当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の業界は、新卒で就職した勤務先で定年まで働く方はごく一部です。
全体の9割以上の看護師が、生涯で1度は転職を経験すると言われています。

転職が当たり前の業界でも、はじめて転職であればわからないことが多く、不安も多いことでしょう。

実際、失敗なく転職する際には、注意しなければいけないポイントがたくさんあります。
ここでは初めて転職する時の注意点をまとめました。

月々の生活費と余力を確認する

転職をする時は、一時的に収入が止まってしまう可能性があります。
まずは家賃、光熱費、食費などの月々の生活費がいくらかかっているかを確認しましょう。

すぐに転職しても、収入が途切れる事がある

退職する前に就職先を見つけて、すぐに転職できる場合でも一時的に収入が止まってしまう事があります。

それは、初任給の支払い期間が関係しています。例えば4月入社で給料日が毎月25日の場合でも、初任給が4月に支払われるケースと5月に支払われるケースがあります。

退職先と転職先の給料支払い日の関係によっては、間隔を空けずに転職しても、収入が1ヶ月程止まってしまう事があります。また、給料の支払い日は、勤務先によって25日や10日など様々です。転職して給料日が変わると、収入が止まる期間がより長引いてしまう事もあります。

転職をする時は、無職になる期間がなくても、最低3ヶ月以上の生活費を払える余力を用意しておきましょう。

退職してから転職活動する場合は、生活費を多めに残しておく

一度退職をして無職になってから再就職する場合は、生活費の余力を多めに持っておく事が大切です。転職活動の期間は1〜2ヶ月あれば充分可能ですが、生活費に余裕がないと、スムーズに転職先が決まらなかった時に焦りの気持ちが出てしまいます。

じっくり納得のいく就職先を見つける為にも、直近の生活費の事を気にしなくて済むくらいの余力を持っておきましょう。もし、生活費の余裕がない方は退職時期を送らせて貯金を増やすか、働きながら転職活動するようにしましょう。
(参考:働きながら転職する)

転職するまでの期間が長引いた場合、退職した職場が雇用保険に加入していた事を条件に、失業保険が支払われます。しかし、失業保険の給付を受けるには、最短でも2ヶ月半程の期間が空いてしまいます。転職する時は余裕を持って、4ヶ月〜6ヶ月分くらいの生活費の余力を持っておくとよいでしょう。

転職先に求める優先順位を決めておく

看護師が転職する時には、再就職先に求めたいものを整理しておくのが重要です。

例えば、次のようなものが挙げられます。

  • 体力的な負担を軽減したい
  • 精神的ストレスを解決させたい
  • 勤務時間を短くしたい
  • 夜勤をしたくない
  • 収入を増やしたい
  • キャリアアップを目指したい
  • 看護師としてのスキルを磨きたい
  • 資格を取りたい
  • 家の近くで働きたい
  • 仕事と子育てを両立させたい

こうした転職先に求めたいものをまとめて、さらに自分の中での優先順位をはっきりさせておくようにしましょう。

方向性が出ていない中で転職活動をすると、求人を絞り込むだけで苦労しますし、転職後に新しい不満が出て後悔してしまう事もあります。

はじめての転職は情報収集を念入りに

看護師の転職は情報収集が重要です。転職経験がある方であれば、前回の転職の経験や教訓を生かせますが、初めての転職をされる方はそうはいきません。

求人情報だけではなく、転職のノウハウや看護師業界全体の事を理解しておくようにしましょう。看護師の転職には、次のような知識を持っておくと有利です。

●総合病院には公立系、民間系などがある
(参考:公立病院、民間病院どちらがよい?それぞれのメリット・デメリット)

●転職をサポートするプロのエージェントを無料利用できる
(参考:転職エージェントは使ったほうがいい?)

●看護師の就職先は病院やクリニック以外にもたくさんある
(参考:看護師の働く施設(職場)と仕事内容)

●看護師には様々な雇用形態がある
(参考:看護師の働き方(雇用形態)とその特徴)

●看護師のキャリアアップの方法は資格取得を目指す方法が定番
(参考:27番キャリアアップの方法)

●全体の転職の流れを理解しておく事が必要
(参考:転職の手順、転職の方法シリーズ)

当サイトを含めてネットや、友人や転職エージェントへの相談などを通じて納得いくまで情報収集をして転職に臨むようにしましょう。

クリニックに転職したいなど、方向性がしっかり決まっている方でも、できれば他の職種の特徴や、それぞれの仕事のメリット、デメリットを知っておくと、転職して「やっぱり違う業界を目指せば良かった」と後悔するリスクが少なくなります。

まとめ

  • 初めて転職する時は、まずは月々の生活費の把握や余力の確保が必要
  • 生活費の余力は多めに持っておいた方が良い
  • 転職先に求める優先順位を整理しておく
  • 初めての転職だからこそ、幅広く情報収集をする

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。