当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

産婦人科病棟は、助産師だけではなく、看護師も働く事ができる病棟です。
ここでは、これから産婦人科病棟への勤務や転職を検討している看護師のために、仕事内容や求人・採用情報を紹介します。

産婦人科病棟とは

産婦人科病棟とは、「産科」と「婦人科」の2つの病棟を兼ね備えています。
病院によっては、産科病棟のみ設置している事や、産科病棟と婦人科病棟を独立して設置している事があります。

産婦人科病棟では「産科チーム」と「婦人科チーム」に分かれて、患者の看護をする場合もあります。
産科と婦人科のそれぞれの病棟看護師の仕事と役割を紹介します。

産科病棟

産科病棟は、お産を行う施設です。

お産の介助は助産師が行うので、看護師と助産師が一緒に働く職場です。
助産師はお産の介助から、妊娠中の診察や説明、相談、指導と、出産後の母体の看護や今後の子育て方法の指導や相談を行います。
看護師は、入院中の妊婦やお母さんの看護や日常生活の世話を行います。

出産後は、母子同室の病院と母子異室の病院があります。
母子同室の場合は、新生児室から出てきた赤ちゃんの看護や観察も行います。

総合病院の産婦人科(産科)は初産や帝王切開が中心

お産をする施設は総合病院のほか、産婦人科クリニックや助産院があります。
総合病院の産婦人科(産科)を選ぶ方は、初産や帝王切開、緊急出産をする患者が多いです。

出産場所を選ぶ患者の目線では、何かあった時でも迅速に対応してもらえる安心感を重視して総合病院を選びます。
クリニックや助産院では、個室を用意して妊婦やお母さん、新生児が快適に過ごせる環境が整っているのが特徴です。

産科病棟の仕事は助産師が中心

産科病棟では、助産師が中心になって患者の看護や指導を行い、看護師は助産師の補助に近い役割があります。病院によっては、産科チームは助産師中心に構成して、看護師は婦人科チームに配置する方針を取っている事もあります。

看護師から見れば、総合病院の産婦人科は立場が弱く働きにくい事もありますが、クリニックや助産院では、人件費が高い看護師ではなく、安い給料で雇用できる准看護師を優遇して採用している所が多いです。
そのため、看護師の資格を活かして、お産や産後の看護をしたい場合は、総合病院の産婦人科以外の選択肢は少ないです。

産科チームに配属される事は狭き門で、苦労する事も多いですが、総合病院の産婦人科は看護師が産科の仕事に携われる貴重な職場です。

産科病棟の業務内容

産科病棟の看護師・助産師の業務は、妊娠期の検査介助や健康管理指導、周産期の分娩前の陣痛やバイタルサインのチェックなどの観察、分娩後の看護や子育て方法の指導を行います。
助産師は普通分娩の介助を行いますが、総合病院の産科病棟は帝王切開の患者も多いため、助産師もクリニックに比べて、病棟で入院中の患者の看護を行う機会が多いです。
周産期では、いつ陣痛やお産が始まるか分からないので、24時間体制で患者の観察を行い、状況に応じて適切かつ迅速な対応を求められます。

婦人科病棟

婦人科とは、生理不順・不正出血・下腹部痛・おりもの異常・乳汁分泌など、女性特有の病気を治療する診察科目です。婦人科病棟では、入院治療が必要な患者の受け入れを行います。
婦人科病棟の患者は、子宮がんや子宮筋腫、ポリープなど婦人科特有の疾患の方などがいます。

産科と同様に、病院では産婦人科病棟の婦人科チームと、独立した婦人科を設置している所があります。婦人科病棟を用意している病院では、子宮がんや、卵巣腫瘍などの病状が重い患者が多いです。

婦人科病棟の業務内容

婦人科病棟の看護師は、急性期病棟などと同様に、診察介助やバイタルサインのチェック、食事介助や点滴、投薬などの看護を行います。
業務内容は他の病棟と共通する事が多いですが、婦人科疾患の患者は女性特有の悩みや、不安を抱えている事も多く、看護師は女性の気持ちを理解しながら、メンタルケアをする事も大切な役割です。

業務の流れは、他の病棟と共通でも、扱う患者の疾患は専門性が高く、他の診療科目には応用できない知識が多いです。
産婦人科病棟の場合は、婦人科チームでも産科チームの助産師と一緒に仕事をするので、産科の事が学べて、業務状況に応じて産科のヘルプに回る事もあります。

産婦人科病棟への転職

看護師や助産師が産婦人科病棟へ転職する時の求人の探し方や、選考基準の目安、給料・手当をまとめました。

求人は助産師の優遇が大きい

産婦人科(産科)は仕事の領域で、看護師と助産師に違いがあります。そのため、産婦人科病棟では助産師の優遇が大きいです。

助産師であれば、新卒採用も多く、資格所有者であれば転職先を見つける事は難しくありません。
それに対して看護師は、採用枠が少ないため、求人に応募しても落とされたり、他の病棟での配属を提案される事が多いです。

婦人科病棟を独立して用意している病院では、看護師の採用枠はたくさんありますが、産婦人科では婦人科チームの人員自体が少ないため、婦人科を希望しても、採用されるのは狭き門になります。
産科も婦人科も患者はデリケートなので、処置や看護、コミュニケーションに気を遣います。そのため産婦婦人科を希望している看護師は、人間性重視で選考される場合が多いです。

産婦人科が人気の理由

産婦人科は、女性特有の出産や疾患に携わる診療科です。そのため、産婦人科勤務で得られる知識は専門性が高く、長く産婦人科で働くと、他の診療科目や病棟への異動や転職が難しくなります。

特に助産師は資格を活かすため、新卒からずっと産科や産婦人科に精通した仕事をしている方がほとんどです。そのため、産婦人科で勤務している看護師や助産師は転職する時も、産婦人科を希望する事が多いです。

また、業界全体が少子高齢化で産婦人科病棟の数自体が減少傾向にあります。現在も総合病院の中で産婦人科が赤字部署になっている事は珍しくなく、今後も緩やかに数が減少傾向になる事が予想されます。
産婦人科は、新しい命の誕生に携われる感動的な職場で、昔から人気が高い職場ですが、近年は求人の減少や経験者の転職なども産婦人科病棟の求人倍率を高めています

産婦人科病棟の給料

産婦人科病棟では、助産師と看護師で給料が違います
助産師の方が看護師よりも給料は高いですが、同じ助産師の職場の産婦人科クリニックと比べると低い待遇になる事もあります。
看護師は助産師と比較すれば給料は低いですが、他の病棟と同等水準の給料がもらえます。

ただし病院によっては、一般病棟よりも低い待遇でも希望者が集まる産婦人科病棟を安い給料設定にしている場合もあります。また、産婦人科は夜勤が忙しい特性があり、看護師から不満の声が挙がる事も多いです。

産婦人科で働く時は、仕事のやりがいを重視して、給料が多少安くても受け入れる覚悟を持っておくとよいでしょう。

産婦人科病棟では夜勤が必須の事も

産婦人科病棟では、24時間分娩はじまる可能性があるので、夜勤が忙しく、夜勤の人員配置も多いです。

また、分娩は妊娠中から信頼関係を作ってきた助産師や看護師が行う事で患者は安心をします。こうした産婦人科の特性から、産婦人科病棟では、夜勤専従のバイトや派遣を導入せずに常勤看護師だけで回している事が多いです。

つまり、産婦人科病棟では日勤常勤の働き方をする事は難しく、夜勤も入れる事が必須になる傾向があります。夜勤の回数自体は72時間ルールが適用になるので、一般病棟と同等水準です。

まとめ

  • 産婦人科病棟は、産科と婦人科の2つの診療科目を扱う
  • 産婦人科病棟は、看護師と助産師が活躍している
  • 産婦人科病棟の看護師は、分娩介助など携われる仕事に制限があるため、婦人科チームに配置される事が多い
  • 産婦人科病棟では、看護師と助産師の人間関係のトラブルリスクが高い
  • 産婦人科病棟への転職は、助産師の資格がないと狭き門になる

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。