事がたくさんあります。日勤者が出社する8時30分前後までは、少ない人数で全患者の対応をしなければいけないのが、夜勤の大変な所です。

日勤の看護師が出社したら必要な事項な申し送りをします。

記録作業

病棟看護師は患者の記録をカルテや申し送り書類などに記録する事務作業があります。日常業務が暇なら、仕事の合間にこなす事ができますが、緊急対応や入院、退院の患者がたくさんいると、業務中は記録の事務作業をできません。

その結果、定時が終了して引き継ぎを行ってから残業して、記録などの事務作業を行う事があります。

病院の外来勤務の仕事内容

病院の外来勤務は緊急外来を除き、日勤のみの勤務になります。病院や外来の中でも配属先(一部で処置室専従や内視鏡専従者がいます)によって仕事内容は異なります。

ここでは、話を聞かせて頂いた看護師の方の病院の仕事内容を一例として紹介します。

出勤時に確認する事

病院の外来では、複数の診察科目を持っています。診察科目によっては、曜日によって休診になっていたり、午前のみの診療になっているケースがあります。

看護師はそれぞれ2科〜3科の複数の診察科目の仕事を覚えています。そこにリーダーが、それぞれの看護師の配置先を指示するので、自分がどこの科目につけばいいのか確認します。

リーダーは管理職や役職者がするのではなく、常勤看護師がローテーションでリーダーに入って、その日の采配をしています。

診察科目によっては複数名の医師が付いている場合があります。この場合は看護師(一部ではクラーク)も医師の人数に合わせて配置されるので、同じ科目のスタッフ同士で、誰がどの医師の部屋につくのかを話し合って確認します。

救急外来など夜勤者から、申し送り事項や仕事の引き継ぎがある場合は、リーダーの指示や配置科目に応じて必要事項の確認をします。

診療中の日常業務

配置場所についたら、医師の指示に従って診察の介助や注射や点滴、包帯などの必要な処置を行います。

患者によっては、そのまま入院が必要になったり、レントゲンやCTなどの検査が必要になるので、病棟や放射線科などの他部署との連携も行います。

ほかにも、医師の診察が終わった患者に対して、その後の説明や再診する時期の説明などを行ったり、診察した後片付けや、次の患者を診察する為の準備などの雑務があります。

昼休憩は要領の良さと気配りが必要

外来診療は午前診療と午後診療で分けていますが、診察科によっては患者が多いので、午前診療の患者を全部終える頃には14時や15時になってしまう事もあります。その為、配置された科目の診察を全て対応していると昼休憩を取れません。

原則はローテーションで回ってくるリーダーが考えて全員がしっかり昼休憩を取れるように采配しますが、リーダーの力量不足があった時や、イレギュラーな状況に合わせて現場の看護師同士で話しをして、昼休憩を取ったり、他の科目のヘルプに行く事が必要です。

外来は要領良く、自分の事だけではなく同僚の事も考えて昼休憩を取ったりヘルプに入らないと、昼休憩が取れない看護師や、お昼が夕方になってしまう看護師が出てきます。昼休憩を効率よく回せたり、他の科目の気配りができるようになると、同僚からの評価が上がります。

外来診察がない時間帯の仕事

外来の診察科目や曜日によっては、午前診療のみで午後は休診になっている事があります。診察がない時間帯の看護師の仕事としては、他の診察科目や処置室のヘルプ。後片付けや、点滴準備など翌日の仕事の準備などがあります。

比率としては、午後は処置室のフォローが多くなる傾向があります。医師によっては、午前中は外来診療があるので、午後にまとめて処置の予約を入れている傾向があります。

処置室なども暇で人手が足りている時は、常勤看護師も含めて順番や希望で午後の半日休暇を有給で取得して退社しています。

一部のベテラン看護師は、処置室が忙しくても、休診になった診察科目に残ってスマホアプリのゲームなどで遊んでいる事例もあります(当然同僚から嫌われる原因になるので、真面目に働きましょう)

クリニックの仕事内容

クリニックの仕事は扱う診療科目や、開業医の方針によって内容が変わってきます。2ヶ所のクリニックでの勤務経験がある看護師の方に聞かせて頂いた仕事内容の一例を紹介します。

開院前の準備

クリニックの出社時間は診療開始の30分前に設定されているケースと、診療開始時間と出社の定時が同じ場合があります。

非常勤やパートであれば、開院前の準備を免除される事がありますが、常勤看護師は開院前の準備をする事が必要です。その為、定時と診療開始時間が同じでも、毎日30分程早く出勤しなければいけない事があります。

開院前の準備は、掃除や処置室や待合室の準備などがあります。
総合病院では出勤したら、まずは朝礼やスタッフ同士の確認のやりとりをしますが、クリニックでは出勤したら、すぐに開院準備から診察介助の仕事が始まり、朝礼などはありません。

診療中の日常業務

患者の診察の介助や、診察前後の検温や採血など必要な処置を行います。

クリニックでは、経度の症状を中心に患者の疾患事例が共通している事が多いです。その為、常時医師の指示をもらって動くのではなく、症状に応じて流れ作業で処置や介助をする事を求められます。

診察の介助や処置は医師と看護師の意思疎通ができている事が大切です。

閉院準備

診察が終わったら、クリニックを閉院する準備を行います。掃除や後片付けの他に、翌日の診療の準備などをします。クリニックによっては、看護師がカルテの記入など事務作業を行って残業するケースもあります。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。