当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の資格には「看護師(正看)」と「准看護師(准看)」の2種類があります。
看護師の方の話では、次のような言葉を耳にする事があります。

  • 資格取得を目指すなら正看護師を目指すべき
  • 准看護師は給料が低い
  • 看護師になりたかったけど、学費が高いから准看護師になった
  • 実際に看護師と准看護師の資格はどのような違いがあるのかをまとめました。

    看護師と准看護師の違い

    資格を取る難易度が違う

    看護師は厚生労働省が定める国家資格です。それに対して准看護師は都道府県知事が免許を発行する認定資格です。

    国家資格と認定資格という差があるように、資格を取得する為の難易度が違います。

    資格取得の為の学校

    看護師の資格を取得する為には、国で定められた教育期間で3年勉強する事が必要です。3年制の専門学校に行くか、4年制の看護大学へ行って3年生終了時に国家試験を受けて合格する事で看護師になれます。

    准看護師は都道府県の定めた養成所で3年勉強するか、専門学校の准看護師コースで2年勉強し都道府県の定める試験に合格する事でなれる資格です。

    中学卒業後3年間養成所に通うか、高校卒業後2年間専門学校に通う事で准看護師になれます。准看護師は中卒でも取得できる資格で、2年制の専門学校の難易度も看護師になる為のコースよりも難易度が低いです。

    最近では、中卒向けの養成所が減少して、ほとんどの方が高校卒業後専門学校へ進学して資格取得しています。

    准看護師コースを選ぶ方の心境

    准看護師になる方の理由は人それぞれですが、次の理由のいずれかに該当されている方が大半を占めています。

    • 看護師を目指して、専門学校や看護大学を受験したが落ちてしまった
    • 学費と期間の金銭的問題から、看護師ではなく准看を目指した
    • 看護師の仕事は難しく責任も大きい為、自分の身の丈を考えて准看護師を選んだ

    このように、准看護師を取得した方は看護師の方が良い資格なのを理解した上で、難易度、金銭面、責任や仕事内容を考慮した結果、准看護師を目指す道を選んでいます。

    看護師と准看護師の仕事内容の違い

    看護師と准看護師の仕事内容は同じです。准看護師でも、注射や投薬などの処置を行う事ができます。その為、看護師にできて、准看護師にはできない業務はありません。

    しかし、資格の定義には次のように定められています。

    看護師
    医師(歯科医師)の指示に従って診療の補助と療養上の世話などを行う
    准看護師
    医師(歯科医師)、看護師の指示に従って業務を行う

    ここでポイントになるのが准看護師は「看護師の指示に従って業務を行う」とされている事です。大学病院などでは、准看護師は常に看護師の指示がないと点滴などの処置をさせないなど、仕事に制限をしているケースもあります

    給料の違い

    病院などの勤務先によって違いますが、一般的には准看護師の給料は看護師よりも低いことが多いです。職場と雇用形態、勤続年数が同じであれば、准看護師が看護師よりも高い給料をもらう事はありえません。

    平均給与では、看護師がおおよそ年収450万円なのに対して、准看護師はおおよそ年収400万円です。約1割強の格差があります。

    求人の違い

    看護師の求人の場合のほとんどは、准看護師も同時募集をしています。准看護師は安い給料で雇用できて、看護師と同じ業務ができる為、雇用主の病院側から見れば使い勝手が良いです。

    クリニックや産婦人科などは、人件費が安い准看護師のみ募集をしているケースもあります。求人数だけを見れば、准看護師は看護師と同等以上の求人があります

    准看護師のデメリット

    病院で働く現役看護師の方に、准看護師のデメリットを聞いた所、次の3つを答えてくれました。

    • 役職に付けない
    • 出世、昇給しない
    • リーダーにできない

    同じ業務量をこなせるのに、資格の差だけで准看護師には大きなデメリットがあります。看護師を目指す方が多いのは、やる事は同じなのに資格によって生まれる格差が大きいからです。

    准看護師の資格についての裏情報

    現役看護師の方から、准看護師についての裏情報を教えてもらえました。准看護師は国の方針で、無くす計画がある資格です。既に高校を兼ねた中卒者向けの3年制の養成所は減少して、ほとんどありません。

    こうした環境の変化から、准看護師は30歳以上の方の比率が高く、平成生まれなど若い世代のほとんどが看護師の資格を取得しています。国は准看護師の資格制度自体を廃止して、正看護師の資格に一本化させようとしています。

    実際、できる業務内容が同じで資格格差が大きくなっているので、妥当な判断だと評価できます。しかし、そこに猛反対しているのが医師会です。

    病院の院長やクリニックなどの開業医が多数所属する医師会では、安い賃金で雇用できる准看護師がなくなってしまうと、人件費が上がってしまいます。その為、国が養成所を減らすなど行動に移している中でも、准看護師制度の見直しや廃止案が進展せずに停滞しているのが現状です。

    医師会が反対する姿勢は非常に強く、当面は今の看護師と准看護師の2つの資格の問題が継続される事が予想できます。

    まとめ

    • 看護師と准看護師にできる仕事の違いはない
    • 看護師は国家資格で准看護師は都道府県の認定資格の違いがあり、資格取得の難易度が違う
    • 准看護師は看護師よりも給料が安く、優遇して採用している病院やクリニックもある
    • 准看護師では出世や役職、リーダーにはなれない暗黙のルールが存在する

    転職看護師が利用している求人サイト

    マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

    マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

    転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

    マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

    求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。