当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が転職する時の手順について、項目ごとに説明しています。
ここでは「現在の職場を辞めるまで」の手順について紹介します。

「転職活動」を行う

転職しようと思った時は、すぐに職場へ伝えるのではなく、事前に確認しておくべき事があります。
転職を成功させる為にも、退職する前には次の事をしっかり考えておくようにしましょう。

転職準備をする

転職で成功する為には、事前にしっかり準備をしておく事が大切です。
転職準備は主に「情報収集」、「自分の気持ちの整理」、「周囲への相談」があります。
(参考:転職の準備でやるべきこと)

転職プランを立てる

転職をする時には自分の中でのプランを立てておきましょう。辞める時期や、転職活動に費やす期間、退職してから転職先の初任給が出るまでの生活費などを、きちんと計画をしておくと良いでしょう。

退職するにあたって、最後の給料支払い日の確認や、有給休暇の消費状況の把握と、退職前にどれだけ消化したいかの考えの整理、仕事の引き継ぎに必要な期間などについて、自分の考えをまとめておきましょう。

実際に転職活動を始める

転職活動は、辞める前に必ず始める必要はありません。転職するにあたって、次の仕事を決めてから転職したい場合や、無職になる期間を作りたくない方は、辞める前から転職活動を始めましょう。

再就職を急いでいない方でも、退職する前から、求人の絞り込みやお気に入りリストの作成、転職エージェントとのカウンセリングなどを行っておくと、辞めた後の転職活動がスムーズにいきます。

まずは情報収集などの準備や、転職プランを立てて方向性が決まったら、なるべく早めに転職活動を始めるとよいでしょう。

退職相談をする

次に、辞める職場へ退職相談をします。
退職相談の手順について紹介します。

退職する意向を伝えるのは直属の上司

退職する時は、直属の上司に退職の相談をします。病院であれば看護師長、企業ナースであれば課長などの現場をまとめる直属の上司に伝えることになります。

最初は退職願などの書類の用意は必要ないので、口頭で退職したい旨を伝えます。その場で理由を聞かれる事や、時間と場所を改めて個人面談をする事があります。

退職希望日は2〜3ヶ月後が理想

退職する時は、職場に伝えてから一定の期間を空けて退職日を決める必要があります。
労働基準法では14日前までと定められています。別途就業規則で1ヶ月前までの伝えるように決められている事もありますが、こうしたルール上の日程ギリギリで話をする事は職場へ迷惑がかかります。

人手不足問題を抱えている看護師の業界では、引き継ぎや人員補充などへの、職場への準備期間を考えて2〜3ヶ月前に伝えるようにしましょう。期間の余裕を持って職場へ退職相談する事で、承認される可能性が高くなり、有給取得する期間も用意できるなどのメリットがあります。

1ヶ月前に退職相談をして、権利を主張して有給消化をすると、当然職場へ迷惑がかかって同僚からも不満を口にされます。自分が退職する事でかかる職場や同僚への負担を考慮して、円満退職する為にも退職時期は慎重に考えておくようにしましょう。

上司との面談

退職希望を直属の上司に伝え、上司から上層部へ報告が行くと、再度退職希望者と上司で面談を行います。直属の上司が対応する事もあれば、部長など更に上の上司が出てくる事もあります。

そこで退職希望日や退職理由などの話をして、具体的にいつ退職するか、などの相談を行います。ここで上司が退職する事に了承してもらえれば、次のステップに移ります。話がまとまらない場合は面談を繰り返す事もあります。

退職する為の手続き

退職する事を職場から了承してもらえたら、退職する為の手続きに入ります。
退職する為の手続きには、次のものがあります。

  • 退職願を提出する
  • 退職後に必要な書類(年金手帳、健康保険等)の受け渡しの流れを総務担当者に聞いておく

退職をする前は、こちらの2点さえできていれば問題ありません。
また、退職する前から、退職後の手続きの内容も把握しておくようにしましょう。
(44.転職の手続き)

同僚に退職する旨を伝える

看護師に限らず、職場は誰かが退職する噂を好む性質があります。退職する事が決定すると、知らない間にすぐに職場中で、その噂が広がってしまう事もあります。また、仲の良い同僚でも決まるまでは転職の話は伏せておくようにしましょう。

看護師は退職相談をしても、引き止められてスムーズに話が進まない事もあるので、職場に承認してもらう前に同僚へ話をして噂が広がると、仕事がしづらくなるデメリットがあります。

なるべく退職を承認してもらうまでは同僚への相談を控えて、仲の良い同僚や、退職後も連絡を取りたいと思う同僚には、退職する事が決まってから、なるべく早いタイミングで自分の口から退職する旨を伝えるようにしましょう。

まとめ

  • 転職する時は退職の流れを理解しておく
  • 辞める話をする前に情報収集などの準備をしっかりしておく
  • 退職相談は時間に余裕を持って行う
  • 退職するまでの手順は、職場への相談と退職願の提出、必要書類の確認、同僚への報告がある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。