当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の転職には、ナースバンク(e-ナースセンター)を活用する方法があります。
ここでは、ナースバンクの特徴と利用する手順について紹介します。

ナースバンクとは?

ナースバンクとは、各都道府県の看護協会が運営する無料職業紹介事業です。

1992年に制定された「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき設置された経緯があり、厚生労働省の指定を受けて、各都道府県にナースセンターが設置されています。
(参考:https://www.nurse-center.net/nccs/

ナースバンクは看護師版のハローワーク

ナースバンクは厚生労働省の指定の元で運営されていて、求職者も求人を掲載する病院側も無料で利用する事ができます。また、看護師の有資格者を対象に研修やセミナーなどの開催も随時行っています。

雇用保険に関連したサービスや申請などを行っていない違いはありますが、ナースバンクのサービスや運営形態はハローワークと共通している部分があります。その為、ナースバンクは看護師版のハローワークと呼ばれる事があります。

相談員は看護師の有資格者が対応

ナースバンクの特徴は、相談員が看護師免許を持っている有資格者が行っている事です。看護師の仕事経験がある有資格者だからこそ、看護師の悩みを理解して相談に乗ってもらう事ができます。これは、ナースバンクならではの強みです。

しかし、ナースバンクの相談員は看護師の仕事自体は理解していても、求職や転職に対する知識が乏しい事があります。希望条件に合った求人を探してくれたり、応募する病院に条件面の交渉をする事は得意にしていないので注意しましょう。

ナースバンクを利用する手順

実際にナースバンクを利用する方法と手順を紹介します。利用するにあたって、民間の看護師転職サイトとは違った注意点もあります。

利用するには無料登録と半年ごとの更新が必要

ナースバンクを利用するには、無料登録をする事が必要です。登録方法は、インターネットサービスのe-ナースセンターからWEB上で簡単に登録できます。また、ナースバンクの事業所に足を運んで窓口で登録する事もできます。

会員登録をしなくても、体験版で求人検索を利用する事ができますが、全国の求人を全て閲覧したり、実際に応募するには会員登録をしなければいけません。

ナースバンクは会員登録後も半年ごとに更新手続きが必要です。更新手続きはナースバンクの窓口に行くか、ネット上の簡単な手続きで行えます。一度登録すれば、半永久的に利用できる看護師転職サイトとは違ったルールが設けられていますので注意しましょう。

求人を探す

ナースバンクに登録をすると、ネットサービスのe-ナースセンターなどを活用して、求人検索をする事ができます。

ナースバンクの事業所にいって求人を探す事もできますが、ハローワークのようにタッチパネルとプリンター付きの求人設備が整っていなく、相談員も求職者の希望を聞いて求人をピックアップするサービスは行っていません。

つまり、ナースバンクを利用する時は、ネットを活用して、自分で求人を探す必要があるのです。

ナースバンクの求人はハローワークと同様に、募集要項などの文字のみの求人で、職場の写真掲載や担当者からの挨拶などの情報はありません。転職経験が少ない看護師の方は、求人を絞り込むのが難しいというデメリットがあります。

求人に応募するには紹介状が必要

ナースバンクの求人に応募するには、ハローワークと同様に紹介状を求人元に提出する必要があります。提出方法は病院によって、履歴書、職務経歴書と一緒に郵送する方法と、面接を受ける時に提出する方法があります。

紹介状は自宅でプリントアウト可能

ハローワークを利用する時は、事業所に足を運んで面談を受けた後に紹介状を手渡しで受け取る事が必要です。ナースバンクの場合は、事業所に行かなくても、ネット環境とプリンターがあれば、e-ナースセンターを活用して自宅でプリントアウトする事が可能です

しかし、ネット上で紹介状を受け取るには、応募希望を伝えてから平均で1週間前後の時間がかかってしまいます。転職にスピードを求める方は、ナースバンクの事業所に足を運んで直接紹介状を受け取る事が必要になります。

面接をした後は、病院(求人元)と直接交渉

ナースバンクは、求人の紹介や相談、面接の日程調整、紹介状の発行などを行っていますが、面接以降のサポートは手薄です。面接をした後は、病院側から直接採否の連絡を待ち、採用になった場合は勤務開始時期や、労働条件を直接交渉する必要があります

はじめての転職の方など転職に不安を抱えている看護師の方は、ナースバンクよりも民間の看護師転職サイトの方が手厚いサポートを受けられる事から人気が高いです。

まとめ

  • ナースバンクは各都道府県の看護協会が運営する職業紹介事業
  • 運営は厚生労働省の指定の元で行われていて、看護師版のハローワークと表現する事ができる
  • ナースバンクのネットサービス「e-ナースセンター」から手軽に求人検索ができる
  • 利用には無料登録が必要。半年ごとに更新手続きをする必要もある
  • 相談員は看護師の有資格者が対応
  • 求人に応募するには紹介状が必要。紹介状はネット上での交付サービスもあるが時間がかかる
  • 労働条件などの交渉は自分でやる必要がある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。