当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の働く職場は、病院やクリニックなどの医療施設が多いですが、近年では高齢化に伴い介護施設で働く看護師が増えています。
ここでは看護施設で働く看護師の仕事内容や、給料、働き方などをまとめました。

介護施設で働く看護師の多くは、医療施設からの転職者です。
現在転職を検討している方向けに、求人のチェックポイントも併せて紹介します。

介護施設の種類

看護師の働く介護施設は主に次のものがあります。

  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 老人保健施設(介護老人保健施設)
  • 介護療養型医療施設(介護療養病床)
  • 民間の有料老人ホーム
  • デイケア、デイサービス、などの通所サービス

それぞれの施設の特徴と、看護師の求人の傾向を紹介します。

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

特別養護老人ホームは通称「特養」と呼ばれています。
常時介護が必要で自宅での暮らしが困難な高齢者が入居し、看護師は服薬管理や、たん吸引などの医療行為を行う機会が多いです。
長期入所する利用者が多く、利用者1人1人と密接に付き合っていき、信頼関係を構築する事が大切です。

法令では看護師の夜勤設置が義務付けられていないため、日勤のみの仕事が多く、利用者の急変時には緊急出勤やオンコール対応が必要になります。

老人保健施設(介護老人保健施設)

老人保健施設とは、病院から退院した後に在宅生活するのがまだ難しい要介護者が入所する施設です。
在宅生活に向けたリハビリが中心で、療養病棟やリハビリ病棟に近い役割を担います。

施設内には医師の常勤も義務付けられていて、看護師の夜勤も必要です。
病院と同様に医師と連携して、患者の日常的看護や、急変時の対応を行います。

介護療養型医療施設(介護療養病床)

介護療養型医療施設は、病状安定期の患者の介護や機能訓練を行う施設です。
現在の所、厳密には医療施設に分類されていて、特養や老人保健施設と比べて医療行為の必要性が高いです。

今後は厚生労働省の方針により、療養型介護老人保健施設という事業形態に転換される予定です。
看護師の夜勤設置も義務付けられていて、施設内医師の診察介助も行います。
看護師の仕事は、療養病棟に外来の仕事を加えたような流れになります。

民間の有料老人ホーム

民間の有料老人ホームは、次の3つのタイプがあります。

  • 介護付き
  • 住宅型
  • 健康型

常勤看護師を設置していない施設が多く、看護師を採用している施設では、介護職員と同様に食事や入浴の介助を求められる事もあります。
看護師は、利用者の体調管理、服薬管理や簡単な医療行為が中心です。病院のように高い看護スキルを求められる職場が嫌な方が、有料老人ホームを勤務先に選ぶ事が多いです。

看護師の夜勤も少なく、施設によってオンコール対応が必要な場合があります。

デイケア、デイサービス

デイケア、デイサービスなどは通所サービスとして、朝と夕方に利用者を送迎してレクレーションや、介護、リハビリテーションを行います。
デイケアはリハビリを行う機会が多く、デイサービスは介護とレクレーションや利用者同士の交流が中心になります。

残業が少なく、利用者から「ありがとう」の言葉をたくさんもらえる職種で、看護師の求人の人気が高いです。リハビリを行うデイケアの方が看護師を配置している施設が多いです。
(参考:デイサービスでの看護師の仕事)

介護施設と病院の違い

介護施設は病院などの医療施設と比べて、医療行為の必要性が少ないです。
つまり、看護師の業務内容も変わってきます。

ここでは、介護施設と病院の看護師の働き方の違いについて紹介します。

看護師1人が担当する領域が広い

介護施設は病院に比べて、医療行為の必要性が少ない分、看護師の配置人数も少ないです。
そのため、病院の病棟であれば、一部の部屋を担当するのに対して、介護施設では看護師1人でフロア全体や施設全体の利用者のケアを行います。

看護師が少ない分、介護職員が多いので業務量は病棟看護師よりも少なくなります。
介護施設の看護師は、急変時の対応が最も重要な役割です。つまり、看護師はたくさんの利用者の健康状態や疾患を把握して、緊急時に適切な対処をする事が求められます。

利用者の尊厳を大切にする

病院などの医療施設では、利用する人を「患者」と呼びます。それに対して介護施設では「利用者」と呼ぶ違いがあります。

介護施設では、医療的見解でここからは全てがダメと簡単に線引きをするのではなく、患者の主張など話をよく聞いて、ストレスを最小限にできる妥協点を探してあげる事が大切です。
このように、看護師は利用者1人1人に幅を広げた対応を行い、利用者の尊厳を大切にした働き方が求められます。

医療スキルが停滞してしまう

看護師が病院から介護施設へ転職する時に懸念するのが、医療スキルの停滞です。
介護施設は、全体的に医療行為を行う機会が少なく、病院のように重症や難病患者の対応はしません。

看護師転職の口コミ投稿サイトでは、次のような意見が目立っています。

「介護施設から病院へ転職すると、苦労する事が多い」
「介護施設の仕事や求人は魅力だけど、看護師としての将来的キャリアアップを考えると病院勤務を選んでしまう」
「介護施設と医療施設の業務内容は全くの別物」

このように、将来的に病院などの医療施設に再度転職を検討している方や、スキルアップやキャリアアップを重視している方には介護施設の求人は人気がありません。

医療スキルが停滞してしまう事や、医療施設での経験にブランクを作ってしまう事が、介護施設への転職のデメリットになります。

介護職員との連携が必要

介護施設では、看護師の人数が少ない分、たくさんの介護職員が活躍しています。
看護師は介護職員と連携して、利用者1人1人の状態をしっかり把握する事が必要です。

介護職員は医療の知識が乏しく、介護業界全体が人手不足問題に陥っているため、未経験者の積極採用をする施設が多く、介護能力も未熟な新人の指導も看護師の役割です。
現場で数少ない医療のプロフェッショナルとして、リーダーシップを発揮して介護職員と上手に付き合っていく事が大切です。

病院とは違った人間関係の難しさ

病院では、たくさんの看護師が活躍しているので、看護師同士の人間関係のトラブルが頻繁に起こります。
介護施設は、少数の看護職員で運営しているので、看護師同士のトラブルは少ないですが、介護職員とのトラブルリスクがあります。

介護業界は従業員の賃金が安い事も問題になっていて、給料が高い看護師を標的にイジメが起きる事例もあります。そのため、看護師は介護職員に対して、自分の方が偉いという怠慢な態度を出すとトラブルリスクが増幅します。

看護師は、施設内のそれぞれのスタッフの事情をよく理解して、指導する立場でありながら、何でも気軽に相談してもらえるような良好な人間関係を築く事が必要です。

介護施設の看護師の給料

看護師の給料は、介護施設の中でも職種や施設の運営母体によって変わってきます。
ここでは、介護施設の看護師の給料の業界全体の傾向を紹介します。

病院からの転職で、年収アップも可能

近年、看護師転職サイトで介護施設特集を組まれる事が増えています。それは、高待遇で看護師を採用する介護施設が増えているからです。

また、介護施設では看護師の夜勤の回数が多い傾向があり、基本給と各種手当の総額で見て、病院で働く看護師よりも高収入になる事も珍しくありません。
特に拠点を拡大している勢いのある民間の有料老人ホームでは、高待遇の求人が多いです。

介護施設は医師が常駐している所が少なく、緊急時の看護師の役割が大きいです。また、施設によっては決められた数の看護師を配置する事が求められているので、看護師の離職率が高いと問題が多くなります。
そのため、人件費を費やしてでも優秀で長く働いてもらえる看護師を確保しようという施設が増えています。

日勤常勤の求人が少ない

看護師は介護施設でも日勤常勤で働く事ができますが、求人数は少ないです。
介護施設では、看護職の人員が少ないので、常勤採用される看護師は夜勤も入れる方を優遇しています。

また、日勤のみの看護師は非常勤やパートで人員確保できれば良いと考えている施設も多いことや、日勤常勤で働く看護師の離職率が低い事が、求人が少ない要因です。

常勤であれば、病院からの転職で大きく収入が下がる事は少ない

「介護施設は給料が安い」と聞く事がありますが、これは介護職員の話です。
看護師に対しては、病院などと同等水準の待遇をしている施設が多く、入所施設などでは賞与も平均年間4ヶ月分あります。

つまり、看護師が病院から介護施設へ転職しても、常勤採用であれば大きく収入が下がる事はほとんどありません。

まとめ

  • 介護施設は複数の種類があり、施設によって医療行為の多さや、看護師、医師の在中義務が違う
  • 介護施設によっては、療養病棟やリハビリ病棟に近い役割を担っています
  • 看護師の介護施設の働き方は、病院とは違った役割がある
  • 介護施設の看護師の求人は高待遇が多く、病院からの転職で大きな収入減になる事は少ない
  • 看護師としての医療スキルやキャリアの停滞が介護施設に転職するデメリット

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。