当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

救急看護師は、医療の先端で人命を救う職種です。
救急看護師の仕事内容や給料相場、救急看護業界の事情を紹介します。

救急看護とは

救急看護とは、突発的な外傷や、急性疾患、慢性疾患の容態の急変など、救急措置が必要な看護活動です。
救急看護は、緊急手術をする施設だけではなく、初期診察や、ドクターヘリ、災害救助活動なども含まれています。

救急看護師が働く施設

救急看護師が働く施設は、主に次のものがあります。

  • 総合病院の救急外来
  • 救急救命センター/休日夜間急患センター

総合病院では、部署のひとつとして救急外来を行っています。
救急救命センターや休日夜間急患センターは救急看護を専門にしている施設です。

救急看護の種類

救急看護は次の3つに分類されています。

●初期救急
入院の必要がなく外来で対処しうる帰宅可能な患者への対応機関

●二次救急
入院治療を必要とする患者に対応する機関

●三次救急
二次救急では対応しきれない、緊急手術やICU(集中治療室)で加療する必要がある患者への対応機関

救急看護師の職場は、主に三次救急

救急看護の中で、初期救急と二次救急は、人命や後遺症リスクがない簡単な対応しかしません。そのため、救急看護師ではなく、病院の外来看護師やバイトや派遣の一般看護師が勤務しています。

救急看護師が活躍する場所は、主に三次救急なります。つまり、三次救急の受け入れをしている総合病院や、救急救命センターなどが救急看護師の働く施設です。

救急看護師の役割

救急看護師の役割は、医師の指示の元で救急措置を取る事です。心肺停止状態の患者には蘇生術を行い、怪我の患者には止血や必要な応急処置を行います。

ほかにも、排泄や体位の変更などの日常的な介助から、患者の家族へのケアや医療物品を整える事など、治療から雑務まで幅広い業務をこなします。

救急看護師への転職

救急看護師へ転職する時の注意点と、求人の待遇や働くメリット・デメリットをまとめました。

救急看護師は新卒採用もしている

救急看護師は高い看護スキルを求められる職種です。
病棟や外来、手術室などで経験を積んだ看護師が、異動や転職で配属される事が多いですが、新卒が最初から救急看護師として活躍するケースもあります。

救急看護師は決して楽な仕事ではありませんが、教育体制が整っているので看護師としての経験が浅くても目指す事ができます

総合病院の救急看護師は、通常の外来業務もこなす

総合病院で働く救急看護師は、緊急対応の患者だけではなく、初期救急や二次救急に該当する一般の外来業務も行います

救急看護師は、主に外来看護師のヘルプ業務を行いながら、救急搬送受け入れの待機をします。

救急看護師の夜勤の業務量は毎日違う

救急看護師の夜勤では、救急搬送患者の対応をしていない時は、基本的に待機になります。少ない時は、一晩で1〜2件の救急搬送の受け入れをしない時もあれば、10件を超える救急搬送の対応に追われる時もあります。

三次救急の施設でも、施設や当直医の方針によって、積極的に救急搬送の受け入れをする場合と、忙しい時には受け入れ拒否をする場合があります。つまり、救急看護師は職場やドクターによって、業務量が違ってきます。

救急看護師の給料

救急看護師の基本給は、病棟や外来で勤務する看護師と同等水準です。病院によっては、特殊勤務手当を他の職種の看護師よりも高く設定しているケースもあります。

救急看護師は、夜勤の回数が病棟ナースよりも多いので、夜勤手当で稼ぐ事ができます
救急看護師の平均年収450万円〜500万円で、夜勤専従や勤続10年以上のベテランになると年収500万円以上も可能です。

救急看護師は残業が少ない

救急看護師の仕事は、一度に多くの患者の対応をする機会が少なく、日勤と夜勤でスムーズに業務の引き継ぎができるため、残業が少ないです。
患者の対応数が少ないので、記録などの事務作業も少ないメリットがあります。

やりがいが高いが、死に直面する機会も多い

救急看護師は、人の命を救うやりがいの高い仕事です。しかし、常に救急搬送の患者の命を救えるとは限りません。ときには死に直面したり、重症患者の受け入れ対応をしなければいけません。

ベテランの救急看護師は、重症患者の対応に慣れて割り切って仕事をする事ができますが、なかには救急看護の世界に順応できずに早期退職や部署異動を希望する看護師もいます。

まとめ

  • 救急看護には、「初期救急」、「二次救急」、「三次救急」の3種類がある
  • 救急看護師の職場は、主に三次救急
  • 救急看護師は、応急処置から家族のケアや雑務など、幅広い業務をこなす
  • 経験が浅い看護師を救急看護師として採用している病院もある
  • 救急看護師の給料は、病棟や外来勤務と同等の基本給だが、各種手当で年収は高い

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。