当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

緩和ケアはがん患者をはじめ、幅広い病棟の看護師に求められる能力でもあり、現在の医療現場の大きなテーマです。
緩和ケアは、通常がん患者の看護を行う看護師が業務の一貫として行うものですが、一部の病院では「緩和ケア病棟」を設置している事があります。

ここでは、緩和ケア病棟の特徴、看護師の仕事内容、求人の募集概要を紹介します。

緩和ケア病棟とは

緩和ケア病棟とは、がんの痛みをはじめ、疾患による苦痛を、精神的な観点も含めて緩和ケアする入院施設です。
ホスピス」と似た役割を担いますが、緩和ケア病棟の方が、終末期に限らない症状のコントロールをより強く意識した言葉として捉えられています。

医療費は健康保険の適用となり、厚生労働省から「緩和ケア病棟」として承認を受けた施設では、入院費は定額制になります。一般病棟とは違い、自宅にいるような雰囲気をテーマに全室トイレ、お風呂を完備した個室になっている所がほとんどです。

つまり緩和ケア病棟は、病院内に配備された健康保険が適用になる療養型老人ホームのような役割を担う病棟です。

緩和ケア病棟の医療方針

本来、病棟における医療とは、患者の疾患を治療して回復に向かわせたり、状態の悪化を防ぐ事を目的にしています。しかし、緩和ケア病棟の患者は、いずれ訪れる死を受け入れて残りの人生を豊かに過ごす事で、直面している疾患の苦痛を緩和を目的に療養します。

緩和ケア病棟で働く看護師は、投薬などの最低限の医療行為と、患者の介護を行いますが、医療行為よりも患者さんが、少しでも幸せと感じる日々を過ごせるような配慮とコミュニケーション能力が求められます。

緩和ケア病棟の看護師に求められる能力

緩和ケア病棟の患者は、「残りの人生をどのように過ごせばいいのか?」「家族との時間をこのようにしたい」などといった相談や、家族に話せない本音を看護師にぶつけてくる事もあります。
緩和ケア病棟の看護師は、患者と真剣かつ誠実に向き合って、その人の価値観の中で、残りの時間をどのように過ごせばいいのか一緒に考えていきます。
このように、感情を持って真剣に患者と向き合う姿勢が看護師に求められます。

ただし、緩和ケア病棟では最終的には病棟で人生の最後を迎える患者も少なくありません。心の奥から向き合った患者の最後を看取るのは、とても悲しい事ですが、看護師はショックを引きずってはいけません。

緩和ケア病棟に入院している患者は、それぞれ大小はありますが、死への恐怖心を抱いています。
看護師は、患者の死の悲しみや恐怖を他の患者に伝わらないように配慮して、気持ちを切り替え、常に療養中の患者と明るく接していく事が大切です。

緩和ケア病棟への転職

緩和ケア病棟は設置している病院が少なく、現役看護師の方でも未知の領域と感じる事もある職種です。
転職を検討している看護師のために、緩和ケア病棟の求人の探し方や、就労条件を紹介します。

緩和ケア病棟を設置している病院の探し方

緩和ケア病棟は設置している病院が少ないです。そのため、求人を探す時は転職サービスから探すのではなく、まずは地域内で緩和ケア病棟がある病院を調べる事から始めましょう。
緩和ケア病棟がある病院は、国立がん研究センターホームページより確認できます。
(参考:http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpPalliativeSearchTop.xsp)

気になる病院を見つけたら、看護師転職サイトや病院ホームページから求人情報を確認しましょう。
公開求人が出ていない場合でも、看護師転職サイトのコンサルタントに相談すれば、病院への問い合わせや交渉など転職をサポートしてもらえます。

緩和ケア病棟に優遇される看護師

緩和ケア病棟の業務内容は、医療スキルの必要性が少ないです。しかし、看護師1人の対応によって、緩和ケア病棟全体の質や評判に直結します。
そのため、緩和ケア病棟では、緩和ケア認定看護師や、がん看護専門看護師などの有資格者や、がん患者が多い病棟経験がある看護師を優遇します。

緩和ケアやがん看護の経験が浅い看護師は、いきなり緩和ケア病棟に配属しない方針の病院もあります。
緩和ケア病棟がある病院は、がん看護の専門性が高いので、キャリアに不安がある時は、まずは他の病棟で経験を積んで将来的に緩和ケア病棟へ異動願いを出す方法もあります。

緩和ケア病棟の看護師の給料

緩和ケア病棟の看護師の給料は、他の病棟ナースと同等水準です。
看護師は高い緩和ケア看護のスキルを求められるので、認定看護師や専門看護師の資格手当を用意している病院が多いです。

病棟なので夜勤はありますが、患者の急変がなければ残業する事はなく、プライベートを充実させやすい職場です。
他の病棟から異動すると、残業代が減って収入減になる事もありますが、現場で働く看護師は待遇への満足度が高いです。

まとめ

  • 緩和ケア病棟は、ホスピスや療養型施設に近い役割を持つ、緩和ケアに特化した病棟
  • 緩和ケア病棟では、患者の真剣かつ誠実に向き合って、接する事が大切
  • 緩和ケア病棟は、医療スキルの必要性は少ないが、がん看護や緩和ケアに精通する経験と能力が求められる
  • 緩和ケア病棟は、看護師のモチベーションコントロールが難しいが、やりがいが高く、プライベートも充実させやすい職場
  • 転職看護師が利用している求人サイト

    マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

    マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

    転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

    マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

    求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。