当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が転職をする時には、履歴書と職務経歴書を作る必要があります。

それぞれ、内容によって転職の成功率が変わりますし、作成する時にはコツがあります。
看護師の転職の為の履歴書の作り方についてまとめました。

→職務経歴書の書き方はこちら(参考:職務経歴書の書き方)

履歴書の書き方

履歴書は常勤の仕事に限らず、バイトや派遣などを含めて面接を受ける時には必ず必要になります。履歴書に不備があると印象が悪くなりますので、基本に忠実に作成するように心がけましょう。

まずは、データ版の履歴書を作る

面接で提出する履歴書は、本来手書きで作成します。しかし転職活動をする時には、まずはエクセルやワードなどを活用し、データ版の履歴書から作るようにしましょう。

先にデータ版の履歴書を作るメリットは次のような事があります。

手書きの履歴書を作る時の見本になる

履歴書はボールペンで作成し、間違えた時の修正もできない為、書き間違えると最初からやり直す必要があります。そこで、最初にデータ版の履歴書を作っておけば、手書きの履歴書を作る時の見本になって失敗するリスクを軽減できます。

書類選考でデータ版の履歴書を使える事も

インターネットの普及によって、面接の日程調整など就職活動をする時のやり取りは、電子メールを活用する事も当たり前になってきました。応募した時に、まずは郵送かメールで履歴書の提出を求められる事もあります。

データ版の履歴書を作っておけば、メール送付が可能な書類審査で手書きの履歴書を作る手間が省略されます。病院(企業)によっては、書類審査で履歴書のデータ送付をした後に、面接で再度手書きの履歴書の提出を求められる事もあります。

バイトや派遣の面接では、データ版履歴書を印刷して活用できる

常勤希望の就職活動では、手書きの履歴書を使用する事が求められますが、バイトや派遣など短期の仕事であれば、データ版を印刷した履歴書を使用しても問題ありません。

ただし、手書きと印刷した履歴書を比較すれば、当然手書きの方が印象は良いです。倍率が高い事が予想される求人に応募する時は手書きの履歴書を用意するようにしましょう。

データ版の履歴書はインターネットからテンプレート素材を探す

データ版の履歴書を作る時は、インターネットで無料無料ダウンロードできるテンプレート素材を活用しましょう。様々なテンプレート素材があるので、色々見て好みの書式の履歴書を探しましょう。

当サイトでもサンプルの履歴書を用意しております。

履歴書で間違いやすい項目

履歴書の書き方は、100円均一などで売っている手書きの履歴書用紙などに見本が掲載されています。見本を参考に履歴書を記載するようにしましょう。

ここでは、間違えやすい項目と注意点について紹介します。

日付は面接を受ける日、もしくは先方へ提出する日

履歴書には上部に「○○年○○月○○日現在」と、日付を記載する項目があります。この日付については、面接を受ける場合は面接を受ける当日の日付を記載し、郵送やメールで送付する場合は、発送する日付を記入します。

履歴書を書いた日や、前職を退職した日付を書くのではありません。履歴書の日付は作成する時点では空白にしておき、提出する当日に記入するようにしましょう。

年号は和暦

履歴書には、日付や学歴、職歴、資格取得状況などで年号を記載する項目があります。履歴書の年号は和暦を使います。和暦とは「昭和」「平成」などの表記になります。

例 )
正  昭和60年
誤  1985年

学歴や職歴は和暦で書いているのに、上部の日付などだけ西暦を使ってしまう方もいます。履歴書の年号は全て和暦で統一する事が求められます。

学歴の書き方

履歴書の正しい学歴の書き方は次の順番になります。

  1. 小学校卒業
  2. 中学校卒業
  3. 高校入学
  4. 高校卒業
  5. 大学(専門学校)入学
  6. 大学(専門学校)卒業

小学校卒業から記載をはじめ、義務教育の小学校と中学校は卒業のみ記載します。浪人や留年などの可能性もある高校以上は入学と卒業の双方を記載するようにします。

バイトやパートなどの履歴書は、小学校と中学校を省略される書式もありますが、常勤(正職員)に応募する時は必ず小学校から記載しましょう。

また、学歴を書く時は必ず正式名称で記載します。

例)
正 △△県立□□高等学校入学
誤 県立□□高校入学

職歴を書く時の注意点

看護師の転職では職歴の書き方で悩む方が多いです。職歴は、転職回数や応募する求人によって書き方が異なります。

転職回数が多い方は、入社(入職)と退職でそれぞれ1行ずつ使用して埋めていきます。社会保険に加入していないような短期のバイトなどは省略して問題ありません。

転職回数の少ない方は、配属先や異動の経歴を記載すると、より好印象を与えます。1つの職歴で複数の行を活用しても問題ありません。

例)
平成22年4月  医療法人○○会△△病院入職
        看護部□□病棟配属
        病棟の日常業務の他、新人の教育リーダーを担当
平成26年4月  手術部へ異動
        現在に至る

職歴が多すぎて入りきらない時の対処法

看護師の中には、履歴書の項目に入りきらないくらいの職歴を持っている方もいます。転職回数が多い場合でも、社会保険に加入する仕事への応募では年金手帳などを調べれば分かってしまうので、省略せずに全ての職歴を記載します。

バイトや派遣の場合は、多少古い職歴を省略しても問題ありません。職歴が多すぎて入りきらない時の対処には、次のような手法があります。

  • 項目が大きいフォーマットの履歴書を用意する(A4やA3用紙使用のものなど)
  • エクセルなどを活用し、履歴書のテンプレートを自作する
  • 勤務先や配属部署を1行にまとめる
  • 学歴の始まりを高校卒業からにして、それ以前の学歴を省略する

なるべく、履歴書で職歴をたくさん記入できる書式の物を探して解決するようにしましょう。学歴を省略して職歴で利用できる行を増やす方法は、あまり良いやり方ではないので最終手段として考えるようにしましょう。

志望動機、自己PRは重要

履歴書には「自己PR」や「志望動機」を記載するフリースペースがあります。それぞれ、採否を左右する事もある重要な項目で、面接の時に最も話題に出る可能性が高いです。

自己PRと志望動機でそれぞれ書き方や事例をまとめたページを用意しております。時間をかけて慎重に記載する内容を考えるようにしましょう。
(参考:志望動機の書き方/自己PRの書き方)

免許・資格について

免許と資格の項目では、古い順に資格を記載します。看護師の資格は「看護師免許取得」と記載すれば問題ありません。資格の取得年月は間違えないように注意しましょう。運転免許やその他の資格で履歴書に書きたい物があれば、取得の古い順に記載します。

また、今後取得したい資格があれば、履歴書に書いておくと、勉強意欲が高くて向上心も豊富な看護師だと好感される事があります。資格取得の為に配属先を希望している方も、同様に取得を目指している資格を記載しておくと、要望が伝わりやすくなります。

例)
「内視鏡技師を目指して勉強中」

趣味は、しっかり休日に息抜きできている事をアピールする

履歴書に趣味を記載する項目がある時は、なるべく正直に記載しましょう。看護師の仕事の場合は、趣味の内容よりも、仕事で抱えるストレスを休日にちゃんとリフレッシュされているかを見られます。

真面目な人に見られたくて「読書」などと書くよりも、スポーツや旅行などの方が好感されやすいです。ギャンブルやお酒などは履歴書には使わずに、なるべくクリーンな印象の趣味を記載するようにしましょう。

特技はできれば仕事に通じるもの

履歴書で特技を記載する項目がある場合は、何でもいいので仕事へ通じる物を選んでおくと良いでしょう。

履歴書の特技欄の記載例と、仕事へ繋げる思惑の例を紹介します。

  • パソコン → 仕事での事務作業が得意
  • 誰とでも明るく接する事ができる → 患者や同僚との上手にコミュニケーションが取れる
  • スポーツ → 体力的にも精神的にも自信がある事
  • 手芸や絵を描くなど → 手先の器用さをアピール
自分の短所は、長所にも取れるような書き方をする

履歴書で自分の長所と短所を記入する項目がある場合は、長所は自信がある事をそのまま記載しましょう。

短所については、正直に書いてしまうと悪い印象を与える懸念があります。短所といいつつも、長所にも取れるような書き方をしましょう。

例)
・心配性で確認作業を何度もやってしまう
・自分の考えがなく、上司、先輩のアドバイスに頼る傾向が強い

好きな学科は重要ではない

病院の採用担当者に、履歴書の項目にある「好きな学科」は何を書けば印象が良いのか聞いてきました。

好きな学科の書き方については次のように回答してくれました。

「好きな学科については、履歴書に記載されている方でも見ていませんし興味もありません。看護師の仕事は、義務教育で学ぶ勉強科目に共通している部分は少ないです。つまり、好きな学科が何だったら看護師に向いているなどといった要素はありません。

他の病院の担当採用者も好きな学科は気にしていないと思います。自分の好きな学科をそのまま書いてもいいですし、看護師の求人への応募なら、好きな学科の項目を省略して自己PRなど他の回答にスペースを使っても良いと思います」

履歴書サンプル

以上を踏まえて作成した履歴書のサンプルを用意しました。
履歴書を用意する際の参考にしてみてください。

→履歴書サンプル

まとめ

  • 就職活動をする時はデータ版の履歴書作成からはじめる
  • 履歴書の内容は、先方に好印象を与えられるように配慮する
  • 最低限の履歴書のルールは必ず守る
  • 学歴や日付、資格の書き方などは、しっかり確認しておく

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。