当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

病院には、大きく分けて内科系と外科系の診療科があります。
「内科」であれば、一般内科や呼吸器内科、消化器内科、小児科など。「外科」であれば整形外科や耳鼻科、眼科など、様々な診療科に分かれています。

病院の勤務形態によっても変わりますが、数年〜数十年看護師としての実務経験を持っていたとしても、「内科専門でやっていたので、外科の事は一切分からない」という方や、「外科系で勤務していたけど、整形外科、皮膚科、一般外科などは分かるけど、眼科や耳鼻科の仕事はした事がない」など得意分野が限定されている方が多いです。全ての科の仕事を全部こなせる方は、キャリア数十年のベテラン看護師でも、ごく一部しかいないでしょう

ここでは、経験のない科へ転職する場合の難易度についてまとめてみました。

総合病院では、診療科ごとの経験はあまり求めていない

様々な診療科を持っている総合病院の場合は、看護師としてのキャリアは確認しますが、それまでの経験がある科にはこだわりはありません

もちろん、経験豊富な科へ配属させれば、即戦力として期待されます。しかし、看護師不足で悩んでいる病院側としては、経験がある科へ優先させて配属させるよりも、人手不足が深刻な科への配属を優先させます。

「それぞれの科での仕事は配属してから覚えてもらえれば良い」というのが病院側の考えです。

経験がある科だから苦戦をするケースも

同じ診療科でも、病院によって仕事の流れやルールが異なります。前の職場と同じ科へ配属された場合、患者への処置に対してはある程度対応できます。しかし現場で働く時は、その科の患者の特性を理解するだけではなく、病院ごとのルールを覚える事が大切です

他の病院で経験を積んだプライドが高い看護師よりも、科の専門性や知識がなく仕事を一から教えてもらいながら覚える未経験者の方が早く職場に溶け込めるケースもあります。

経験のない科への希望を出す事は可能?

看護師の転職では、転職をきっかけに違う科へチャレンジしようと思う方が多いです。多いのは、療養病棟勤務だった看護師が回復病棟や外来などの急性期などへ環境を変えようとするケースです。

病院が看護師の採用面接をする時は、経験のない科への配属であっても、前向きに検討してもらう事ができます。ただし採用されてから、その時の人員状況で希望を考慮されずに配属先が決まってしまう事も多いです。

このような事態になってしまう原因の一つは、面接で最初に希望は伝えるけど、「他の科での勤務は一切できないのか?」と言われて、まずは採用されたいという気持ちから、「必要であれば・・・」と軽く答えてしまう事です。配属先の科に希望があれば、できれば転職エージェントを間に入れて、希望する科を限定して勤務先を探す手伝いをしてもらうようにしましょう。

病院側は看護師の希望を尊重してくれる理由とその背景

様々な科がある総合病院であれば、経験の有無に関わらず配属された科への希望を考慮してくれます。これは病院全体が看護師の人手不足に困っているからです。

病院側は、まずは経験がなくても希望する科で仕事をさせてみて、どうしてもそこの科への適性がないと判断されたり、上司から使えないと判断されたら、最終的に部署異動で他の科へ異動させれば良いと考えています。

実際に入職後、数ヶ月勤務して違う科へ異動させられてしまうケースもよくあります。しかし、短期間で部署異動させられる場合、本人も向いていない事を実感していて、部署異動を拒否するケースも少ないです。

クリニックへの転職について

一つの科に限定している所が多く、また看護師の人数自体が少ないクリニックでは、経験の有無の重要性がクリニックごとに異なります。

2年前に総合病院勤務から独立してクリニックを開院した開業医の方から、看護師の採用基準について話を聞く事ができました。

クリニックの採用基準は科によって違う

ドクター1人もしくは一部バイト医師などを含めて若干名で運営しているクリニックの場合は、診察する科によって看護師の採用基準が異なります。

例えば、次のようなものです。

  • 耳鼻科は看護師がいなくても運営できるので医療事務による診療介助だけで充分
  • 整形外科は看護師の必要な仕事はすぐに覚えられるので、経験よりも人物や人柄重視で選ぶ
  • 内視鏡や簡単な手術を行うクリニックは、その分野に経験がある看護師が優遇される

このようにクリニックでも科によって状況は変わりますし、クリニックは開業医の考えが全てなので、同じ科を扱っていてもクリニックごとに選考基準は異なります。

例えば、経験の有無を問わずクリニックの耳鼻科に転職したいと思った場合、看護師の求人自体がほとんどありません。また日帰り手術など、高度の医療処置を行えるクリニックの場合は、経験者が優遇されて未経験者は中々採用してもらえない傾向があります。

経験が無い科のクリニックへの転職はどうすればいい?

クリニックの選考基準は、科によって違いますし、院長の方針によっても変わってきます。経験があったとしても、不採用になるケースも多いですし、希望する科への求人があっても雇用形態が希望と違ったり、勤務地が遠いなど、他の条件が満たされない場合もあります。

クリニックは人の入れ替わりが多い所もたくさんあります。経験が無い科でも転職活動を根気強く行えば、きっと希望通りのクリニックへ採用してもらえるでしょう。

転職先に希望が強い場合は、時間に余裕を見て根気強く就職活動をするか、クリニックに強い看護師エージェントに依頼して、採用見込みが強く希望条件を満たしているクリニックの求人を探してもらう事がオススメです

まとめ

経験のない科へ転職する事は状況によって変わっています。

・転職先が総合病院かクリニックか?
・勤務先の病院の方針
・希望する科の特色
・希望する科の人手不足の状況
・運の良さ

これらによって、すぐに転職先が見つかる事もあれば、苦労するケースもあります。全体的に総合病院であれば、高い確率で希望する科へ配属される条件で採用してもらえます。

ただし面接で「他の科でも勤務できます」と言ってしまう人も多いですが、病院やクリニックに限らず、転職先の科で強いこだわりがあれば、転職エージェントに相談する事がオススメです。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。