当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師は他の職種と比較しても転職が多い業界です。
看護師の転職について次のような話をよく耳にします。

  • 転職する人が多い
  • 資格さえ持っていれば働き口はいくらでもある
  • 転職をきっかけに年収アップした

それでは、看護師の皆さんはどうやって転職先を探されているのか?
実際の事例や近年変化しつつある転職事情についてまとめました。

看護師の転職先の探し方

一般的な転職先の探し方は次のようなものがあります。

  1. ネットで求人検索する
  2. 看護師転職サイトに登録して掲載求人から探す
  3. 看護師転職サイトのエージェント(担当者)から求人を紹介してもらう
  4. 友人や知人など身内からの紹介・引き抜き
  5. ハローワークを利用する
  6. 折込広告を見る

それぞれの特徴やメリット、デメリットについて詳しく紹介していきます。

ネットで求人検索をする

ネットでの求人検索は、15年近く前に携帯電話やPHSが普及して一気に需要が高まった方法です。
これは転職を考えた時に最初に行動を起こす定番の方法です。

具体的には次のような方法があります。

  • 検索エンジンで「看護師 転職」とキーワード検索をかけて出てくる情報を見る。(エリアや雇用形態、職種など希望条件に合った求人を探す事もできます)
  • 気になっている病院のホームページから採用情報を確認する
  • 登録不要で閲覧できる転職サイトを見る

とりあえず、どのような求人が出ているのか眺めて見たい方から、具体的な転職先を探したい人まで、今の時代はネットがあれば何でも調べる事ができます。

ネットで簡単に掲載できる求人は「公開求人」と呼びます。主に深刻な人手不足や緊急性がある時に病院などの雇用者側は公開求人を出しています。

メリットは登録不要で気軽に検索する事ができる点ですが、デメリットは非公開求人(看護師転職サイトのエージェントの所で紹介しています)が少ない点です

また給料が25万円〜40万円などと記載されていたり、配属部署の詳細がないなど求人情報の内容が薄い事も多いです。

看護師転職サイトを利用する

看護師転職サイトの利用は、近年最も定番になっている転職先の探し方です。「どうやって転職先を探せばよいのか分からない」という方は是非この方法をオススメします。

当サイトでも人気が高い転職サイトを複数紹介しています。どこも無料で利用できるので急いで転職したい方は複数のサイトに登録する事も効果的です。

看護師転職サイトに登録をすると、サイト内に掲載されている求人情報を検索する事ができます。登録不要でできるネット検索に比べて、求人掲載数も多く、内容がより細かく紹介されています。さらに非公開求人や病院側からスカウトをされる事などもあります。

最近では会員向けに無料セミナーや買い物やレジャーの優待制度などの福利厚生を用意している所も多く、登録するメリットがより増えてきています。

こういった事から転職を具体的に考えていない方でも、現役看護師の多くは、何かしらの看護師転職サイトのIDを持っている事が多いです

また利用するサイトによっては、転職エージェントが求人を探すなどサポートをしてくれる事もあります。登録をすると、最初は電話でヒアリングなどの連絡が入る事もありますが、電話相談やカウンセリングが不要の旨を伝えれば、その後は営業の連絡が入る事もほとんどありません。

利用するデメリットが少ないので、もっと多くの求人を見てみたいと思っている方は是非看護師転職サイトを利用してみるとよいでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、一部の看護師転職サイトでサービスの一貫として行っている仲介人の事です。公開求人と非公開求人の中から、要望に合った求人を探してくれます。

非公開求人」とは、応募の殺到を防いだり、採用枠が少なくすぐに埋まってしまう為に、公開をせずに行っている求人です。最近では人員は足りているけど、優秀な人材であれば採用したい思惑で常時非公開の求人を出している所が増えているようです。

転職エージェントは、転職を考えている方の話を聞く事だけではなく、実際に求人を出す病院に営業活動を行っています。面接を受けようと思う病院の内情などにも詳しいので、転職する前に社風など具体的な話を聞く事ができます。

転職に不安がある方や、どうやって求人を探したり、選べばいいのか分からない方には是非転職エージェントを利用する事をオススメします。もちろん全て無料でサポートを受けられますし、希望すれば面接練習の相手になってくれたり、転職後にも相談に乗ってもらう事ができます。

友人や知人など身内からの紹介・引き抜き

職場で敵を作らないタイプの人や、学生時代の同級生や元同僚、同じ職場のドクターなどと社交的に接する事ができる人に多いパターンです。一番多いケースでは、直接の知り合いや紹介などを通じて個人開業医のクリニックへの転職です。

総合病院で働いているドクターが新規に開業するケースは意外に多く、そこで気の知れた同僚を引き抜くケースは珍しくありません。また、クリニックで欠員が出た時に看護師や医療事務などを通じて、「だれか転職してくれる人がいないか?」とドクターが声をかけて話が拡散する事もあります。
他にも、元同僚が他の総合病院に転職して、転職先の方が環境や条件が良かったので仲が良かった元同僚を紹介して転職させるケースなどもあります。

紹介や直接の引き抜きの場合は、ドクターや職場の人間関係などを把握する事ができて、良い話も悪い話も包み隠さず教えてもらえます。その為、転職して失敗するリスクが少ないです。
ただし実際に良い話があるかはタイミング次第で転職しようと思った時に、身内や紹介の求人があるとは限りません。
すぐに転職したい人や転職時期が明確に決まっている人にはオススメできない方法です。

ハローワークを利用する

ネットが普及する前は定番の方法でしたが、最近では看護師の転職でハローワークを利用する方は少ないです。病院など求人を出す側も積極的に予算を使って看護師転職サイトなどに求人を出しているので、求人数自体もネットよりも少なくなりました。

退職をして雇用保険をもらいながら休む期間作りたい人が、雇用保険受給資格を満たす為に求人を探しにハローワークへ行って相談している方が多いようです。

最近ではハローワークに出ている求人はネット掲載されているケースも多いので、雇用保険の絡みがなければハローワークを中心に転職先を探すメリットは少ないです。

折込広告を見る

クリニックや、介護関係の仕事など地元の中小規模の施設が折込広告で求人をよく出しています。近所でパートや非常勤の仕事を探している方は折込広告をチェックしてみる事もオススメです。

常勤でバリバリ働きたい方は、折込広告だけではなくて看護師転職サイトやエージェントを利用して求人を探す事をオススメします。ツールの一つとして活用して折込広告以外の方法でも求人を探すようにしましょう。

現役看護師アンケート!!

実際に転職された方にアンケートを取りました。

今回複数名の現役看護師の方に、職場の同僚や友人・知人などをあたってもらい、実際に転職をした看護師の転職先の探し方についてアンケートを取って頂きました。回答を頂いた総数は108名になりました。

最終的に転職先を見つけた求人は?

  • 看護師転職サイトを利用して自分で求人を探した    48名
  • 身内からの紹介や引き抜き              22名
  • 転職エージェントを利用して紹介してもらった求人   21名
  • 会員登録不要の一般求人をネットで探した       12名
  • 折込広告で、たまたま良い求人があった         3名
  •  

  • 雇用保険受給中にハローワークでみつけた        2名

全体的にネットや転職サイト、エージェントが決め手になった方が多い結果が出ました。今回の調査はベテラン看護師とその周辺の方が中心だったので、紹介や引き抜きも多い結果が出ました。

看護師転職サイトに登録していますか?

  • 2つ以上の看護師転職サイトに登録している    37名
  • 1つだけ看護師転職サイトに登録している     25名
  • 登録制の看護師転職サイトは利用していない    13名
  • 無回答、詳細不明                33名

有効回答があった方のうち、8割以上の方が看護師転職サイトに登録されている結果が出ました。その内半数以上は2つ以上のサイトのアカウントを持っていました。

今回の調査は、調査員が転職理由を把握された周囲の転職実績も含めて調査しているので、転職サイトの利用状況で詳細不明も多数ありました。

転職エージェントを利用した事はありますか?

  • 実際にヒアリングしてもらったり、電話やメールでしっかり相談した事がある                 28名
  • 看護師転職サイトに登録したら担当者がついたが、その後はたまにメールで求人を一方的に案内されている程度  29名
  • 転職エージェントを利用したり、コンタクトを取った事自体が一切ない                    18名
  • 無回答、詳細不明                                             33名

現役の看護師に調査を依頼した事もあって、仕事が忙しいなどの理由で転職エージェントに頼らなかった人も多い結果でした。
しっかりヒアリングや電話、メール相談をした方は27名で、そのうち21名がエージェントからの紹介された求人に転職されている結果にも注目です。

エージェントにしっかり相談すれば、最終的に選ぶ事ができる求人がみつかる可能性は高いデータになっています。

まとめ

ネットを活用して、一般求人や転職サイト、エージェントへの相談で転職先を探している方が圧倒的に多いです。実際に看護師がたくさんいる職場で働いてると、紹介や引き抜きなど直接転職先が見つかるケースもあるようです。

比較的ベテランの看護師の方や2回目以降の転職をする方、前職が多忙だった方などはエージェントを利用する手間を嫌って、自分自身でネットで求人を厳選して探しているようです。

転職に不安がある方や、良い転職先を慎重に探したいと思っている方は転職エージェントの利用が人気と満足度が高いです

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。