当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

病院の手術室は、医師と手術室看護師のチームワークが求められます。
ここでは、手術室で働く看護師の仕事についてまとめました。

手術室看護師は2つの役回りがある

手術室で働く看護師は、「器械出しの看護師」と「外回りの看護師」に分かれて仕事を分担しています。それぞれの仕事について紹介します。

器械出しの看護師

医療ドラマなどで、オペを担当する執刀医が「メス」と言って、看護師が医師に手渡しでメスを渡すシーンなどがあります。このように、医師に必要な器械を渡すのが器械出しの看護師です。

手術は正確さとスピーディーさが求められます。器械出しの看護師は、手術前に入念に執刀医と打ち合わせをして、必要な器具の準備や手術の流れを確認します。

出血が多い時には止血の器具を用意したり、輸血の準備をするなど、手術の進行状況に応じて臨機応変な対応力が求められます。

外回りの看護師

外回りの看護師は、医師のサポートだけではなく、患者のサポートを担当します。手術前に患者を訪問する「術前訪問」から始まり、病棟看護師との連携、麻酔の介助などを行います。

手術になったら無影灯(手術用の照明)の調整や、患者の身体の位置の調整など、手術がスムーズに進行するように患者周辺の環境を観察してサポートします。

出血量の確認や、タイムアウト(手術を一時止めて安全確認)など、常に患者の状態を観察して、手術全体が安全でスムーズに進行するようにサポートします。

術後の回復室では、患者の麻酔覚醒後に息苦しさや痛み、出血状態を確認し、患者が安心できるように精神的ケアも行います。状態が安定したら、病棟の看護師に手術の報告と、今後の注意点などの申し送りを行います。

手術室の看護師は高い専門スキルが求められる

手術をする時は麻酔を使用するので、患者の呼吸や体温を保つための機能が低下します。必要以上に血圧や体温が下がったら、早期に異常を発見し回復を促さないと合併症のリスクが出てきます。

また、看護師は使われる麻酔の種類と効果、副作用の確認をし、万が一副作用が出た時にも医師と連携して素早く対処する事が求められます。

このように手術室の看護師は、病棟や外来勤務では扱わないような専門性の高い知識とスキルが求められ、常に冷静かつ迅速に正しい判断ができる看護スキルが必要です。

また、手術は時には10時間異常に及ぶ事もあります。執刀医は休憩なしに作業を続ける事もあるので、次に必要な器具の準備や、患者の介助などを予測して、執刀医がストレスなく手術を進行できる配慮も必要です。

手術室看護師の1日の仕事

手術室で外回り業務として勤務する現役看護師の方に、その病院の一日の仕事の流れについて聞いてきました。

手術室看護師は早出もある

公立病院や大学病院は、手術の受け入れ時間が8時や8時30分などから行っています。そのため、手術前の準備で7時や7時30分から動き出します。こうした規模が大きく、早い時間から手術をしている病院の看護師は、早出当番があります。

手術室は日勤常勤の仕事で人気ですが、保育園の送りなど早出に問題がある看護師の方は、早出がない病院を選ぶ必要があります。

出勤したら、手術室の準備と確認を行う

手術室の看護師は、出勤したらまずは手術室の準備を行います。麻酔医や執刀医に確認して必要な器械と薬剤の準備を行います。また、手術室の室温や常備品などに異常がないかなどの確認作業を行います。

手術は始まってから、トラブルが発生すると重大な事故に繋がる可能性があります。看護師の朝の準備と確認はとても重要な役割です。

患者の受け入れ

外回り看護師は病棟へ行って患者の受け入れを行います。病棟の看護師から、患者の状態の申し送り事項を確認します。

また、手術当日で患者の様子に異常がないかを確認し、不安から緊張している患者には、不安を緩和できるような配慮も行います。

手術開始に向けた準備

患者が手術室に到着したら、手術開始前の準備を行います。外回り看護師は、手術の流れと、行う処置を患者に説明をします。

器械出し看護師は、医師と再度打ち合わせを行い、手術がスムーズに進むように器械の再確認をします。

手術開始

手術は患者の症状や部位によって、必要な処置や手術時間が異なります。
基本的に執刀医は休憩なしで長時間の手術を行います。看護師は長時間の手術の場合は必要に応じて休憩を回します。

器械出し、外回りの看護師はそれぞれ手術がスムーズに進行するように、きめ細かい配慮を行いながら、確実かつスピーディーに動く事が必要です。もし、異常を発見したら速やかに医師に報告をして、指示の元で必要な対処を行います。

外回りの看護師の場合、手術前後の患者のサポートもあるので、基本的に手術の担当は1日1件です。器械出しの看護師は、手術の内容や所要時間に応じて、複数の手術を担当したり、他の手術の看護師の休憩を回すヘルプを行います

手術終了後のケア

手術が終了したら、外回り担当が回復室(リカバリー室)へ連れていき、麻酔から覚めて状態が安定するまで看護します。

病棟への送り出しと申し送り

外回り担当の看護師は、回復室で患者の状態が安定したら、病棟へ送り出します。
その後、病棟の看護師へ、手術の結果報告や注意事項、今後の処置など医師からの指示を申し送りをします。

記録と手術室の片付け

手術が終わったら、器械看護師と外回り看護師がそれぞれ手術の記録を行います。
持ち回りの器械や設備に応じて、それぞれが手術室の片付けをします。

翌日の手術患者の術前訪問

当日の手術業務が終わり夕方になったら、外回り看護師が翌日の手術患者の術前訪問を行います。
手術患者と顔合わせなど挨拶を行い、アレルギー疾患の有無など必要事項を再度確認します。

報告・記録・勉強会

手術や患者対応が終わったら、リーダーや上司への報告と、記録などの事務作業を行います。
手術が予定以上に長引かなければ、残業せずに退社できる日もありますが、手術室の看護師は終業時間が終わってから頻繁に勉強会を行っています。

まとめ

  • 手術室の看護師は器械出し看護師と外回り看護師の2種類の役回りがある
  • 手術室の看護師は、専門知識と高い看護スキル、機転が利く回転の早さが求められる
  • 公立病院や大学病院などの規模が大きい病院の手術室看護師は、早番がある
  • 外回り看護師は、手術前後の患者のケアや処置も行う

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。