当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師になる為には、専門学校か看護大学に通う必要があります。
それぞれ学費が高く、簡単に取得できる資格ではありません。
また、看護師のキャリアアップの資格も、学校に通う事が必須なものが多く、学費は大きな負担になります。

ここでは、看護師免許や、キャリアアップのための資格取得をサポートする「奨学金」について紹介します。

奨学金とは

奨学金は能力がある学生や、金銭的・経済的に問題を抱える学生や、これから学生を目指す者に対して、金銭の給付・貸与を行う制度です。
日本では有担保貸与奨学金(俗に言う借金制度)による奨学金が主流になっていて、返済義務がない給付奨学金は「給付金」や「助成金」・「職場補助」などと区別化されています。

奨学金は通常、学費の全額を支払う事は少なく、学費の一部を補助し、学生にも在学中に奨学金では補えない部分の学費を負担しなければいけません。

奨学金の金利

奨学金は、支援している団体や、利用する奨学金制度によって金利が異なります。
大学や専門学校への進学時に需要が多い、日本学生支援機構の第二種奨学金の場合は在学中は無利息、卒業後は上限金利3%に定められています。
この日本学生機構の奨学金を基準に金利設定している団体が多く、金利3%を超える設定をしている所はほとんどありません。

奨学金によっては、金利1%未満や、無利息で対応してくれる所もあります。
奨学金を利用する時は、必ず金利などの詳細をしっかり確認して検討しましょう。

奨学金の利用には審査がある

奨学金は希望をすれば誰でも必ず利用できるものではありません。
奨学金の利用には審査があり、高校時代の成績や、看護師の場合、勤務評価などに応じて支給されるか判断されます。
また、日本学生支援機構の第一種奨学金など無利息で人気が高いものでは、応募基準の要件を満たしていても、財源不足のため、他の応募者と比較して評価が低いと審査に落ちてしまう事もあります。

看護師が奨学金を利用する事例

看護師が奨学金を利用する事例には次のものがあります。

  • 看護師免許を取得する
  • 准看護師から看護師へステップアップ
  • 認定看護師を取得する
  • 専門看護師を取得する

それぞれ、用途に応じて利用できる奨学金制度が変わってきます。
看護師が奨学金を利用する事例を詳しく紹介します。

看護師免許を取得するための奨学金

学生が進学で看護学校を目指す場合や、社会人が看護師転進のために看護学校を目指す時は、専門学校で3年、大学で4年全日制で学校へ通う必要があります。
その期間の学費に対して支給する奨学金には次のものがあります。

  • 日本学生支援機構や、あしなが育英会などの学生向け奨学金
  • 病院独自が用意している奨学金
  • 医療法人が用意している助成金
  • 自治体や民間団体が用意している奨学金

日本学生支援機構や、あしなが育英会などは、高校卒業後進学する方を対象に厳しい審査を行っています。

看護師免許取得のための奨学金で利用者が多いのは病院や学校が独自で用意している助成金です。学校が提携している自治体や民間団体の奨学金や、学校側が優秀な人材に対して独自に奨学金制度を用意している場合もあります。

また、医療法人が用意している助成金は、卒業して資格取得後、医療法人の系列病院で勤務する事を約束する事で、返還義務がない助成金を給付している事もあります。医療法人の助成金は審査も緩く、学生の負担が少ないと人気です。

准看護師から看護師へステップアップする場合の助成金

2017年度以降、准看護師として5年の経験があれば、通信制で看護師免許を取得できる方向で閣議決定された事もあり、今後ますます准看護師から看護師を目指す方が増加する事が予想されてます。

通信制であれば、学費は高くありませんが、それでも全額自費負担する事は大きな出費です。
准看護師から看護師を目指す時の奨学金には次のものがあります。

  • 日本看護協会奨学金
  • ハローワーク職業訓練給付金
  • 厚生労働省教育訓練給付金
  • 勤務先の病院が行う学費補助

ハローワークや厚生労働省の給付金は審査が厳しく、失業中の方でないと応募対象にならない場合もあります。

通信制の学校に通う場合、働きながら仕事と学業を両立する方が多く、勤務先の病院の補助を受けて、看護師へステップアップを目指す方が多いです。勤務先の補助がない場合は、看護師へのステップアップを目指して転職される方もいます。

勤務先からの資格取得補助は、通信制学校の受験資格を満たしていれば転職してすぐに、資格取得をサポートしてくれます。ただし、職場からの資格取得補助を受けると一定期間退職できない契約になる事があります。

認定看護師、専門看護師取得のための奨学金

認定看護師は約半年、専門看護師は約2年、それぞれの分野の教育期間に通う必要があります。
その費用に対して補助する奨学金は次のものがあります。

  • 日本看護協会奨学金
  • 各自治体が用意している奨学金・給付金
  • 勤務先の病院が行う学費補助

この中で、人気が高いのが勤務先の学費補助です。
認定看護師や専門看護師は、在学中仕事を休職したり、教育期間によっては賃貸住宅を借りる必要がありますが、勤務先の病院によっては休業補償や生活費補助までしている病院もあります。

資格取得のための職場補助がない病院で勤務している方は、資格を取ってキャリアアップのために職場補助がある病院へ転職する事もあります。ただし、職場からの補助は人員厳選や適性検査があるので、希望してもすぐに資格を取らせてもらえるとは限りません。

資格取得を目的に転職する場合は、事前に資格取得できる時期の確認や、適性検査の基準を確認しておきましょう。

看護師の奨学金制度の探し方

看護師がそれぞれの目的で奨学金制度を探す時は次の方法があります。

自分でインターネットから探す場合は、e-ナースセンターが便利です。他にも民間のサイトで看護師の奨学金情報をまとめている所も多数あります。

奨学金は、地域や用途、学校などによって、実施している種類や金利・上限金などの条件が違います。奨学金制度の利用を検討する時は、看護師転職サイトや、勤務先、学校など、その地域の奨学金制度に詳しい機関に直接相談するとよいでしょう。

まとめ

  • 奨学金とは、学費を金銭的に補助する制度
  • 奨学金は、主に有担保型で返済義務が生じる
  • 奨学金のほかに、返済義務がない助成金や給付金、職場補助などもある
  • 看護師が資格取得のために学校へ通うときは、職場からの補助を利用する方が多い

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。