当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

結婚をして、子供を出産した看護師の方は、短時間で働く方も多くいらっしゃいます。短時間でも働いていると、仕事を離れてブランクを空けるよりも、将来再び常勤に戻って働きたいと思った時に有利です。

こうした働き方の場合、夫の扶養の範囲内で働いた方が正味の収入が増えることがあります
例えば、妻の看護師の年収が141万円だった場合と129万円だった場合を比較すると、税引き後の夫婦合算の手取り金額が年収129万円の方が高くなる事があります。

なぜこのような事になるのか、看護師の仕事と扶養の関係についてまとめました。

扶養に入った場合の税金、社会保険の優遇

夫の扶養の範囲内で働く場合は、まずはどれだけのメリットがあるのか確認しておきましょう。

「扶養の範囲」には、いくつかの種類と基準金額があります。

年収100万円までは、住民税が非課税

一部の市町村によって基準やルールが違うこともありますが、原則夫がフルタイムで働いていて、妻の年収が100万円以下であれば住民税が非課税になります。

年収100万円を多少超えた程度であれば、加算される住民税は数千円程度ですので、あまり気にする必要はありません。

年収103万円以下であれば配偶者控除が受けられる

夫がフルタイムで働いていて、妻の年収が103万円以下であれば、夫の配偶者控除を受けられます

この103万円は、給与所得控除65万円と基礎控除38万円を足したものですので、夫が会社員ではなく自営業の場合は、基礎控除の38万円のみになるので注意が必要です

配偶者控除に入る事ができれば、専業主婦で働いていない状況と同等の税率加算になります。103万円を超えた場合は、所得税が夫婦別々に加算されます。おおよその目安は年収103万円を少し超えた程度であれば、約5%の所得税がかかります。

例)夫が給与所得者の場合
  • 妻の年収が103万円以下 = 配偶者控除で所得税非課税
  • 妻の年収が120万円の場合 = 約57,000円の負担増

年収130万円以下であれば、夫の社会保険に加入できる

看護師でも、パートやバイトで働く場合は、勤務先で社会保険に加入する事ができません。そのため通常であれば、国民健康保険と国民年金に加入する必要があります。

しかし、夫が会社員で社会保険に加入していて、なおかつ配偶者の妻が年収130万円以下であれば、夫の社会保険に加入できます。これにより妻は自ら社会保険を支払う必要がなくなります。夫の社会保険料の負担は増えますが、厚生年金は半分が会社負担になる事や、健康保険をひとつにまとめることでトータルでは安くなります。

おおよその目安で年収130万円以下で夫の社会保険に加入した場合と、130万円を超えて社会保険に加入できなかった場合の、世帯合算の年金・健康保険の負担増の差額は約13万円です

配偶者特別控除が受けられるのは年収140万円まで

年収103万円までは、給与所得控除65万円の他に基礎控除38万円を受ける事ができます。しかし103万円を少しでも超えたら、38万円の控除がいきなり0円になる訳ではありません。控除金額は上限140万円の範囲で段階的に設定されています

つまり、140万円以下であれば、多少の控除を受けて税制面が優遇されますが、140万円を超えると税制面の優遇がなくなってしまいます。

夫が社会保険に加入していない方の場合や、パートでも職場が社会保険に加入してくれる場合は、年収140万円以下を目安に働くと良いでしょう。ただし年収103万円〜140万円までの場合に受けられる配偶者特別控除は、配偶者の年収が1,000万円を超えた場合は適応外になります。

扶養に入らないのであれば、年収160万円以上が目安

ここまで紹介している金額の目安に応じて、扶養に入って税制面や社会保険の優遇を受けられます。もし、扶養に入る特典が揃っているにも関わらず、扶養の範囲外で働きたい場合は、年収160万円以上を稼がないと、手取りの世帯収入が増えないと言われています。

夫が会社員で社会保険に加入している場合は131万円〜160万円の年収になってしまうと、扶養の特典が少なくなるため、手取り金額が少なくなってしまうリスクがあります。妻が看護師のパート勤務をする場合は、しっかりメリットがある範囲内に調整して仕事をしていく事が必要です。

看護師がパートの範囲内で働く為の時間

実際に扶養の範囲内で働くには、どのような働き方が必要になるのか、ポイントをまとめました。

看護師のパートの平均時給

時給の相場は地域によって異なります。都会では時給が高く、地方の方が安い傾向があります。東京都心の平均時給は約1,670円ですが、九州や東北では1,200円前後になっています。

年収130万円以下に抑える働き方

ここでは、扶養の中でも最も意識する方が多い、夫の社会保険加入条件になっている130万円以下にする場合の目安について紹介します。

まずは月収の目安ですが、130万円を12ヶ月で割ると108,333円になります。おおよそ月平均で11万円前後を目安にして、年末やGWやお盆など長期休暇がある月で微調整するようにしましょう。

月収11万円に抑える場合、時給1,500円で仮定すると月に約73時間が目安になります。この結果、扶養に入る為には次のような働き方の事例があります。

  • 8時間勤務を週2回ペースで月に9回出勤
  • 6時間勤務を週3回ペースで月に12回出勤
  • 4時間勤務を週4回ペースで月に18回出勤

扶養の範囲内で働ける職場

扶養の範囲内で働くには、週1〜3回程度の1日勤務か、半日勤務を週4回前後が目安になります。4時間などの半日勤務をしたい場合は、クリニックの仕事が適しています。

午前と午後の診療に分かれていて、昼休憩が長いクリニックでは半日勤務のパートを歓迎しています。半日勤務を希望する方は家事や育児と両立して働いているので、大半が午前勤務をしています。

また、病院の外来でも半日パートを採用していますし、看護師不足が深刻な総合病院では、希望すれば病棟勤務に配属してもらう事もできます。

1日6時間〜8時間の仕事を週1〜3回勤務したい場合は、病院、クリニック、特別養護老人ホームなど、看護師やスタッフが大勢いる環境の職場であれば、扶養の範囲内を考慮した働き方で採用してもらう事ができます。

他にも、救急外来の夜勤など責任感が高い仕事でも、パートや短期派遣などで勤務する事を認めている病院もあります。

扶養の範囲内で責任のある仕事に就きたい方は、プロの転職エージェントなどを利用して、事前にしっかり交渉して就職先を探すとよいでしょう。

まとめ

  • 看護師でも夫の扶養に入って働く方法がある
  • 扶養の範囲はいくつかの種類がある
  • 夫が給与所得者か自営なのかによって、扶養に入るメリットが変わる
  • 夫の勤務先や看護師の妻のパート先が社会保険に加入しているかで、扶養への考え方が違ってくる
  • 扶養で働く看護師は病院やクリニックのパート勤務が人気
  • 4時間パートなどの半日勤務の仕事もたくさんある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。