当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が働く施設の中でも、クリニックは人気が高く求人数も豊富です。
住宅街や駅前など、幅広い立地にあるので、子育てと仕事を両立している方や、総合病院での仕事に疲れた方などが、自分に合った職場を探しやすい事が特徴です。

ここでは、看護師がクリニックで働く時の仕事内容や給料、求人の傾向についてまとめました。

クリニックは個人開業医が中心

ほとんどのクリニックでは、個人開業医が医師1名体制で運営しています。
つまり、クリニックは開業医の性格や運営方針、診療科目が看護師の仕事に大きな影響を与えます。

クリニックはドクターとの相性が大切

クリニックの看護師の退職理由で多いのが、「医師との相性が合わなかった」というものです。
クリニックはドクターとの距離が近く、一緒に働く時間が長いです。そのため、ドクターとの相性が重要で上手に付き合っていけるかで長く働けるかどうかが決まります。

クリニックへ転職する看護師は、ドクターと合わないと感じると、すぐに退職してしまう方もいます。その反面、性格が合う開業医のクリニックで勤務できれば、仕事へのストレスが少なくなります。

給料、運営方針、雇用形態はクリニックによって様々

クリニックは、個人開業医の考え方や扱う診療科目、処置の内容で看護師の業務内容や待遇が変わります。給料の待遇や、昇給なども開業医のサジ加減で変わります。

クリニックによっては、看護師を全員パートで補っている所もあれば、複数名の常勤看護師を雇用している所もあります。
勤務時間もクリニックによって様々で、休診日が週2日で18時までの診療時間の所もあれば、日曜日や平日夜間も診療していて休日が不定休のシフト制の所もあります。

看護師は価値観が近い開業医がいるクリニックで、自分に合った働き方ができる職場を探すようにしましょう。

クリニックの仕事内容

クリニックの仕事内容は、診療科目や設備、医師の運営方針によって違います。
クリニックでは、医師も看護師も最低限の人員で運営していますので、看護師は幅広い業務をこなす必要があります。

ここでは、看護師の仕事内容を紹介します。

処置室での仕事

クリニックによっては、処置室を用意していて、看護師が注射や点滴、傷の処置や血圧測定などの医療行為を、医師の指示の元で1人で行う事もあります。
医師は患者の診察をしていて、ほかの看護職のスタッフがいない事もよくあります。
困った時に気軽に聞ける人がいないので、看護師は最低限の処置を1人でこなせる看護スキルが求められます。

医師の診察介助

クリニックは病院の外来と比べて、看護師が医師の診察介助に付く機会が少ないです。
内視鏡や傷口の縫合などの外科的治療など、診察介助に看護師が必要な場面は限られてきます。
診療科目や、治療法、用意している設備によって、看護師が医師の診察介助に付く頻度が変わります。

クリニック全体の仕事を行う

規模が大きい総合病院では、看護師や医療事務、清掃スタッフなどで業務を分担して、看護師は看護師にしかできない仕事が中心になります。

クリニックの場合は、スタッフが少ないので、本来は看護師がやらない仕事も含めてクリニック全体の仕事をこなします。
例えば、事務員がいない時は受付業務を行い、電話対応を行います。施設内の清掃や器具の滅菌や洗浄から、最低限の事務作業まで行います。

クリニックは「看護師だから仕事はここまでしかやらない」などといった線引きはできず、臨機応変に職種の壁を越えて、できる事は全て行います。

クリニックへの転職

クリニックへ転職する時の方法や注意点、求人探しのポイントをまとめました。

クリニックの求人の探し方

クリニックの求人の探し方には、次の方法があります。

  • 看護師転職サイト
  • ハローワーク、ナース人材バンク、折込広告など
  • 知人などの紹介

この中で最も求人数が豊富なのは看護師転職サイトです。クリニックは個人経営の所が多く、自ら求人掲載するために動く募集方法よりも、何もしなくても看護師採用のための営業活動をしてくれる看護師転職サイトを利用する方が多いです。

開業医の立場から見ると、看護師転職サイトの利用は、ハローワークや折込広告をするよりも、少ない手間で採用活動ができるメリットがあります。

求職中の看護師は、公開求人で検索したり、担当の転職コンサルタントに求人を探してもらう事ができます。既に近所で気になるクリニックがある方や、通勤圏内のエリアを狭めて探している方は、転職コンサルタントに相談すると、求人が出ていないクリニックでも、看護師募集の有無や今後の採用予定を問い合わせてくれます。

看護師転職サイトを除いてオススメなのが、知人の紹介です。クリニックの仕事は看護職や医師など医療現場で働いている方に声をかけると、看護師を募集しているクリニックを紹介してもらえる事があります。
紹介では、そのクリニックの良さやドクターの性格などを事前に教えてもらえるので、安心して転職する事ができます。

クリニック勤務は、経験がない診療科目でも問題ない

クリニックは病院の外来と同様、様々な診療科目があります。採用時は、勤務経験がある診療科目であっても大きく優遇されません。
クリニックの採用基準は、開業医によって変わりますが、注射などの必要最低限の医療行為ができる看護スキルと、看護師の人物重視で採用している所が多いです。

少ない人数で密接に医師と関わりながら働くクリニックでは、医師側も看護師との相性や人間性を重視しています。
診療科に必要なスキルは、働きながら覚えていけば良いと考えられている事が多いです。

診療科目によっては、看護師を採用していない事も

クリニックは全ての施設で看護師が活躍している訳ではありません。なかには医師と事務員だけで運営しているクリニックもあります。

看護師を採用しているかどうかは、開業医の方針によって様々ですが、看護師の求人が少ない診療科目には次のものがあります。

  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 産婦人科(准看護師を優遇)
  • 精神科/心療内科

上記で挙げたような、看護師の役割が少ない診療科目で常勤として働きたい場合は、クリニックよりも病院の外来で求人を探した方が、条件に合った仕事がみつかりやすいです。

クリニックで働くメリット・デメリット

看護師がクリニックで働く事は、病院勤務とは違った特性を理解しておく必要があります。
ここでは、仕事内容や採用条件の違いなどを含めて、クリニックで働くメリット・デメリットを紹介します。

クリニックで働くメリット

  • 通勤しやすい場所で勤務先を探せる
  • 半日勤務のパートなど、短い勤務時間で働ける
  • 昼休憩が長い
  • 人間関係のトラブルが少ない
  • 仕事に慣れて医師との相性も良ければ働きやすい
  • クリニックによっては、スキルアップができる
  • 業務改善など、仕事に対する希望が通りやすい
  • 勉強会やカンファレンスなどが少ない
  • 夜勤がない
  • 医師国保であれば、健康保険に安く加入できる(特にフルタイムは優遇が大きい)

クリニックで働くデメリット

  • 医療行為だけではなく、雑務も行う必要がある
  • 賞与と退職金が少ない
  • 育休手当がなく、休職扱いになる所が多い
  • 医師との相性が悪いと働きにくい
  • 原則、医師国保になるので、自分名義で職場で処方箋を出してもらえない
  • 拘束時間が長い
  • 昇給が少ない
  • キャリアアップしにくい
  • 有給や希望休が取りにくい
  • スタッフが少ないので、当日欠勤しにくい

メリット・デメリットまとめ

看護師がクリニックで働く時は、メリット、デメリットを確認してクリニックの特性を理解しておく事が大切です。
賞与や退職金、昇給が少ないので、基本給が病院と同等水準でも年収ダウンしてしまうリスクがあります。

クリニックで働いている看護師の方は、お金やキャリアよりも、働きやすさを重視している方が多いです。

クリニックの特徴を理解していないと、病院からクリニックに転職しても、すぐに辞めてしまい再度総合病院に転職される方もいす。

まとめ

  • クリニックは個人開業医が運営しているので、ドクターとの相性が重要
  • クリニックでの看護師の業務内容は、処置室や診察介助、雑務などがある
  • クリニックによっては、常勤看護師を採用していない場合もある
  • 看護師がクリニックで働く時は、病院勤務とは違った特性を理解しておく

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。