当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の働く施設は、病院や介護施設だけではありません。
近年では製薬会社で治験CRCとして働く看護師が増えています。

ここでは治験CRC看護師の役割や仕事内容、求人情報を紹介します。

CRCとは

CRCとは、治験コーディネーター((clinical research coordinator)の略称です。

治験業務は、医療機関が製薬会社からの依頼を受けて行われます。CRCは治験の現場責任者の役割を担い、医療機関と製薬会社の調整や、被験者と現場スタッフの連携を管理します。

治験コーディネーター(CRC)の仕事

治験コーディネーターの仕事は、主に次の3つがあります。

  • 全体の調整
  • 被験者のケア
  • 事務作業

最も重要な仕事は全体の調整です。治験は製薬会社、医療機関、被験者、検査技師など多くの人が関わります。
スムーズに治験ができるように、全体のスケジュール調整や、連絡業務を行います。

また、被験者は不安を抱えているため、説明、相談を通じてケアをします。治験のほとんどは、期間中に喫煙や食事制限などのルールが設定されるので、被験者に対しての指導も行います。

治験コーディネーターは現場の管理だけではなく、事務作業も大きな負担があります。治験は厚生労働省の認可を得るために必要な書類を作成する必要があります。
新薬を試すだけではなく、書類の作成と管理業務を行います。

治験コーディネーターに必要な資格は存在しない

治験コーディネーター(CRC)の業務をするにあたり、法令上は必要な資格はありません。看護師を含めて何も資格を持っていない方でも、治験コーディネーターの仕事をする事ができます。

しかし、雇用主の製薬会社が、一定の知識と人材を厳選するために、応募資格で医師、薬剤師、看護師などと定めています。つまり、治験コーディネーターは看護師や薬剤師が資格の垣根を越えて同じ立場として働きます。

また、一部では製薬会社勤務経験者や、生物理系大学出身の医療資格を保有していない方が、CRCとして活躍している事例もあります。

治験コーディネータ(CRC)は土日祝日休みで夜勤なし

治験コーディネーター(CRC)が看護師から人気の理由は、土日祝日休みで夜勤もないためです。
勤務先によっては、残業もほとんどないので、プライベートを充実させたい方にオススメの仕事です。

ただし、治験は全国の医療機関で行われるので、出張が多く、繁忙期には連日残業を求められる事もあります。

治験コーディネーター(CRC)への転職

治験コーディネーター(CRC)へ転職を検討している看護師のために、給料相場、仕事への適性、求人情報をまとめました。

治験コーディネーター(CRC)の給料相場

治験コーディネーター(CRC)の給料相場は月収25万円〜35万円、年収350万円〜450万円です。
病院の日勤常勤と同等水準です。夜勤やこなしている看護師が治験コーディネーターに転職すると、収入ダウンする可能性が高いです。

転職の目的は収入アップよりも、夜勤なしや、土日休み、医療行為を行う機会が少ない業務内容などの魅力を重視している方が多いです。

治験コーディネーター(CRC)に向いている人

治験コーディネーター(CRC)の仕事は、被験者に対しての看護のほか、一般企業の営業、事務員の役割を併せ持っています。
人とコミュニケーションを取る事が好きな人や、長時間パソコンで事務作業をする事に抵抗がない人に適性があります。

夜勤はなく、土日休みですが出張があるので、家族や友人と週末に予定が合えば、平日は数日家を空けても問題ないと思える方に人気です。

治験の仕事は、関わる人の全てがビジネスパートナーとしての関係性が強く、看護師として人の役に立ったり、患者からの「ありがとう」の言葉をやりがいにしたい人は、CRCよりも病院やクリニック、介護施設での仕事の方が向いています。

治験コーディネーター(CRC)の求人数

治験コーディネーター(CRC)の求人は全国各地にあります。しかし製薬会社や企業が雇用主になる事が多い事から、東京や大阪などの大都市ほど豊富な求人があります。
また地方の求人も、それぞれの都道府県の主要都市近郊に集中しています。

治験関連の仕事に興味を持った看護師でも、通勤がネックになり、違う職種へ転職する方もいます。
求人数は年々増加傾向にあり、最近では看護師転職サイトでの特集が組まれる事も増えて、CRC専用の人材紹介サービスも登場しています。

まとめ

  • CRCとは治験コーディネーターの略
  • 治験コーディネーター(CRC)の仕事は、調整、ケア、事務作業があり、特に重要なのは調整業務
  • 治験コーディネーターは看護師でなくてもできる仕事ですが、雇用主が採用条件に看護師の資格を必須条件にしている事が多い
  • 治験コーディネーター(CRC)は土日祝日休みで夜勤はないが、勤務先によっては出張がある
  • 治験コーディネーター(CRC)の給料相場は年収で350万円〜450万円ほど
  • 治験関連の求人は、大都市に集中している

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。