当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が病院など医療現場で働く時には、診療科によって処置する内容や仕事内容が異なります。

病院によって扱っている診療科は様々で、科の中でも更に細かく分類して診療しているケースもあります。
ここでは一般的な病院の診察科の仕事内容や特徴を紹介していきます。

内科

内科は、内蔵の疾患をはじめ、身体の内側に疾患を抱える患者向けの診療科です。
呼吸器、消化器、循環器、内分泌、血液、神経系統など診療項目が幅広く、病院やドクターでは消化器専門など診療範囲を限定している事もあります。
看護師の仕事は検温・注射・投薬など、他の科でも共通する基礎的な内容が中心です。

消化器科

消化器科は、胃や腸に特化している診療科です。
クリニックや一部の病院では胃腸科として診療しているケースもあります。
胃カメラや、がん放射線治療などを行っている所も多く、設備が揃っている消化器科で3年以上勤務すれば、がん看護の認定看護師や専門看護師の受験資格を得る事もできます。

呼吸器科

呼吸器科は、肺や気管支などを中心に診療している科目です。
風邪などの簡単な診療から、肺炎などの重度の患者の治療を行います。
冬や季節の変わり目など、風邪が流行すると忙しくなります。

精神科

精神科は、うつ病や不眠症などメンタル面の病気を治療します。
クリニックなどは看護師を入れずに運営している事が多く、病院の精神科は、重度のうつ病や、知的障害者など介助や治療を行う精神病棟での勤務が中心です。
精神科は患者の接し方が身に付くので、他の科でも役に立つコミュニケーション能力が身に付きます。
つきつめて仕事をすれば専門性も高く、専門看護師を取得して専門外来で直接患者を診察する道もあります。

心療内科

心療内科は、精神科と似ていますが、心の病気をケアする診療科です。
重度のうつ病患者などを、コミュニケーションを取りながらリハビリを行います。
看護師は外来よりも、病棟や施設などに看護師が配属される事が中心です。

神経科

神経科は、自立神経失調症などの心の病気や変調の治療を行う科です。
神経内科とは違い、うつ病やパニック障害など、以前は「精神病」と呼ばれていた病気を専門に扱います。
看護師が現場配属される事は少ないです。

神経内科

神経内科は、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、てんかんのような脳の中に起きた問題を治療します。
寝たきりの患者から、リハビリを行って元気に退院できる方など幅広い患者がいます。
リハビリテーションスタッフとの連携や家族のケアなど、看護師に求められる事がたくさんあります。

循環器科

循環器科は、心臓病や血圧のトラブルの治療を行う科目です。
患者が急変する事も多く、心電図の読み取りや緊急処置などの能力を求められます。
患者からは「背中が痛い」、「息切れやめまいがする」など、疾患がある場所とは違う症状を訴えられる事も多く、専門性が高い知識や経験が求められます。
慢性心不全看護の分野で認定看護師を目指す方もいます。

アレルギー科

アレルギー科は、食べ物をはじめ、喘息など様々なアレルギー疾患を治療します。
アレルギーを持っている子供は近年増加傾向にあり、アレルギーに過剰に反応する親も増えています。
看護師は症状ごとに豊富な知識を求められるので、勉強する事もたくさんあります。
アトピーなど肌の表面に疾患が出るアレルギーでは患者の精神的なケアも必要になります。

小児科

小児科とは主に15歳以下を目安にした子供の内科治療を専門に行います。
開業医のクリニックであれば、経度な風邪などが多いですが、大規模な総合病院では難病や重度の病気を患った患者も多く、精神的に参ってしまう看護師もいるようです。
大人とは違い、繊細な治療を求められる事も多く、最近では親から苦情やクレームが増えています。
子供を対象にした科なので人気も高いですが、勤務先によっては看護師の離職率も高いようです。

リウマチ科

リウマチ科は、主に関節に障害が出ている方の診療を行います。
患者は高齢者が多く、寝たきり患者や要介護状態の患者の比率が高いです。
治療法は主に薬物投与で、看護師は点滴や採血、薬物投与が中心です。

外科

外科は、主に内科のような内服薬ではなく、手術や塗り薬のような身体の外側からの治療を行います。
看護師は傷の処置や経過観察、治療の介助を行います。
病棟や外来で勤務すると患者の数も多く、看護師の仕事ではスピードを求められます。

整形外科

整形外科は、外科の中でも、骨や関節、筋肉の怪我や疾患を中心に治療を行う科です。
病棟勤務の場合は主に骨折患者の処置になります。
若い患者の比率が多いのも特徴で、患者も会話は普通にできる為、仕事が楽で看護師からの人気が高い診療科です。
ただし、人気病院やクリニックでは患者の数が多い為、激務で体力的に追い込まれる事もあります。

形成外科

形成外科は、外傷や手術による身体の変形の、外見や機能を形成する診療科です。
整形外科と合わせて診療している外来やクリニックもあります。
患者は見た目を重視して治療を受ける為、看護師は処置よりもコミュニケーション能力が必要です。

美容外科

美容外科は、総合病院ではなく、美容整形を専門にしたクリニックでの勤務になります。
看護師の仕事は主に手術の介助や術後の治療や処置になります。
仕事も楽で給料も高いですが、休診日がない為、土日出勤が多く、夜21時前後まで仕事をする事もあります。

呼吸器外科

呼吸器外科は、呼吸器の外科的治療を行う診療科です。
看護師は病棟などで肺がんの外科的治療を中心に行います。
専門知識を求められる事もあり、「慢性呼吸器疾患看護」の認定看護師を目指す方もいます。

脳神経外科

脳神経外科は、脳や脊髄などの怪我や病気を診察します。
生死に関わる緊急手術を扱う事もあり、手術の介助や術後の経過観察などを行います。
術後は転院する患者も多く、処置だけではなく雑務も多い診療科です。

心臓血管外科

心臓血管外科は、心臓や血液の病気の外科的治療を行います。
主にペースメーカーの埋め込みや人工血管、バイパス手術などの手術介助や手術前後のケアを行います。
患者が急変する事も多く、看護師は勤務中に常に高い緊張感を持つ事になります。
大手大学病院などに多い診察科で激務に耐えられず退職する看護師もいるようです。

小児外科

小児外科は、主に15歳以下の子供の外科的治療を行います。
一般の外科や整形外科とは違った小児専門の知識を求められます。
重度の疾患を持った患者が多く、看護師も高い責任感を持って仕事をする事が必要です。

皮膚科

皮膚科は、皮膚のトラブルの他、爪や髪の毛も皮膚科の管轄です。
元気な患者から、やけどなど緊急性を要する患者やアレルギー疾患を持った患者など、幅広い処置と知識を求められます。
季節の変わり目は患者も増える傾向があります。
注射や採血、点滴、塗薬による処置など看護師の仕事がたくさんあります。

肛門科

肛門科は、消化器の一部で診療する事もありますが、肛門に強い病院やドクターによっては肛門専門に診療科を持っています。
主に痔による患者が多く、診察介助が看護師の仕事の中心です。
病棟勤務では、塗薬の処置などを行いますが、患者は普通に会話ができますし、歩いて日常生活を送れるので仕事内容自体は比較的楽です。
若い看護師は最初は肛門中心の診察に抵抗を感じる方もいますが、仕事をしていればすぐに慣れるようです。

泌尿器科

泌尿器科は、尿道などのトラブルを診察する診療科です。高齢の患者もいますが、若い性病に悩む男性患者の比率が高いです。
看護師は性病に関する知識を求められ、デリケートな陰部の処置もする為、繊細な作業を求められます。
一部の病院やクリニックでは「性病科」という名前で診療科を持っている所もあります。

産婦人科

産婦人科は、お産や妊娠中の診察を行います。
お産の介助をするのは助産師になります。助産師の資格がない一般の看護師が介助をする事もあります。
しかし、助産師は人件費が高い為、介助要因には准看を採用している所が増えています。

眼科

眼科は、目の病気や疾患を治療します。
一般的な病院の外来やクリニックでは看護師を必要にせず、医療事務のクラークの介助で診察している所があります。
看護師の職場では緑内障など手術を中心に行っている病院で、手術介助や術後のケアが中心です。

耳鼻科

耳鼻科は、耳や鼻の疾患の治療を行う診察科です。
花粉症の時期など、仕事の忙しさは季節による変動幅が大きいです。
クリニックや病院の外来では、簡単な聴力検査などの処置が中心で看護師ではなく医療事務のクラーク中心で診察する傾向があります。
日帰り手術や一泊手術を行うドクターの腕が有名な病院では看護師の仕事があります。

リハビリテーション科

リハビリテーション科は、怪我や手術によるリハビリを行います。
リハビリ室では主にPT、OT、STがリハビリを担当し看護師は見守る役割を担います。
リハビリ病棟では患者の日常的な世話や介助を行います。

放射線科

放射線科は、放射線照射による治療やレントゲンを取る診療科です。
放射線照射は看護師ではなく放射線技師が行います。
看護師は、がん患者の放射線治療の補助や入院患者の世話を行います。
放射線科専属の看護師の仕事は重度の患者が中心のがんセンターなどになります。

麻酔科

麻酔科は、手術を行う際の麻酔を専門にした診療科です。
麻酔は看護師自ら治療を行います。日本では看護師の資格さえあれば麻酔を行う事ができますが、アメリカでは麻酔師の専用の資格が必要です。
それだけ高度な技術と知識が必要になります。
麻酔科専従の看護師は、ICUやがん治療などを行う大規模病院などになります。
最前線で活躍できる看護師の仕事で、求人も少ない為人気が高い職種です。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。