当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の仕事は転職率が高い職種で、何度も転職を繰り返す方もいます。

面接を受ける時には、転職が多いと印象が悪く思わるのでしょうか?
看護師の中途採用と転職回数の関係性について紹介します。

転職回数が「多すぎる」と印象が悪い

看護師は再就職が簡単な職種ではありますが、転職回数が多すぎると当然印象は悪くなります。

例えば、採用枠が1名の所で看護師歴3年の応募者が2名来たとします。1人は同じ職場で3年間勤務していて、もう1人は3年間の間に自己都合によって3回転職していました。能力が同じなら、同じ職場でずっと勤めていた方が、採用した時に次も長く働いてくれるだろうと思われ選ばれる可能性が高くなります。

しかし、看護師業界では転職回数が多くても、採用される確率は高いです
もっと詳しく、転職回数と採用基準について見ていきましょう。

病院側は選ぶ余裕がない

看護師を採用する病院側は、まずは看護師の人員補充をする事が最優先です
転職が多いと印象は悪いですが、それでも採用して定着してもらう可能性に賭けてくれます。

優秀な人材や、転職回数が少ない人材に厳選して採用をしていると、人員不足が深刻化してしまう為、多少の事は目をつぶってくれます。

転職回数が理由で不採用になる事はある?

転職回数が多すぎると、総合病院など看護師不足が深刻な職場でも不採用になるケースがあります。

その基準は病院によって違いますが、過去の職場がどこも数ヶ月しか持たずに退職していると、「どうせうちに入ってもすぐに辞めてしまうだろう」と思われて不採用にされる事があります。

転職回数が多すぎて不採用になってしまう方は、一度非常勤や派遣など、楽な仕事を選んで長く続ける事を目標にすると良いでしょう。

非常勤や派遣でも同じ職場や派遣会社で1年以上勤務した実績があれば、再度常勤の面接を受けた時に採用される見込みが高くなります。

転職回数が多いと、面接でつっこまれる?

転職回数が多くても、面接で採用される見込みは充分あります。
しかし転職回数が多すぎると、面接でその事について聞かれる可能性が大きいです。

看護師の職場はどこも人手不足で悩んでいますし、ネット上で「面接官が怖い」などと口コミ投稿されると病院側も困ってしまいます。

その為、圧迫面接などをするケースは少ないですが、柔らかいトーンで退職理由を聞かれたり、「うちに入ったら今度は長く続けてね」などと優しく言われるくらいです。

転職回数が多いからといって、憂鬱な気持ちで面接に臨む必要はありません。不安な方は転職エージェントを利用して、面接に同席してもらうように頼んでみる方法もあります。

転職回数よりも、退職理由が重要

看護師の面接では、転職回数が多くても前の職場の退職理由によっては、印象は悪くなりません。

逆に転職回数が少なくても、前の職場を辞めた理由によっては印象が悪くなってしまいます。
転職活動をする時の退職理由について紹介していきます。

真っ当な理由があれば評価は落ちない

看護師は女性が多い職場の為、家庭の事情で転職する事もあります。
例えば次のようなケースです。

  • 子育ての環境が変わった
  • 夫の転勤
  • 介護による理由
  • 金銭面による影響(夫の給料が下がったので、収入を増やしたい等)

転勤、子育てや介護が絡んでくると、2〜3年後には環境が変わって退職するかもしれないと懸念されますが、「それまでの間はしっかり働いてくれるだろう」と評価されます。

前の職場は人間関係が原因で辞めましたが、面接で言って大丈夫?

人間関係をはじめ、前の職場が嫌で辞めてしまった場合、素直に話をするべきか悩み所です。
面接で嘘を付くのはよくないので、前の職場の人間関係が原因で辞めた場合は素直に話をしても問題ありません。

ただし、ネガティブな理由のみだと印象が悪くなります。前の職場を辞めた理由だけではなくて、「もっと違う仕事に就いてみたかった」、「私はもっと、こういう事をしたい」などポジティブな転職理由も用意しておくようにしましょう。

また前の職場だけでなく、その前の職場も同じような理由で辞めた場合は、全部素直に話をするのではなく、言い訳を用意しておいた方が良いでしょう。

前の職場と面接を受ける病院で条件が違う部分があれば、そこを強調しておく事が効果的です。

例えば「2つ前の職場は人間関係に問題があって退職しました。今回、退職した理由は体力的につらかったからです。御院は勤務時間が前の職場より短く残業も少ないと伺い応募しました」

などと、言い訳を応募動機に繋がる内容にしておく手法などがあります。

まとめ

  • 転職回数は多すぎると印象は悪くなる
  • 転職回数が多くても転職は可能
  • 在籍期間数ヶ月の転職を繰り返すと、不採用になる可能性が大きくなる
  • 転職回数だけではなく、転職理由が重要
  • 転職した経歴については、強い口調で言われる事はない
  • 転職回数などが理由で面接が不安な方は、転職エージェントに依頼して同席してもらう事もできる

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。