当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

転職を考えている看護師の方から、こんな相談を頂きました。

「看護師で転職を考えているのですが、クリニックは実際、楽ですか?スキルアップや高額給与には興味ありません。」

クリニックの環境を簡単にまとめると次のようになります。

  • 病院に比べてスキルアップはなく出世のポストがない
  • 病院の病棟勤務をするよりも給料が下がる事がある
  • 夜勤がなく、休みはしっかりしている

今回の相談者の場合、スキルアップや高額給与には興味がないと言っています。
看護師の資格を持っている方でも、大型病院の激務に嫌気がさして、最低限の給料で無理なく働きたいと思っている方はたくさんいます

それでは、実際クリニックの勤務は実際の所「楽なのか?」についてポイントをまとめてみました。

クリニック勤務のメリットデメリット

総合病院勤務とクリニック勤務の仕事の内容や、勤務時間、休日などについて比較しました。

クリニック勤務は診察介助が中心

クリニックの看護師はほとんどが患者を診察する時の介助をメイン業務にしています。必要に応じて点滴や注射など必要な処置をします。
クリニックの場合は医師自ら簡単な注射を打つ事も多いので、病院に比べて医療行為をする事自体が少なくなります

クリニックによっては内視鏡や日帰り手術を行っているケースもあるので、ドクターとの阿吽の呼吸を求められる仕事も多いです。

仕事自体は楽ですぐに慣れます。重度の患者であれば大きい病院へ紹介状の対応になるので患者は経度の症状の方の割合が大きいです。一般的な開業医であれば一つの科しか担当していないので覚える事や、やる事も総合病院勤務に比べて少なくなります。

ただし、人が少ないので看護師同士での仕事の分担という考え方が少なく、スタッフ一人一人がクリニック内の事を把握しておく必要があり、雑務の割合も多くなります。

クリニックは土地柄や季節柄が顕著に現れる事も

クリニックでは立地や診療する科によって、患者の傾向や繁忙期が顕著に現れる事がよくあります。
代表事例には次のようなものがあります。

  • 耳鼻科は春秋の花粉の時期が忙しくなる
  • 内科は秋からインフルエンザの予防接種が立て込んで、冬には風邪患者が殺到する
  • 大規模な駅前の好立地クリニックでは仕事帰りの方で夕方以降の時間が忙しくなる
  • 交通の便が悪いクリニックでの患者は近所の老人が中心

このようにクリニックによっては繁忙期に残業が多くなったり、遅番勤務の割合が多いなどの特徴が出る事もあります。興味を持ったクリニックの特徴や傾向を事前に考えてから転職を検討するようにしましょう。

常勤だと昼休みが長く拘束時間も長い

総合病院などで日勤の仕事をする場合、一般的には8時30分〜17時が定時間になります。しかしクリニックの場合は9時〜19時だったり、8時30分〜18時となるなど、病院よりも拘束時間が長い事があります。

その理由は、診療が午前と午後に分かれていて昼休みが2時間前後設定されている事が多いからです。

昼休みは自由なので、近所にランチや買い物に出かけたり、家が近くであれば一度帰宅しても問題はありません。その分実働時間は同じでも、拘束時間も長くなってしまう点がクリニック勤務のデメリットの一つです

クリニックは短時間のパートがある

クリニックは診療が午前と午後で分かれているので、短時間のパート勤務を選べる所があります。午前中だけなど、自分の生活スタイルに合わせて、近所の職場で無理なく働く事もできるのがクリニックの魅力です

短時間勤務の場合は時給制のパートのみ受け付けてもらえる事が一般的です。

休みはしっかりしている

病棟勤務の場合、休みはシフト制で人員不足が深刻だと7連勤以上のシフトが出る事も珍しくありません。その辺クリニックでは休診日があるので休みはしっかりしています。

一般的には日曜日と平日1日、土曜日半日の週2.5日の休みをもらえる所が多いようです。その他祝日も休みになる事も多いですが、クリニックによっては休みが週1.5日か2日だったり祝日も診療しているケースもあります。

クリニックの休みに関してはホームページや求人、クリニックの看板で診療時間と休診日が明記してあるので事前に確認をしておきましょう。

希望休での長期休暇は取りにくい

クリニックは普段の休みはしっかりしていますが、人が少ないので自分の希望で長期休暇を取るのが難しいです。

年末年始はどこでもしっかり長期休暇がありますが、家族や友人の都合に合わせて年に1〜2回長期休暇を取って旅行に行きたいという希望がある人は、あまりクリニック勤務には向いていません。

またクリニックの場合は、医師の学会の都合などで年に1回を目安に3〜4日の連休が取れる事が多いです。

常勤は当日欠勤がしにくい

看護師が多数在籍している総合病院であれば、子供の発熱などを理由に当日欠勤しても職場に大きな影響はありません。しかし少ない人数で運営しているクリニックの場合、常勤が当日に休みを取ってしまうと残ったスタッフの負担が大きくなります。

パートや非常勤であれば、多少は融通がききますが常勤の場合は理由があれば休む事はできても、気が引けてしまい多少無理してでも当日欠勤しない働き方をする結果になりやすいです。

クリニック勤務は開業医との相性が重要

クリニック勤務のメリットは仕事で接する医師が少ない事です。総合病院で勤務をした場合、多くの医師と一緒に仕事をする事になります。そうすると必然的に気が合うドクターと苦手なドクターが出てきます。

クリニック勤務の場合は、ほとんどの時間を開業医(院長)1名と一緒に仕事をします。
そのドクターの人柄が良くて気が合う人であれば、総合病院勤務よりも精神的負担が少なくなってきます。しかし、ドクターがクセ者だったり相性が悪いと、気が紛れる逃げ道がないので仕事に対してのストレスが大きくなる場合もあります。

クリニックでは常勤医師の他にも、週に1〜2回バイトで他の医師が来るケースもあります。バイトで来る医師は、気を使って仕事をしてくれますし、看護師と相性が悪いとバイトの医師を切ってもらえる事もあるので、ほとんど気にしないで大丈夫です。

クリニックは開業医(院長)と上手にやっていけるかが、仕事をストレスなくこなせるかどうかの最大の焦点です

クリニックの職場探しのポイント

クリニックへの転職で失敗しない対処法としては、クリニックの場合は開業医自ら面接を担当する事が一般的なので、面接を受ける時は自分も医師を判断する立場だと思って臨むようにしましょう。
家から近くのクリニックで内定を貰えたとしても、開業医の人柄や雰囲気に不安があれば辞退して他のクリニックを探す事も必要です

現在総合病院で働いている方や、仲の良い友人で総合病院に勤務している人がいる場合、新規で開業するドクターがオープニングスタッフを身内や紹介で探す事がよくあります。
それまで一緒に働いていた医師からの引き抜きや、信頼できる方からの紹介であれば、その医師がどんな人なのか事前に把握する事ができるので転職後に後悔するリスクが大幅に少なくなります。

医療業界で勤務していたり、退職した方や看護学校時代の同級生との関係性を持っておくと、意外なくらい新規開業のオープニングスタッフや既存のクリニックへの引き抜きの話が入ってくるものです。

急いで転職しなければいけない事情がないのであれば、一般求人で探すだけではなく、直接もしくは紹介でのクリニック勤務の話を待ってみる事もオススメです。
気の知れた看護師をはじめ医療従事者の知り合いが多い人は、「クリニックへの転職を考えているのだけど良い所知らない?」と声をかけてもみる事も効果的です。

自分のコネクションを使う以外にも、地域に強い転職エージェントに相談すると、クリニックのドクターにしっかりヒアリングをしてどんな性格の院長なのかを教えてもらえる事ができます。

まとめ

  • クリニックの仕事内容自体は総合病院よりも楽だけど、雑務を含めクリニック内の仕事を全部こなせるようになる事が求められる
  • クリニックの院長と毎日一緒に仕事をするので、相性が重要になってくる
  • クリニックごとで、繁忙期や患者の客層、混雑時間が変わってくる
  • 昼休みが長くて拘束時間も長い
  • 休診日があるので普段の休みはしっかり規則正しく消化できるが、希望休での長期休暇は取りにくい
  • 常勤以外にも短時間のパート勤務の働き方ができる

このように、全般的にはクリニックで働く事は総合病院に比べて、心身ともに楽な部分も多いですがメリットだけではなくてデメリットもあります。

クリニックの特徴・傾向やドクターの人柄を考慮して転職する検討をしていく事が必要です。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。