当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が働く施設の中でも、圧倒的シェアを占めるのが病院です。
ここでは、就職や転職を検討している看護師の方に向けて、病院で働く時の仕事内容、働き方、給料、求人などを紹介します。

病院の種類

ここでは、入院施設と外来診療を併設し、複数の診療科を扱う「総合病院」について紹介します。
また、就職、転職時のポイントについてもあわせて紹介します。

なお、総合病院は、大きく分類して次のものがあります。

公立病院

公立病院は主に、国立病院、県立病院、市立(区立)病院があります。それぞれ、行政機関が運営しています。公立病院は常勤であれば、公務員扱いになります。そのため、就職倍率が高く中途採用が少ない傾向があります。

公立病院であれば給料が必ず高いとは限りません。全体平均では、個人病院よりも月収は低く、ボーナスが高い傾向があります。公立病院でも、給料に格差が出ていて、行政の資金力(県や市の財政状況)、それぞれの病院の財政状況によって待遇が変わります。

公立病院は大規模施設の病院が多く、診療科目や病棟の種類が多いのが特徴です。

個人病院

個人病院は、医療法人○○会などが運営する個人オーナーがいる病院です。最大手の徳洲会のように全国各地に施設がある所から、1つの総合病院だけを運営している所があります。

規模や給料は、それぞれの医療法人や病院によって様々です。
個人病院は看護師の中途採用が多く、求人数も豊富です。

大学病院

大学病院は、大学が運営をし、病院としての機能と学生の研修施設を兼ね備えた病院です。高度先進医療の推進のため特定機能病院の認可を受けている大規模病院が多いのが特徴です。

大学病院には、公立系と私立系があり、公立系は公立病院、私立系は学校法人が運営するので個人病院に分類されます。

系列大学の看護学生がそのまま新卒採用される事が多く、中途の求人は少ないです。
また、出世も新卒の生え抜きが優遇される傾向があります。

その他の病院

ここまで紹介していない、その他の病院を紹介します。

  • 社会保険関係団体病院
  • 社会福祉法人
  • 株式会社(JR各社、日本郵政、NTTなど)
  • 医療生協
  • 宗教法人
  • 共同組合

それぞれの病院で特徴は異なります。
気になる求人を見つけた時は、転職コンサルタントなどに詳しく話を聞いてみましょう。

病院での働き方

病院は在籍する看護師やスタッフの数が多く、様々な働き方ができます。
病院での働き方と求人の種類をまとめました。

雇用形態

看護師の仕事には、次の雇用形態があります。

  • 常勤/正職員(夜勤あり)
  • 日勤常勤/正職員(夜勤なし)
  • 嘱託/非常勤
  • パート/アルバイト/派遣
  • 夜勤専従

病院によって雇用形態の名称の違いや、常勤以外の福利厚生に差はありますが、幅広い雇用形態が選べます。
子育てと両立するときは、一度常勤から非常勤などに変更し、子育てが落ち着いたら再び常勤に戻るなど、雇用形態を選択できるメリットがあります。
看護師の雇用形態の特徴は、別ページで紹介しています。(参考:看護師の雇用形態)

病院の配属先

看護師が病院で働く時の配属先は次のものがあります。

  • 病棟
  • 外来
  • 救急外来
  • 手術質
  • リハビリ室
  • 透析室
  • デイケア
  • 在宅医療/訪問看護
  • 医療チーム
  • 相談室

このほかにも病院によって、様々な部署や配属先があります。
病棟であれば、急性期、回復期、療養、リハビリなどがあり、外来は担当する診療科目や役割が分かれます。

配属先は希望を考慮される事もあれば、上層部の業務命令で本人の希望に沿わない部署に配属する事もあります。
最近では、看護師が転職する時に、事前に配属先を決めて交渉することもできるようです。

病院の給料

病院で働く看護師の給料は、地域性、病院の運営方針、年齢、経験、能力、交渉によって変わってきます。
転職や復職で中途採用される時は、採用時の交渉で優遇される事も増えています。

ここでは、病院の給料の考え方や求人の見方について紹介します。

基本給は配属先に関係なく設定

病院で常勤として働く場合は、配属先を問わず、基本給は年齢や経験に応じて設定されています。
病棟や外来、手術室など業務内容などは基本給に反映されません。
配属先や夜勤の有無などに応じて、特殊勤務手当や夜勤手当など、各種手当によって給料は変動します。

通勤手当は病院によって計算方法が違う

通勤手当は距離や通勤にかかる公共交通機関の状況によって変動します。しかし、病院によって計算方法は様々で、同じ通勤距離でも通勤手当の金額が変わります。

電車・バス通勤の場合は指定路線や、定期代を1ヶ月計算、6ヶ月計算などの違いがあります。
車通勤の場合は、ガソリン代の計算方法や、従業員用の駐車場代の有無によって支給額が変わります。

求人に応募する時は、通勤手当の計算方法や、支給予定額を事前に確認しておきましょう。

残業代が支払われない事も

常勤で病院勤務をすると、残業が必要な時も出てきます。しかし職場によっては残業が慢性化して、多くのサービス残業が求められる場合もあります。
残業の多さや、残業代の支払状況は、病院や配属先ごとに違います。
口コミ投稿サイトや転職コンサルタントなどで情報収集をして、残業状況とサービス残業の実態を確認しておきましょう。

看護師が病院で働くメリット・デメリット

看護師が総合病院で働く時のメリット・デメリットをまとめました。

総合病院で働くメリット

  • 雇用形態、職種を選べる
  • 昇給、賞与がしっかりしている
  • スキルアップ、キャリアアップができる
  • 産休、育休、傷病手当などが、しっかりしている
  • 社会保険を完備している
  • 託児所や従業員食堂など、病院によっては従業員向け施設が充実している
  • 有給、希望休が取得しやすい
  • 夜勤をやれば稼げる
  • 求人数が豊富
  • 転職時に条件交渉しやすい

総合病院で働くデメリット

  • 部署や職種によっては業務量が多い
  • スタッフが多いので人間関係の問題が起きやすい
  • 働きたくない診療科や部署に配属される事もある
  • 勉強会、カンファレンス、スタッフ会議など時間外に行う業務が多い
  • 他部署との連携ミスや、クレーム患者など思い通りに仕事が進まない事が多い
  • 看護師の事務作業の負担が大きい
  • 日曜、祝日、年末年始でも出勤を求められる事がある
  • 部署によってはオンコール対応が必要

まとめ

  • 病院には、公立、個人など様々な種類がある
  • 看護師が病院で働く時は、常勤、非常勤などの雇用形態を選べて、状況に応じて変更する事もできる
  • 病院には、病棟、外来をはじめ幅広い配属先がある
  • 病院の給料は、職種や夜勤の有無、通勤手当、残業代など、各種手当によって変動する
  • 看護師が病院で働く時にはメリット、デメリットがあり、自分に合った働き方ができる職場を探す事が大切

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。