当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

病院の病棟勤務の中でも、人の命と密接に関わった働き方ができるのが「NICU」です。
ここでは看護師がNICUで働く時の仕事内容と、求人の探し方や職場の特徴を紹介します。

NICUとは

NICUとは新生児集中治療室(Neonatal Intensive Care Unit)の略です。

NICUは早産児や低出生体重児、何らかの疾患のある新生児の管理・治療するための集中治療室です。NICU病棟には、クベース(保育器)が並べられ、赤ちゃんが子宮外での生活の順応できるように、子宮内の環境を再現して看護します。

NICUで働く看護師は、赤ちゃんの経過観察と、親に対しての説明や悩み相談などを行います。

NICUの管理は法令で厳しく定められている

NICUで看護が必要な赤ちゃんは、小さな事故で生命が危険に直面したり、後遺症を発症するリスクを抱えています。
そのため、NICUを設置する病院には、次の管理体制を取る事が義務付けられています。

  • 常勤医師が勤務していること
  • 当直医は他病棟と兼務ではないこと
  • 看護師の配置は24時間変わらず、患者3人に対して1人以上配置すること
  • 看護師は夜勤の72時間ルールの適用外(一般病棟よりも夜勤が多くなる事も)

こうした厳しい管理体制から、NICUは小児科とは独立した新生児科を用意している、地域の拠点になる大規模病院に設置されている事が多いです。

NICU勤務は、助産師の資格を持っていない看護師が中心

NICUは助産師からも人気が高い職種です。しかし、現場で働く看護師は助産師の資格保有者よりも、看護師免許しか持っていない看護師の方が多いです。
NICUは、助産師しかできない仕事の領域が少ない事から、助産師を持っていない看護師が多く配属されています。

NICUで働く看護師の仕事内容

NICUで働く看護師の仕事は、バイタルサインのチェックやモニター類の観察、医療機器の管理、薬剤の投与などを24時間体制で行います。
NICUで看護される赤ちゃんは、まだ自己主張ができないので、看護師は24時間常に同じ緊張感を持って、観察と異常の早期発見に努めます。また、授乳やおむつ交換、寝返りの補助もNICUの病棟ナースが行います。

看護師の仕事は、赤ちゃんの看護だけではなく、両親のケアも大切な役割です。親はせっかく生まれてきた赤ちゃんがNICUに入院する状況だと、ショックや過度な心配で精神的ケアが必要になっています。
NICUの病棟ナースは専門知識や経験を活かして、適切な説明、悩み相談、今後良好な家族関係を構築していくための配慮を行います。

NICUへの転職

NICUは、明るい将来が待っている赤ちゃんの仕事を救う、やりがいがある仕事で、最先端の医療機器を扱う医療現場の最前線です。子供好きの方や、人の命を救う仕事に就きたい看護師から人気が高い職種です。

しかし、NICUはそもそも設置している病院の数が少なく、NICUがある病院は多くの病棟を併設している大規模病院なので、NICUで勤務する事は狭き門です。

ここではNICUに転職する方法と求人の特徴を紹介します。

NICUを設置している病院は少ない

NICUは求人が少ないレアな職種です。そもそもNICUを設置している病院の数自体が少ないです。NICUがある病院は、規模が大きな病院や、小児・新生児医療に専門性が高い施設です。

東京などの大都市では、NICUを設置している病院がたくさんありますが、地方では県内に数える程度の病院しか配置されていない事もあり、通勤がネックでNICU勤務を諦める方もいます。

NICUは新人では配属されない病院も

新卒や中途採用の看護師をNICUに配属させるかどうかは、病院ごとの人事や運営方針によって様々です。しかし、病院によっては些細な医療ミスも許されない責任が重いNICUには、新卒、中途を問わず、入職当初は配属させない方針があります

まずは産科や小児科などで経験を積んで、現場で認められてからでないと、NICUに配属されません。NICU希望で転職する時は、転職コンサルタントに相談して、病院の人事方針を事前に確認するとよいでしょう。
すぐに配属されない場合でも、他の病棟での下積み期間の目安を確認して検討しましょう。

NICU看護師の給料相場

NICU看護師の給料は、他の診療科や病棟と基本給は同じです。助産師、小児看護専門看護師、新生児集中治療認定看護師などの資格を持っていると、資格手当で数千円〜1万円の資格手当がつきます。

NICUは一般病棟に比べて夜勤が多いため、結果的に夜勤手当や残業代がついて支給額が高くなる傾向があります。

まとめ

  • NICUとは新生児集中治療室の事で、早産児や低出生体重児などの看護を行う
  • NICUは24時間体制で赤ちゃんの観察が必要
  • NICUを設置している病院は少なく、大都市に集中している
  • NICUはやりがいがある職場だけど、専門知識と高い看護スキルが求められ、時に残酷な場面にも立ち会う
  • NICUは、新卒、中途を問わず新人では配属させてくれない病院もある
  • NICU看護師の給料は、一般病棟と同等水準ですが、夜勤が多い分、給与支給額は高くなる

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。