当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

ベテラン看護師の中では「昇進したくない」という悩みを抱えている方がいます。

某看護師転職サイトが現役看護師に行ったアンケートでは、「出世したいですか?」という質問に約8割の方が「いいえ」と回答しています。昇進を拒否する看護師の心境や、近年の看護師事情の傾向を紹介します。

看護師が昇進したくない理由

看護師を昇進したくない理由には次のような意見があります。

  • 残業が増える
  • 全体会議や雑務、新人指導や相談などサービス残業も必要な雑務が増える
  • 自分の仕事の事だけを考えられる役職なしでも充分な給料をもらえる
  • 既に役職が付いている上司の姿を見て魅力を感じない
  • 面倒な仕事をたくさん押し付けられる
  • 主任になった時の役職手当が1〜2万円程度じゃ割に合わない
  • 師長などの指示を出す立場よりも、患者と接する現場の仕事をしたい

激務になる事や仕事のストレスが増える事を理由にしている意見が多く、手当が少なく、役職なしの給料でも満足している事も追い風になっているようです。

キャリアアップやスキルアップと昇進したくない気持ちは別

昇進したくないと思っている看護師は向上心が無い訳ではありません。

キャリアアップやスキルアップを目指している看護師は、昇進だけではなく、看護師としてのレベルを高めて、よりレベルの高い処置や判断を行い、自信を持って仕事をする事を目的にしています。

また、病院から評価される資格を取得する事で、転職の際に有利にしたいという考えを持っている方もたくさんいます。

ひとつの職場で骨を埋める気を持っていない

看護師は転職が当たり前と言われている業界です。
今すぐに転職を考えていなくても、同じ職場で定年まで働こうと思っている方は少数派です。

看護師の方のほとんどは、キャリアアップの目的や結婚、出産などのタイミングで、いつかは退職や転職をしようと考えています。その為、師長や部長などの管理職までのビジョンが見えていない事から、「主任などの役職に魅力を感じない」といった意見があります。

昇進する看護師の選考方法

某病院で看護師長を務めている現役看護師の方から、昇進させる看護師の選考方法について聞いてきました。

勤続年数は関係ない

看護師は転職する方が多く、中途採用者の比率が高い特徴があります。一般企業であれば、新卒の生え抜きを優先して昇進させる傾向がありますが、看護師は能力と適性が高ければ中途採用者でも即役職を付けるケースもあります。

看護師は気が強い方もいるので、新卒で10年勤めた30代前半の若手に役職を付けても、40歳前後の中途入社した看護師が言う事を聞いてくれない事もあります。また、看護師は優秀な人材を確保する為にキャリア採用している事もあります。

ちなみに私は他の病院で看護師長をしていましたが、先に転職して違う病院で看護部長を勤めていた元上司から声がかかって、師長待遇で引き抜きをされて今の病院に転職しました。

ほかにも病院によって傾向が異なる場合もあります。例えば看護大学を持っている大学病院の場合は、付属の看護大学から新卒で入った看護師の比率が高く、派閥ができているケースがあります。この場合は、新卒の生え抜きを優先して役職に付ける傾向が強いです。

役職を付ける基準

まずは役職を付ける能力と適性を持っている方でないと、役職を付ける事ができません。無能な看護師が役職者になって指示を出しても、反発されてしまいます。

最も適性が高い優秀な看護師を役職に付けたいですが、本人の意向は尊重するようにしています。本人が希望していないのに、無理に役職を付けてもモチベーションが低いと逆効果ですし、それが理由で転職されてしまうリスクがあるからです。

同じ現場で働いていると、自然に出世意欲の有無を把握する事ができます。なるべく、昇進したいと思っている看護師の中で適性がある看護師に役職を付けるように上層部に相談をしています。

上層部からは、昇進したくないと思っている優秀な看護師に役職を付けろと指示をされる事もあります。この場合は、なるべく柔らかく、相談したり交渉するようにしますが、本人の意向を尊重して無理に役職を付ける事はしません。

病院や現場の管理職の立場から見れば、最もリスクが高い事は、本人の意向を無視した人事を行って優秀な人材に退職されてしまう事です。なるべくそれぞれの看護師が希望にあったキャリアプランで仕事ができるように心がけています。

昇進したくない看護師に、声がかかった時の対処法を教えてください

病院側は優秀な看護師に役職を付けたり管理職にする事も大切ですが、優秀な看護師に長く勤めてもらう事を最優先しています。昇進したくないのであれば、素直にその気持ちを上司に伝えましょう。

しつこく昇進の話を持ちかけられたら、「役職が付くなら転職を検討します」と伝えてしまえば、それ以上は何も言えなくなってしまいます。

しかし、昇進を希望していない看護師の、役職を付ける話が出る時は、その部署が崩壊しそうになっている状況の時があります。本人が昇進したくない気持ちを持っていても、頭の中では誰かが役職に付いて、人をまとめていくリーダーシップを取らないと職場全員が苦労する事を理解しています。

最終的には同僚の事を思ったり、責任感や正義感から、昇進を受け入れる看護師の方もいます。
病院側から見れば、昇進したくない看護師に無理やり押し付けると、職場の環境が落ち着いた時や、問題を解決できなかった時に役職を付けた看護師が退職するリスクが高くなってしまいます。

本当は、嫌がる看護師に無理に役職を付けたくないのですが、他に選択肢がない時は、放っておくと、他の看護師も相次いで辞めてしまうので、誰かに犠牲になってしまうような苦渋の決断をして無理やり役職を付ける場合もあります。

もしも、職場が崩壊しそうな追い込まれた状況で声がかかった時は、すぐに退職する気がなければ諦めて受け入れるしか方法がありません。

まとめ

  • 看護師の約8割は昇進したくないと思っている
  • 昇進したくない気持ちはあっても、キャリアアップやスキルアップをしたいと考えている方が多数派
  • 役職者を選ぶ時は、本人の希望や、年齢、派閥を考慮される
  • 昇進したくない看護師は、無理に役職に付ける事は原則されない
  • リーダーシップを取れる役職者が不在で職場が崩壊しそうな時は、本人の意向を無視した人事が行われる場合もある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。