当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師は離職率が高く、再就職のハードルも低い事から同じ看護師の仕事への転職をする事が当たり前の業界です。転職の際、どのような流れになるのかをまとめました。

転職のステップ

転職は以下の3つのステップで行います。

  • step1 転職準備
  • step2 転職活動
  • step3 退職相談

それぞれの項目について紹介していきます。

step1. 転職準備

転職準備で必要なのは次の3つです。

①自分が転職に望むことを整理しておく
②転職サイトへの登録などで情報収集開始
③履歴書などの準備を行う

① 自分が転職に望むことを整理しておく

次の勤務先で求める事を自分の中で整理しておきましょう。
例えば次のような事です。

  • キャリアアップをしたい
  • 収入を増やしたい
  • 勤務日数、勤務時間を見直したい
  • 環境を根本的に変えたい(総合病院→クリニック・病院→企業ナースやツアーナース等)
  • 今の職場の人間関係や責任などをリセットしたい
  • 通勤がもっと楽な勤務先に変えたい

自分の考えを整理してどういった仕事をしたいのか考えをまとめておきましょう。

② 転職サイトへの登録などで情報収集開始

ターゲットは一つに絞る必要はありません。まずは幅広くリサーチをしてみましょう。ターゲットが絞れたら、その中から実際にどんな職種の求人が出ているのかを探してみましょう。今はハローワークなどにいかなくても、パソコン・スマホなどネットから様々な求人を探す事ができます。

転職準備を始めるタイミングは思い立ったらすぐが好ましいです。ネットで出ている公開求人だけを見るだけではなく、まずは看護師転職サイトに登録するのもオススメです。当然登録は無料で、非公開求人の閲覧や無料セミナーやカウンセリングなど会員向け特典も多いです。

転職サイトに登録したからといって、すぐに転職をしなければいけない訳ではありません。今の仕事に嫌気がさしたり将来性に不安を感じたら、まずは転職サイトの登録など情報収集などの準備を始めるようしましょう。実際に現役看護師のほとんどは、何かしらの看護師転職サイトのアカウントを持っています。

③ 履歴書などの準備をしておく

転職をする意思が強まってきたら、いつでも面接を受けられるように履歴書のベースの用意をしておくと便利です。

総合病院からクリニックや派遣に転職検討している場合は社会保険の用意がないので、国保や年金になると負担がどれだけ大きくなるかなども調べておくとよいでしょう。

step2.転職活動

準備が完了したら、実際に求人に応募し、面接を受けて内定獲得を目指します。中途採用で再就職する場合、基本的には1回の面接のみで内定へと繋がります

一般的な事例を紹介すると次のようになります。

  • 応募
  • 当日中もしくは翌営業日に担当者より面接調整の連絡
  • 2週間以内を目安に面接の日程調整(応募から面接希望日は早い方が有利です)
  • 面接後、当日〜1週間を目安に採否の返答
  • 勤務開始日の相談
  • 入職説明会、年金手帳など必要書類の提出
  • 就職

看護師の仕事はどこも人手不足で悩んでいるのでスピーディーな対応に応じてくれるケースが多いです。最短だと応募して翌日に面接、その翌日から勤務開始などの事例もあります。

看護師の人材確保に力を入れている所も多いので、今の仕事を優先して面接日や勤務開始日をゆったり調整してもらう事もできます。

自分の要望をしっかりまとめておくようにしましょう

step3.退職相談

次に現在の勤務先に退職の意向を伝えます。病院の場合であれば看護師長など直属の上司に相談します。退職願などの用意は相談して話がまとまってからの提出で問題ありません。仕事のタイミングを見計らって2人で話ができる状況を探して声をかけるようにしましょう。

「退職相談は辞めるどのくらい前にするか」については、一般企業の常識では退職日の1ヶ月前ですが、看護師は人手不足が深刻で1ヶ月後の退職希望では応じてもらえない事もあります。職場環境によっては3ヶ月前などなるべく早めに相談するのがベターです。

「今の勤務先では人手不足がどれだけ必要なのか?」「仕事の引き継ぎや後任問題にどれくらいの時間が必要なのか?」など、自分が退職した時の職場へのダメージを考えて退職相談する時期を考える事が必要です。

転職の際の注意点

転職活動と退職相談はどっちが先

転職の流れでポイントになるのは、「先に転職活動をして内定をもらってから辞める相談をする」か「辞めたい意向を伝えてから転職活動を始める」かです。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の考えをしっかり整理してから決めるようにしましょう。

仕事ができる人程、転職の話がこじれるケースも

先に転職先で内定を取ってから退職の意向伝え、再就職先の入職日の直前に退職して転職をできればスムーズです。これができればリスクは一切なく転職をできます。

しかし病院の多くは深刻な看護師不足に悩まされているほか、仕事ができる看護師が抜けてしまうと職場が混乱するケースもあります。その為、仕事ができる人ほど退職の相談をしても既存の職場にすんなり受け入れてもらえないケースが多くなります。

「転職先の内定をもらっていたのに既存の勤務先が退職を認めてくれず転職を見送ってしまった」という事例も多いです。

実際にこのような事態を経験して転職できなかった現役ナースに話を聞いてきました。
その方の場合は、最も一緒に仕事する機会が多いドクターがクセが強く、内定先の病院を聞いて騒ぎ始めて最終的に退職するのが面倒になり転職予定の職場の内定を辞退しました。転職や退職でモメる事例で多いのは上司やドクターなどで話が分からなかったり、他人の事情を考えられない自己中心的な考えを持っている人がいる時です。

先に退職の意向を伝える事にもメリットがある

就職活動をしていない段階で今の仕事を辞めるのは、不安な気持ちも多いと思います。ただし転職活動を先に行うよりも、しっかり辞める話をまとめてから話をした方がメリットになる部分も多いです。

有給をしっかり消化できる

看護師の職場は「ブラック」と言われる事も多いですが、有給消化や残業代などの支払いはしっかりしています。退職時期を勤務先の都合に合わせたり、余裕を持って設定する事で溜まっている有給をしっかり消化する事も可能です。また、有給を消化しなくても買取相談などに乗ってもらえるケースもあります。

転職先をゆっくり考える事もできる

看護師の職場はどこも人手不足に悩んでいます。面接を受けて採用された場合、なるべく早く勤務できないかと打診されます。その結果、現在の勤務先との退職相談で話がこじれたり、円満退職に結びつかないケースもあります。

仕事を続けながら水面下で転職活動を行うと、多くの求人に応募する事が難しかったり、最初に内定を取った所から早く結論を出すように急かされてしまいます。退職の話をまとめてから、転職活動を始めればゆっくり多くの求人を検討したり話を聞いて自分にベストな転職先を選ぶ事ができます。

雇用保険をもらえる

常勤勤務など雇用保険に入っている職場を退職した場合、再就職までの時間がかかれば雇用保険を受け取る事ができます。雇用保険を受け取る場合、最短でも3ヶ月の働かない期間が必要になりますが、心身ともに追い込まれているケースでは一度リフレッシュしてから、転職先を選ぶ事ができます。

ただし、無給期間ができてしまうので、雇用保険の受給を狙うなら数ヶ月分の生活費を確保しておく事が絶対条件です。

現在の勤務先から、環境の改善提案を受けられる事も

看護師の職場は、離職を食い止める事にも力を入れています。上司に退職したい旨を相談すると、退職せずに今の職場で無理なく続けられる方法を検討してもらえる場合があります。

勤務形態が楽な部署への異動や、雇用形態の変更、人間関係に問題があれば、問題児への厳重注意や部署異動などで働きやすい職場に改善する努力や提案をしてもらえる事もあります。

今の状況であれば退職したいけど、問題が解決されれば踏みとどまってもいいと考えている場合は、転職先を探す前に上司に相談をしてみる事もオススメです。

まとめ

  • 少しでも今の職場に不満がある場合は、最低限看護師転職サイトへの登録をしておく事が必要。
  • 退職相談をする前に、職場から自分がどれだけ必要とされているか考える。自分が抜けた時に職場の負担がどれだけ大きくなるかも考える。
  • 退職相談と就職活動の行う優先順位は、考え方や環境によって違う。今の仕事をスムーズに辞められないケースも想定しておく事が必要。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。