当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師は転職する方が多い業界と言われていますが、転職する時には様々な悩みを抱える事があります。

実際に転職経験がある現役看護師の方に、転職した時にどのような悩みがあったのか、またその悩みの解決方法について聞いてきました。

転職する時の悩み

転職する時の悩みには、次のような事があります。

  • 世間体
  • 仲の良い同僚に退職する事を伝えるタイミング
  • 転職活動をする時の手間
  • 今後のキャリア
  • 転職に失敗するのではないかという不安
  • それぞれの悩みについて、詳しく聞いてきました。

    転職する事は世間体が悪い

    転職願望を持っていても、世間体を気にしたり、身内の同意をもらえずに踏みとどまっている看護師の方が、私の周りにもいます。

    看護師の世界は転職は当たり前ですが、こうした看護師の業界事情を知らない人に理解してもらう事に苦労しました。特に親や配偶者などの家族には、転職する事を伝えると不安な気持ちにさせてしまいます。

    また看護師以外の友人には、前向きな転職理由があっても、それを理解してもらえない事もあります。転職するには、こうした世間体の悩みは、避けては通れない道だと思っています。

    転職する話を周囲に隠したい気持ちを抱く方もいますが、家族や親しい友人には、しっかり向き合って、今の仕事を退職したい理由と、転職先でやりたい仕事を包み隠さず話して、理解してもらうように努力しましょう。

    私も、転職する話をする時は憂鬱な気持ちを持ちましたが、いざ話を打ち明けてみると気持ちが楽になりました

    仲の良い同僚に退職する事を伝えるタイミングは重要

    なるべく早く話を打ち明けたい気持ちもありますが、仲の良い相手でも同僚に退職する話をすると、噂が広がるリスクがあります。

    私の同僚でも、職場中で退職する噂が広がって、最終的に残留した方がいますが、今でも「あの人は以前退職する予定だった」と話題に出ています。信頼している同僚であっても、退職する事が決定するまでは、なるべく話を隠しておくようにしましょう

    また仲の良い同僚に、本人からではなく周囲の噂を通じて退職の話が伝わってしまうと、「なんで直接声をかけてくれないんだ」と思われて、信頼関係が崩れてしまう事もあります。
    私も以前、一番仲の良かった同期の退職する話を、第三者の口から耳にしてショックを受けた事を今でも強く覚えています。

    退職できる事が確定してから、退職後も連絡を取りたいと思う同僚には、なるべく自分の口から退職する報告をできるように早めに話をしていくとよいでしょう。

    転職活動をするには手間がかかる

    看護師が転職活動をする時には、求人を探したり、履歴書を書くなど様々な手間があります。実際に転職活動を始めてみると、思っていた以上に手間がかかって苦労しました

    面接を受ける度に手書きの履歴書を作ったり、面接の日程調整のやり取りなど、やらなければいけない事がたくさんあります。転職で成功する為には、事前に情報収集をして、効率的に転職活動をする計画を作るなど、負担を少なくする努力をするとよいでしょう。

    転職をする時は「事前に情報収集から始める期間」と、「本格的に就職活動をする期間」の2段階に分けて考えておくと、負担が軽減されます。

    転職は今後のキャリアに影響する

    転職をすると、履歴書に職歴が追加されます。転職先の職種によっても異なりますが、転職は少なからず今後のキャリアに影響するものです

    総合病院などの医療の前線の仕事を離れると、再び転職する時の評価や、看護スキルの停滞などの懸念も出てきます。私も本当は、保育園やツアーナースなどに興味を持ちましたが、看護師の仕事を一生続けていくのであれば、医療現場に転職した方が有利だと考えました。

    人生の中で、長い目線でのキャリアプランを立てておく事はとても大事な事です。後悔をしない転職をする為にも、「5年後や10年後に自分がどうなっていたいか」を考えて転職プランと将来のビジョンをまとめておくとよいでしょう。

    転職する時の不安は付き物

    転職経験が少ない方は、転職する時に不安を抱くものです。「転職先で打ち解けられるのか?」、「転職して本当に後悔しないのか?」などといった不安は誰でも持っています。

    転職する時の不安を解消するには、自分自身で情報収集したり、誰かに相談する事で緩和できます。私の場合は、田舎からの上京で転職する時に近くに家族はいなかったですし、信頼して相談できる看護師の方がいなかったので、転職エージェントに色々と話を聞いてもらいました

    抱えている不安は、誰かに相談したり、ネットなどで同様の事例を調べたりして、一つずつ解決していくと良いでしょう。

    まとめ

    • 転職する時は家族や友人に早めに相談するようにする
    • 同僚には、転職する話をするタイミングをしっかり見極める事が大切
    • 転職活動は思っている以上に手間がかかってしまう
    • 転職活動の手間への悩みは、やり方次第で緩和できる
    • 将来の事を考える事は大切
    • 転職する時の不安は、家族や看護師の知人、エージェントなどに相談をして少しでも不安を少なく努力をする

    転職看護師が利用している求人サイト

    マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

    マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

    転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

    マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

    求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。