当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師のバイトの中でも「夜勤」は高待遇の求人が多く、若手から人気が高い仕事です。
ここでは、夜勤バイトの仕事や求人の特徴、待遇や優遇される人材を紹介します。

夜勤バイトがある施設

看護師の夜勤バイトは次の施設の職場があります。

  • 病院の病棟
  • 病院の救急外来
  • 介護系病院
  • 老人ホーム
  • コールセンター

この中で求人数が豊富なのは病棟勤務です。救急外来や老人ホームは欠員が出た時など、よほど人手不足が深刻でないとバイトで人員補充する事は少ないです。また、救急外来の夜勤バイトは、元従業員や既存従業員の紹介など、紹介や身内で補う事が多く、一般の公開求人で出回る事は少ないです。

勤務内容は常勤看護師と同じで、病棟であれば患者の食事介助やバイタルチェック、事務作業、申し送り、急変時の対応などを行います。

夜勤バイトは稼げる

夜勤バイトが人気の理由は給料が高いからです。
夜勤バイトの給料相場を紹介します。

夜勤バイトの給料相場

看護師の夜勤のバイトは日給制を導入しています。給料には通常賃金と夜勤手当が含まれています。給料は、2交代と3交代によって変わりますが、看護師の夜勤の給料相場は次の通りです。

  • 2交代の夜勤  2万5千円〜3万5千円
  • 3交代の夜勤  1万円〜2万円
  • 3交代の深夜勤 2万円〜3万円
夜勤バイトの給料は地域格差が大きい

看護師の夜勤バイトは地域格差が大きく、都会では日給4万円前後の所もあれば、地方に行くと2交代の夜勤でも2万円を切る所もあります。
また求人量も都会の方が豊富で、地方に行くほど少ない傾向があります。

准看護師でも給料が下がらない求人がある

准看護師は、常勤・バイトを問わず、看護師よりも給料が低い傾向があります。しかし、一部の夜勤バイトでは准看護師でも看護師と同等の給料をもらえる場合があります。
准看護師の資格しか持っていない方は、常勤よりも夜勤バイトを中心にフリーターになった方が、高給与になる事もあります。

夜勤専従常勤は、下積みが必要な事も

病院や介護施設によっては、夜勤専従として常勤雇用してもらえる事もあります。
夜勤専従は月に8日〜11日の勤務日数で休日も多く、生活リズムも安定する事から人気の職種です。

しかし施設によっては、夜勤専従常勤で採用されても、3ヶ月〜6ヶ月程度は通常の常勤看護師のように日勤もしないといけないルールがある場合もあります。
すると当然、日勤をしている期間は夜勤回数が少ない分、手当も少なくなってしまいます。今すぐに稼ぎたい場合は、夜勤専従の常勤よりも夜勤バイトを始めた方が手堅く稼ぐ事ができます。

夜勤バイトの探し方

夜勤バイトのほとんどはネット求人です。
看護師転職サイトで夜勤バイトの特集を組んでいる事もあれば、ナイトワークに特化したサービスもあります。

夜勤バイトを始めたい場合は、夜勤の求人が豊富な看護師転職サイトに登録をして、必要に応じて複数のサイトのアカウントを持っておくと便利です。

夜勤バイトに強い看護師転職サイト

夜勤バイトは、夜勤経験が必須

夜勤バイトは、高い給料設定になっている事や人員が少ないため、即戦力が求められています。そのため、病棟や救急外来、介護施設で常勤看護師として夜勤を経験してきた実績が必要です。

看護師経験が浅い方や、日勤の経験しかない方は、夜勤バイトで採用されません。また、ブランクが空いている看護師も同様に、夜勤バイトでは不採用になる事が多いです。

病棟での夜勤経験があれば、救急外来や介護施設での夜勤バイトも優遇されますが、病棟の夜勤バイトは、救急外来や介護施設での夜勤経験があっても病棟での勤務経験がないと、不採用になる事が多いです。

副業の場合は、シフト提出日をチェックする

夜勤バイトは、本職を持っている看護師が副業で月に数回やっている事もあります。副業で夜勤バイトを探す時は、シフト提出日をチェックしましょう。

夜勤バイトは、月末に翌月1ヶ月分のシフト希望の提出が必要です。病院勤務の場合は、25日前後に翌月のシフトが出る事が多いので、副業で夜勤バイトをする時は、シフト提出日が28日など遅く設定している所を選びましょう。

ひとつの職場では、月に144時間までしか働けない

看護師の夜勤の仕事は、厚生労働省の定める入院基本料算定ルールで、月144時間までと定められています。そのため、2交代の16時間勤務の場合は、月に8〜9回までしか勤務できません。(月に9回入りたい人のために、出勤時間を1時間遅らせる優遇処置を取っている職場もあります)

つまり、いくら夜勤バイトが稼げるからといって、一つの職場で休日返上してとことん働く事はできません。夜勤バイトを専業にしている方は、複数の職場を掛け持ちしたり、日勤のパートや非常勤の仕事とダブルワークで働いている方もいます。

まとめ

  • 夜勤バイトは病棟の求人が中心で、ほかにも介護施設、救急外来、コールセンターなどの仕事がある
  • 看護師の夜勤バイトの魅力は給料が高い事
  • 夜勤バイトをするには、病棟の常勤など夜勤での勤務経験が必須
  • 夜勤バイトは、副業、本業を問わず、職場のルールを認識する事が大切

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。