当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

総合病院の配属先で人気が高いのが「外来」です。
特に病棟経験者や、結婚や出産を機に転職する方は、外来を希望する事が多いです。

外来看護師の仕事のスタイルや、特徴、求人情報をまとめました。

外来看護師とは

外来看護師は、病院の外来で診察介助や患者の処置を行います。
病院の外来診療では、通院治療が必要な患者の診察を行います。
診察内容によっては、日帰り手術や、そのまま入院になる事もあります。

看護師は、診察介助や処置のほか、必要に応じて検査科や病棟との調整業務を行います。

外来看護師の働き方

外来は、雇用形態を選べるメリットがあり、子育ての両立など自分に合った働き方ができます。
外来看護師には、次の働き方があります。

常勤(夜勤あり)

病棟看護師とは違い、月に1〜2回程度の頻度で救急外来の当直につきます。
日勤の日は、8時30分〜17時を目安に働きます。
外来は、希望すれば夜勤なしの働き方ができますが、夜勤の頻度や仕事量が少ないため、夜勤希望の看護師もたくさんいます。

常勤(夜勤なし)

外来で最もスタンダートな働き方です。
夜勤には入らず、平日8時〜17時、土曜日は病院の外来時間に応じて仕事をします。
外来患者が多く、時間内に診療が終わらない時は、常勤看護師が優先して残業する事を求められます。

非常勤/嘱託社員

週3日〜4日の出勤や、出勤時間や退社時間をずらした短縮勤務をする事ができます。
出勤日数や勤務時間を選ぶ事ができ、残業なしの働き方ができます。
育児と仕事を両立している看護師から人気が高い働き方です。

パート

午前勤務などの半日勤務できる働き方です。
クリニックとは違い、総合病院の外来は午後休診になる診療科があるため、半日パートは午前パートのみになっている病院が多いです。

外来看護師の仕事内容

外来看護師の仕事内容や1日の流れについて紹介します。

常勤、非常勤(嘱託)は複数の診療科目を担当する

総合病院の外来では、複数の診療科目を設置しています。看護師は2〜3科目の診療科目の仕事を覚えて、その日のリーダーの采配によって勤務する診療科目が決まります。

午前パートなど、出勤日数が少ない看護師は、特定の診療科目に固定される場合もあります。
診療科目は希望が考慮される事もあれば、上司からの指示で希望に沿わない診療科目を担当する事もあります。

業務内容は看護師ごとによって様々

外来看護師の業務内容は看護師によって様々です。外来の中でも内視鏡専従として内視鏡室での勤務中心の看護師がいれば、外来に所属しながら、デイサービスなど他の部署にヘルプで勤務する場合もあります。

内科や外科によって、診察介助と処置の割合が変わり、医師の方針や性格によっても働き方が変わります。
外来で働く看護師は、様々な環境で柔軟に働く事が求められます。

午後休診の日は、事務作業や他の診療科のヘルプをする

外来は、診療科や曜日によって、午後休診になる事があります。
午後休診の診療科に配置された看護師は、午後から電子カルテの入力など事務作業に専念したり、午後診療をしている他の診療科目のヘルプを行います。

午後休診の診療科がある時は、看護師が交代で午後半日休暇を取得している職場もあります。

病棟看護師との連携

外来患者の中には、診察の結果、入院が必要になる事があります。入院には、計画入院と緊急入院の2種類があります。
病院は、常に病床に空きがあるとは限らず、看護師は病棟ごとの空き状況を毎日確認して、病棟看護師と連携を取りながら、入院が必要な患者の対処をします。

外来の患者が入院する時は、診察や検査の結果を病棟看護師に申し送りをします。
外来看護師は部署の中だけではなく、病棟ナースや検査科などとも良好な人間関係を構築する事が求められます。

外来看護師への転職

外来は、看護師の中でも人気が高い勤務先ですが、求人数が豊富で転職のハードルは低いです。
総合病院の外来へ転職する時の方法や、求人内容を紹介します。

外来の求人の探し方

外来は総合病院のほとんどが、常時看護師の採用活動をしています。看護師転職サイトの公開求人だけで探しても、豊富な求人があります

勤務希望がある病院が既に決まっている場合は、病院のホームページから募集概要を確認して直接応募する事もできます。
ただし、総合病院は配属先や診療科目、給与や勤務条件など、入職するにあたって交渉する事も多いので、看護師転職サイトのコンサルタントを利用すると便利です。

診療科目の希望がある場合

外来の中でも、担当する診療科目に希望がある場合は、専任コンサルタントなどに相談して、希望条件を満たしてくれる病院を探します。
診療科目の中でも、内視鏡専従や眼科などの人気科目は空きがある病院が少ないので、エリアを広げて探してもらうとよいでしょう。

外来は看護スキルに不安がある看護師でも勤務できる

外来は新卒がそのまま配属される事は少ないですが、ブランクがある復職看護師など、看護スキルに不安がある方でも働きやすい職場です。
医療現場での勤務経験が浅い方や、復職看護師が看護師転職サイトに相談すると、外来を紹介される傾向があります。

ただし、現場では注射や点滴などの医療行為は必須です。入職時にできない事でも、働きながら必要な医療スキルを身に付けていく心意気が求められます。

外来の給料

外来は常勤採用の場合、基本給は病院の規定に従い、病棟看護師などと同等水準をもらえます。
ただし、夜勤手当や病棟手当などが少ないので、給料は病棟よりも若干少ないです。

非常勤や嘱託社員の場合、病院によって賞与や有給などの待遇や福利厚生が違うので、事前に確認をしておきましょう。

まとめ

  • 外来は総合病院の外来診療で、診察の介助や処置、病棟や検査科との調整を行う
  • 総合病院の外来は、複数の診療科目があり、看護師は1人で2〜3科目の仕事を覚えてローテーション勤務する
  • 外来は、様々な雇用形態の看護師が活躍している
  • 外来は人気の職場だが、求人数は豊富で、経験が浅い看護師でも働ける

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。