当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の悩みで「夫の転勤が多い」という相談をよく頂きます。
どのような悩みの種があるのか、その例と対処法などを紹介します。

夫の転勤の度に、転職先を探さなければいけない

夫の転勤では、看護師の妻も一度仕事を辞めて、転勤先から通える範囲内で転職先を探さなければいけません。

看護師の仕事は求人数が豊富なので、転勤先でも簡単に新しい仕事を探す事ができます。
(参考:夫の転勤先で看護師としての仕事を見るけるのは簡単?)

しかし、夫の転勤のために、都度仕事を変えるのはデメリットもあります。夫が転勤族で転職を繰り返す看護師の悩みには、次のようなことがあります。

  • 仕事を毎回覚えるのが大変
  • せっかく同僚と仲良くなったのに、人間関係の構築を一からはじめないといけない
  • 転職後1年はボーナスをしっかりもらえない
  • 病院やクリニックでは採用されますが、保健師の資格を活かした仕事に就職できない
  • 同じ職場で長く勤めて出世やキャリアアップを目指したい
  • 地方に行くと給料が下がる

どの悩みも夫の転勤で付いていくのであれば、避けては通れない道です。

夫の転勤の悩み、解決策

夫が転勤族による事で、妻の看護師の仕事の悩みを解決するには、次の2つの方法があります。

  • 夫に単身赴任してもらい、妻の看護師は同じ職場で長く働く
  • 夫の転勤に付いていく事を前提に、その中で解決策を探す

それぞれ詳しく解説します。

夫に単身赴任してもらう方法

夫が転勤族、妻が看護師という家庭では、夫に単身赴任してもらって、妻がそれまでの地域に残るケースもあります。

これは、妻の仕事の都合だけではなく、子供の事を考えた上での選択になっている事もあります。都会への転居であればまだ良いですが、車がないと移動できないような地方へ転勤してしまうと、子供の行動範囲も狭まり、習い事が少ないなど障害も増えていきます。

子育ての都合だけではなく、子供が大きくなって自立した夫婦も、夫が単身赴任することがあります。子供が大きくなる頃には、夫婦間で多少の距離を求める方もいますし、その頃には妻の看護師が出世して、気軽に転職できない状況になっている事もあります。

夫が単身赴任すると、生活費が多く発生してしまいますが、しっかり稼ぐ事ができる看護師の妻がいる家庭では、大きな問題点にはならないようです

今すぐに単身赴任をするかどうかを決めるのではなく、「子供が小学校にあがったら考える」、「夫が40歳になっても本部へ異動できなかったら考える」など、何か基準を決めて将来の話をしておく事も大切です

転勤に付いていく事を前提に、その中で解決策を探す

家族は全員がいつも一緒に生活する事が理想的です。転勤族の夫に一緒に付いていくほうが精神的に良い場合も多いです。

この場合は、夫の転勤で定期的に転職する事を前提にして、その中で解決策を探さなければいけません。

どうしようもない事と、解決策がある事で線引きをする

夫の転勤にその都度付いていく事を決めたのであれば、諦めなければいけない事と、解決策がある事で線引きしましょう。例えば、一定期間で退職して転職を繰り返すのであれば、1年目はボーナスを満額もらえないのは我慢する、毎回職場のルールを覚えなおすことも我慢するなどです。

しかし、地方に行く事によって給料が下がるのであれば、転職活動を事前に準備して少しでも良い求人を探せば、ある程度格差の穴埋めをする事ができます。

出世やキャリアアップする事も、夫の転勤事情で長い期間同じ職場で働けないのであれば、ある程度は割り切らないといけません。しかし、認定や専門看護師を取る為に、希望する分野に配置される仕事を探したり、それまでの経験を評価してもらえる勤務先を探すなど対処法もあります。

まずは、夫が転勤族による事で起こる看護師の妻の問題点をしっかり整理して、最善の方法を探すようにしましょう。問題点の整理と、その中でこだわりたいポイントや希望が定まったら、転職エージェントを利用して相談する事も効果的です。

バリバリ働く事を諦める

夫が定期的に転勤する仕事に就いている場合は、大企業の総合職や、国家公務員など堅い仕事のケースがほとんどです。看護師の妻もせっかく資格を持っているので、しっかり働きたい気持ちもあると思いますが、夫の転勤に付き合う事を決めたのであれば、バリバリ働く事を諦める方法もあります。

家庭に入って専業主婦をしてもいいですし、パートなどで働く方法もあります。看護師の仕事は、一度第一線を退いたり、ブランクがあけても、また環境が変わってからバリバリ働く事もできます

夫の転勤が必要な事であれば、妻の看護師の仕事は一度休むか、負担を減らす方法を考える方も多いです。

まとめ

  • 夫の転勤が多い場合は、一緒に付いていくか、単身赴任してもらう方法がある
  • 夫の単身赴任の検討は、直近の話だけをするのではなく、将来的な話を前もって話しておく
  • 転勤に付いていくのであれば、その中で解決策を探す
  • 夫が定期的に転勤している期間は、バリバリ働く事を諦める方法がある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。