当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が職場を退職する時には、気をつけなければいけない事があります。辞めてしまう職場でも、円満に退職をする事ができれば、次の仕事を気持ちよく始める事ができます。

退職をする時の注意点をまとめました。

退職したい旨を伝える

退職するにあたって、一番気を遣うのが退職する旨を職場に伝えるときです。
退職相談する時の注意点をまとめました。

退職相談は直属の上司にする

退職したい旨を相談するのは直属の上司です。病院であれば看護師長、保健師の職場であれば課長、クリニックの場合は院長に退職したい相談を行います。

総合病院などの大きな組織では、看護師長から部長などの上層部に話を経由して、後日面談をする必要があります。上司や上層部などの職場から退職する旨を了承してもらうまでは、同僚には退職や転職の話は伏せておくようにしましょう。
(参考:転職の手順は?-辞めるまでに)

退職を了承してもらえない事もある

職場に退職希望を伝えても、了承してもらえない事があります。看護師の職場はどこも深刻な人手不足になっていて、退職しようとする看護師は必死に引きとめられます

師長や部長の面談では、「もう少し考え直して欲しい」、「雇用条件の交渉には応じる」などと言われて、退職する話を保留にされる事があります。給料などの条件面や、配属部署の変更などで解決できる退職理由であれば、素直に要望を伝えてみるとよいでしょう。

転職を了承してもらう方法

現役看護師の方の話では、一度退職する話が出たけど、職場に了承してもらえず踏みとどまった同僚が何名もいるとの事です。退職理由が職場への不満である場合や、転職先まで伝えている場合などは、強く引き止められる傾向があります。

引き止められる事が嫌な方は、「家庭の事情がある」「一度看護師の職を離れたい」などといった、職場から引き止められる要素がない言い訳を作るのも手です。

職場の状況を考えて、転職相談をする

転職相談をする時はタイミングがとても重要です。既に欠員が出ていて、既存のスタッフだけで仕事を回す事が困難な状況では、退職を受け入れてもらえないこともあります。自分が退職した後に、同じ技量で仕事を引き継げる後任がいない場合は、引き継ぎ期間を長めに取る事が必要です。

このように、自分が退職して抜けた時に、職場にどのくらいの影響が出るかを考えて転職相談しましょう。自分が抜けると職場が崩壊してしまいそうな状況では、退職時期を3ヶ月後にするなど、職場に準備期間をしっかり与えるようにするとよいでしょう。

退職する為の知識を事前に情報収集しておく

退職する時には、職場との交渉で有利になる事や、注意点などをしっかり把握しておく事が大切です。
退職する時に知っておくと便利な知識をまとめました。

雇用保険の失業手当はすぐにもらえない

退職する勤務先が雇用保険に加入している場合、一定の条件を満たす事で失業手当の給付を受け取れます。退職して収入がなくなっても、しばらくは失業保険の給付があるから大丈夫だと安心してしまう方がいますが、失業手当の給付を受けるには注意点があります

それは、退職後最短でも2ヶ月半程は無職の期間を作らないといけない事や、失業保険の給付申請をしている間に、バイトや派遣などで働いてしまうと給付の対象外になる事です。

雇用保険の失業手当を期待している方は、退職する前にしっかり制度を理解しておきましょう。
(参考URL:https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_guide.html)

退職者の権利を最初から主張しない

労働基準法や、職場の就業規則を見ていると、退職者にとって都合が良い事がたくさん記載されています。
例としては、次のようなものがあります。

  • 就業規則に、退職する以降を1ヶ月前に伝えれば退職できると記載されている
  • 労働基準法で、依願退職する従業員への引き止め行為を禁止している
  • 有給休暇は消化できる権利を雇用者は持っている

こうした知識を事前に把握しておく事はとても大切です。
しかし、最初から雇用者の権利を強く主張して職場へ交渉すると、円満退職に繋がらなくなります。法律や就業規則のルールは、切り札として取っておき、まずは職場にも納得してもらう方法で退職方法を相談するようにしましょう。

まとめ

  • 退職をする時には、職場への伝え方に注意が必要
  • 職場が退職意向を拒否する事もある
  • 職場の状況も考慮して、柔軟に交渉にのぞむ事が大切
  • 退職する前には、労働基準法や就業規則などの予備知識を勉強しておく
  • 円満退職する為には権利の主張を強くせずに、双方が納得する退職方法を職場と相談しながら決めていく

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。