当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

職場を退職して新しい勤務先に再就職時点で「転職」完了ですが、看護師の転職では、転職をしてからも必要な手順があります。

ここでは、転職の手順の中でも、転職してから行う事や注意点をまとめました。

看護師転職サイトの一時金の申請をする

利用した看護師転職サイトによっては「転職お祝い金」や「転職支援金」などの一時金を受け取れる事があります。一時金をもらえるかは、転職する前に確認しておきましょう。

一時金の支払い時期は看護師転職サイトによって異なりますが、転職して一定期間(1ヶ月〜半年程度)経過したタイミングが一般的です。

利用する看護師転職サイトによっては、自分から申請手続きをしないとお祝い金などの一時金が支払われない場合もあります。担当者に問い合わせるなど、ルールを確認して必要な手続きを行うようにしましょう。

必要な書類を提出する

転職したら、年金手帳や健康保険資格喪失証明書などを勤務先に提出する事が必要です。
(参考:転職時の手続き)
勤務先によっては住宅手当や資格手当などを受け取る為に、住民票や資格を証明する書類のコピーの提出を求められる事があります。

必要な書類のやり取りは、勤務先が指示してくれるので、言われた書類を速やかに提出するようにしましょう。

社会保険未加入の仕事に転職した場合は、年金や健康保険への加入をする

クリニックでの勤務や、派遣、バイトなどの雇用形態の場合は社会保険の加入ができない事があります。この場合は、自分自身で国民年金や国民健康保険に加入する必要があります。

役所やハローワーク、転職エージェントなどに相談をして、必要な手続きをしておくようにしましょう。
また、住民税などを自分で払う時の事も考えて、給料を全部使用せずに、年金、保険、税金関連での支払いの為に、お金を分けて管理しておく事が必要です。

仕事を覚える

転職をすると、新しい職場の仕事やルール、備品の場所などを覚える事が必要です。看護師の職場は病院ごとで、管理や看護師が行う仕事の範囲などのルールが違います。経験者であっても、前の勤務先のやり方に拘るのではなく、新しい職場のやり方に順応するようにしましょう。

覚えるまでは積極的にメモを取ったり、仕事が終わって家に帰ってから1日の反省や、教わった事の復讐をするなどして、少しでも早く仕事を覚える努力をしましょう。

職場の同僚と打ち解ける

転職したら、まずは同僚と仲良くなる事が大切です。同僚から好印象を持ってもらえれば、困ったときに助けてもらえたり、相談相手になってもらえます。

転職して同僚と打ち解けるには、まずは同僚の名前を覚える事と、自分の名前を覚えてもらう事が大切です。転職して間もないうちは積極的に挨拶をして、初めて顔を合わせる人には「新人の○○です。宜しくお願いします」と自己紹介も添えた挨拶をしましょう。

従業員名簿などがあれば、写真を撮るなどして家に持ち帰り、仕事が終わってから、顔と名前を一致させられるように復讐しておく事など、早く同僚の名前を覚える努力をしましょう。

まとめ

  • 転職する時は、転職後に行う必要がある手続きがある
  • 看護師転職サイトを利用した方はお祝い金などの一時金のルールを再度確認しておく
  • 社会保険に加入していない勤務先へ転職したら、国民年金と国民健康保険の手続きをする
  • 仕事を覚えて、同僚と打ち解ける事が転職成功への道

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。