当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が転職で病院側を評価する時のポイントについてまとめました。

求人を見ても、どこの病院を選んでいいのか分からない方の為に、転職経験がある先輩看護師に、実際にどういう事を見ておけばよいのかアドバイスをもらってきました。

求人に記載されてある情報から評価する

看護師求人に記載されている募集要項を見ると、次の項目があります。

資格 正看護師、准看護師、保健士など、応募するにあたって必要な資格が記載されています。
雇用形態 正社員(正職員)、非常勤、パートなどの募集している雇用形態が記載されています。
求人内容 病棟や外来など募集している配属部署が紹介されている場合があります。
基本給 会員登録不要で閲覧できる公開求人の場合、「25万円〜40万円」など幅広い金額提示や「年齢、経験、能力を考慮の上、規定により決定」など具体的な金額明示をしていないケースもあります。
昇給 看護師の仕事であれば基本的に年1回です。
賞与 ボーナスの事です。一般的には年2回です。看護師の求人では、年間○ヶ月分などと具体的な目安を求人で明示している事はあまりありません。
福利厚生 社会保険や託児所の用意、部活動など従業員向けのサービスを紹介しています。
手当 通勤手当、夜勤手当、独身寮、住宅手当などの手当の内容が記載されています。資格手当など一部の手当は求人には記載されていない事もあります。
勤務時間 始業時間と終業時間が明記されています。夜勤がある場合は交代時間や2交代・3交代などの詳細が記載されています。
休日/休職 病棟勤務の場合は4週8休制など。クリニックや外来であれば土日祝日休みなどと紹介されています。年間休日数や有給休暇の有無、慶弔休暇 出産・育児休暇なども紹介されています。

このように、募集要項はどこの職場も同じような項目が並んでいます。
資格、雇用形態などは一目見るだけで理解できますが、基本給とか休日、残業の頻度などは求人の記載内容だけ見ても分からない事もあります。

もう少し詳しく、求人概要のポイントを紹介していきます。

基本給の見方や判断方法について

求人で大切なポイントが給料です。
実際にどのくらいの基本給がもらえるのか把握したい場合は次の方法があります。

  • 看護師エージェントを入れて相談する
  • 登録制看護師転職サイトに登録する
  • 直接問い合わせる

自分自信で直接問い合わせるのはハードルが高いので、看護師エージェントを利用する事が最もスムーズです。転職エージェントを利用すれば、自分の経験や年齢などに応じて、概算の基本給の提示をしてもらう事ができます。

基本給が高いと、ボーナスや退職金の比率も上がります。手当などを含めた総額を見る事も必要ですが、なるべく基本給自体が高い方が好条件だと言えます。

ただし、基本給が高い職場は激務で離職率が高い場合もあります。給料と仕事内容のバランスは求人だけで判断する事は難しいので、転職エージェントに説明してもらうと良いでしょう。

賞与の相場はいくら?

一般的な総合病院や大型介護施設であれば、夏と冬のボーナスを合わせて年間4.5ヶ月分が相場です
クリニックでは年間2ヶ月分が相場で、一部ボーナスがない職場もあるので求人でしっかり賞与の記載があるか確認しておきましょう。

福利厚生は病院によって違う?

運営元が医療法人や公立系などの規模が大きい職場であれば、一通り社会保険には加入されています。社会保険に加入していると、厚生年金や健康保険の費用を職場側が半分負担する決まりになっています。

しかし、開業医のクリニックでは社会保険に全て加入していない所もあります。給料が同じでも社会保険が未加入で、国民健康保険や国民年金への加入が必要な場合は、手元に残るお金が少なくなるので注意しましょう。

また、大きい病院であれば託児所やレクレーションなどの福利厚生が充実していますが、労働組合への会費などが別途必要になる事もあります。

求人に記載されている休日数は本当に消化できますか?

看護師の仕事は休みが少ない所も多く、年間休日120日などと記載していても、実際にはそこまで休めない事もあります。公休や有給の消化率については求人内容だけでは判断できません。転職エージェントや口コミ情報をチェックするようにしましょう。

求人記載の休日数を鵜呑みにすると、転職してから「話が違う」と思ってしまう事もあります。

求人項目以外の情報で病院を評価する

転職経験がある看護師の方に話を聞いた所、就職先に求めるものは求人概要に記載されているものだけではないようです。
具体的にどのようなポイントがあるのか見ていきます。

管理や仕事のルール作りがしっかりしている

病院によって、管理の徹底や仕事のマニュアルやルールがしっかりしている所と、そうでない所があります。

例えば、しっかりしている病院であれば点滴を作る時に水道周辺では作業しないルールが徹底されていて、点滴作業をする専用スペースがありますが、管理がずさんな病院だと、本当はルール違反の水道周辺で作業する事が当たり前になっています。

新卒や病院勤務が初めての方は、こうした事はあまり気になりませんが、前の職場がしっかり管理されていた方の場合、管理がずさんな職場へ転職すると、処置をする時に抵抗心を抱いてしまう事もあります。

看護師の方は正義感が高い方が多いので、正しい処置ができる現場環境を評価して転職先を探している方もいます。

こうした病院の管理体制の評価は、口コミ情報などによって調べる事が効果的です。また、新設されたばかりの新しい病院は管理体制や設備が徹底されています。病院機能評価を見る方法もありますが、監査の時だけ綺麗に見せている病院が多いので、あまりアテにできません。

希望を考慮してくれるかどうか

配属されたい部署や雇用形態などは求人概要では複数記載されている事があります。
本人の希望を考慮してもらえるかは病院次第です。面接の時にしっかり主張しておかないと、入職したら希望していない部署に配属になってしまう事もあります。

面接や入社説明会でしっかり確認しておく事や、転職エージェントを利用して、希望を考慮されるように事前に交渉してもらう方法があります。

人間関係などはネットの口コミを参考にする

看護師の職場は求人概要では分からないような、人間関係や上層部の無能さなど様々な問題を抱えている事があります。
そこでオススメなのがネットの口コミ情報を参考にする事です。

他にも転職エージェントから話を聞く方法もありますが、都合が良い話しかしてもらえない事もあるので、疑いの目を向けて話を聞くようにしましょう。

ネットの口コミ投稿では、悪い評判もたくさんあります。総合病院などは、悪い評判は必ずあるので、口コミ内容が完璧な所を探すのではなく、傾向や自分の重視しているポイントを参考にする程度で閲覧しましょう

まとめ

  • 求人概要は重要ですが、必要な情報は全て把握できない
  • 開業医のクリニックでは、社会保険や賞与の条件が悪い傾向がある
  • 転職エージェントや登録制求人サイトでより細かい情報をチェックする
  • 管理や希望の考慮など、求人概要以外の事も評価ポイントになる
  • ネットの口コミ情報は参考になる

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。