当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

就職先の病院を選ぶ時は、大きく分けて「公立病院」と「個人病院」があります。

公立病院は、国立・県立・市立病院などがあります。
個人病院は医療法人○○会などが運営している病院や、企業が運営しているなど、母体が民間になっています。

就職先を選ぶ時は、公立病院と民間の病院のどちらの方が良いのでしょうか?看護学校卒業後、公立病院に勤めて、その後民間の個人病院へ転職した現役看護師の方に話を聞いてきました。

人気が高い就職先は公立病院

個人病院と比較した場合、全体的に公立病院の方が人気が高いです。
それは次のような理由からです。

公立病院の方が給料待遇がしっかりしている

全体的な傾向では公立病院で働いた方が民間の病院よりも給料が高い傾向があります。もちろん個人病院の中には公立病院よりも高い条件を提示している事もあります。

個人病院は病院によって給料の格差が大きいですが、公立病院は給料が高い水準で安定しています。公立病院の方が必ず給料が高いとは言い切れませんが、看護師の平均給与水準よりも少ないということはほとんどありません。

公立病院の方が管理がしっかりしている

公立病院の方が仕事をするにあたっての、職場のルールやマニュアル、管理体制がしっかりしています。特に新人の方にとっては教育体制が整っていますし、経験者の方でも気持ちよく仕事しやすい環境が整っています。

管理体制が悪い病院へ就職すると、教えてもらう先輩によって言っている事が違って混乱する事もあります。民間の個人病院でも管理がしっかりしている所はありますが、公立の方が管理やルール作りに問題を抱えている所が少ないでしょう。

公立病院のデメリット

公立病院は全ての要素で民間の病院より優れているのでしょうか?
公立病院のデメリットについて紹介します。

派閥が多い傾向がある

大きい公立病院では、看護大学や看護学校を持っている所があります。看護師の多くは系列学校の卒業生で、派閥が多くて人間関係に問題を抱えている事もあります。

また中途入社だと、新卒組の中に溶け込む事が難しかったり、出世しにくい事があります。

中途採用はパートの比率が多い

公立病院の転職情報ではパート勤務の比率が多い所もあります。
正社員(正職員)希望の方の場合、公立病院の求人数が少なくて、転職先探しに苦労する事もあります。

規則が厳しい

公立病院は規則が厳しい傾向があります。
例えば、経度の茶髪も一切禁止にしている所や、車通勤を認めてくれない所があります。

緩い職場を求めている方は、民間の中小規模の個人病院の中から探した方が希望条件を満たす職場が見つかりやすいです。

公立病院にこだわった方がいい?

今回話を聞かせてくれた現役看護師の方は、公立病院を退職して、個人病院に再就職しました。この方は、公立病院と個人病院の求人を比較して、結局個人病院を選びました。

転職先を選ぶ時に、公立病院にこだわった方がいいのかを聞いてきました。

公立病院にこだわりを持つ必要はない

話を聞かせてくれた現役看護師の方は、公立病院の良さを理解している上で、個人病院へ転職した理由を次のように語ってくれました。

「立地や配属先、給料などの待遇が同じ条件で公立病院と個人病院の2つの求人があれば迷わず公立病院を選びます。だけど公立と民間の差はその程度です

求人を探して気になる所を見つけたから、個人病院を理由に見送る必要性は全く感じませんでした。

これから、転職先を探す方は公立病院だけにこだわるのではなくて、公立、民間問わず色々な選択肢から自分に合った求人を探してみてください。」

公立や民間など運営母体は、あくまでも病院選びのポイントの一つ

転職先を探す時には「勤務地」、「給料」、「仕事内容」など様々な病院選びのポイントがあります。公立か民間かは、あくまでそのうちの一つです。全ての希望条件を満たしている求人を見つける事は難しく、多くの方が何かしら妥協して転職先を見つけています。

公立や民間などの運営母体は、様々な転職する病院探しのポイントの一つで、真っ先に妥協できるポイントです

しかし、今回アドバイスをくれた転職経験のある看護師の方は、特定の医療法人やグループ病院の一部では評判が非常に悪く、ここだけは行きたくないと思っていた病院があったようです。

こうした悪い評判はネットの情報だけではなく、看護師の仕事をしていると極端に悪い噂は耳に入ってきます。

まとめ

  • 公立病院と民間病院を比較すれば、公立病院の方が全体的に良い職場が多い
  • 派閥や中途の採用枠などで公立病院のデメリットもある
  • 就職先探しで公立病院に強いこだわりを持つ必要はない。同じ条件であれば公立を選ぶくらいの気持ちで充分
  • まずは公立や民間にこだわらず、全体の求人から、気になる求人をピックアップして検討する事が必要

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。