当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が転職する時には様々な方法があります。
(参考:看護師のみなさんはどうやって転職先を探されましたか?)

今回はハローワークを使った看護師の転職について紹介します。

ハローワークとは

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」で、厚生労働省が設置している公的機関の職業紹介所です。ハローワークは公式のサービス名称で、「職安(しょくあん)」と略称で呼ばれる事もあります。

看護師の求人に限らず幅広い業種の求人を扱っていて、求人検索から求人相談、雇用保険による失業手当の受給申請などを行っています。
(参考URL:http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html)

ハローワークは求人掲載も全て無料

ハローワークのメリットは、全てのサービスが無料利用できる事です。

看護師転職サイトなども求人を探す看護師は、登録さえすれば非公開求人の閲覧や、担当エージェントとのカウンセリングなど全てのサービスを無料利用できます。しかし、求人広告を出す病院側が、広告料や採用者が決まった時の紹介料などを支払う事で利益が発生して運営しています。

ハローワークは病院など企業の求人掲載も全て無料で利用できる為、求職者よりも、求人掲載企業の方がメリットが大きいと言えます。そのため、看護師転職サイトなどの民間サービスには掲載されていない求人を探す事もできます。

ハローワークは地方に強い

看護師の転職でハローワークを利用する方は、地方に行くほど多いです。求職中の看護師が多い都会では、ハローワークよりも、看護師転職サイトなどの民間サービスを利用した方が反響が大きく、ハローワークには掲載せずに民間サービスのみで求人を出している病院も多数あります。

地方では、看護師の人口自体が少ない為、お金を払って民間の求人に頼る病院が少ない傾向があり、ハローワークの求人の充実度が高くなっています。ハローワークの利用検討をする時は、地域性を考慮するとよいでしょう。

ハローワークの職業訓練に看護師養成サービスはない

ハローワークは求人を紹介するだけではなく、職業訓練を行い求人活動の幅を広げる支援サービスを行っています。全くの異業種に挑戦したい方は、ハローワークに相談する事が大きなメリットになる事もありますが、現状では看護師向けのサービスや看護師養成プログラムはありません

日本看護協会が2014年に看護師養成の給付対象化を求める要望書を提出していますが、今のところ進展の話はありません。このため、看護師が求人を探す目的でハローワークを利用する時は、ほとんどの方がネットを活用した求人検索のみを活用しています。

ハローワークを利用して転職活動をする

看護師の方がハローワークを利用する流れについて紹介します。

最寄りのハローワークを確認する

ハローワークは全国各地に拠点を持っています。
雇用保険の失業手当の受給申請や、就職相談、求職登録、求人の応募など、ハローワークは実際に足を運ばないとできない事や、足を運んだ方が話がスムーズになる事があります。

まずは、最寄りのハローワークを厚生労働省の公式ホームページより確認しておきましょう。
参考URL:http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html)

求人閲覧だけをしたい場合は、インターネット検索が便利

ハローワークに掲載している求人は、ネット上から確認する事ができます。
(参考URL:https://www.hellowork.go.jp/servicef/130020.do?action=initDisp&screenId=130020)

ただし、ハローワークは看護師以外の求人も幅広く扱っており、また現状では絞り込み検索機能の使い勝手が悪く、希望条件を満たす求人を探すには、民間サービスを利用するよりも手間がかかります

ハローワークに足を運べば、専用のタッチパネル式のパソコンで求人検索をする事ができます。気になる求人を見つけたら、情報をプリントアウトするか、求人番号のメモを取っておきましょう。

ハローワークに求職者登録をする

ハローワークを利用する時は、窓口に足を運んで求職者登録をする事が必要です。登録には学歴や職歴などを記載します。履歴書のコピーなどを持っていくと便利です。

登録自体は10分前後の時間でできますが、担当者と面談を受ける必要があり、面談の順番待ちなどで混雑時は1時間以上待たされる事もあります。失業保険の給付が目当てではない方は、事前にハローワークの求人で興味がある物を見つけてから相談しに行くとよいでしょう。

ハローワークから求人に応募するには、紹介状が必要

ハローワークの求人は誰でも手軽にネット検索できますが、応募する時はハローワークの窓口に行って、担当者に直接、応募希望の旨の相談を行います。プリントアウトした求人情報か、控えを取った求人番号を伝えて、応募したい旨を伝えましょう。

簡単なカウンセリングのあと、担当者が応募する事を承認した場合は、紹介状を発行してもらえます、ハローワークの求人には、必ず職業安定所の紹介状がないと応募できない仕組みになっているので注意しましょう。

書類審査がある求人では、履歴書や職務経歴書と紹介状を同意して送付します。書類選考がない求人では、面接の日程を調整してもらい、面接を受ける際に紹介状も一緒に提出します。

面接以降の手順は、通常の求人応募と同じ

ハローワークの求人が通常の求人と違う点は、応募するにあたって紹介状が必要になる事だけです。紹介状を受け取り、企業(病院)に提出をすれば、その後は通常の求人の応募と同じ流れになります。

後日、採否の回答が郵送もしくは電話で行われ、採用された場合は説明会や入職日の打ち合わせをします。面接以降のやり取りは、ハローワークを仲介する必要はありません。

ただし、雇用保険の再就職手当を受給したい場合は、就職が決まった時点でハローワークへ連絡して必要な手続きを行います。

まとめ

  • ハローワークは公的期間の職業紹介所
  • ハローワークへの求人掲載は無料の為、民間の求人にはない求人情報もある
  • 地方に行く程、ハローワークを利用して転職する看護師の比率が高くなる
  • 雇用保険の各種手当を受け取る事ができる
  • ハローワークの求人は、ネットを利用して誰でも手軽に閲覧できる
  • ハローワークの求人に応募するには求職者登録をして、紹介状を受け取る必要がある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。