当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の中には「海外で活躍したい」という夢を抱いている人もいます。
ここでは、海外で看護師として活躍するための方法や、注意点を紹介します。

海外で看護師として働くには

海外で看護師として働く方法は、その国のルールによって違います。
まずは次の3点を確認する事から始めましょう。

  • 就労ビザの発行条件
  • 現地で必要な資格(その国の看護師免許の取得方法や、日本の看護師免許の応用)
  • その国の看護師事情(日本人向けの求人の有無)

このように、日本で看護師免許を持っていても、すぐに海外で看護師として働ける訳ではありません
国によっては、語学力の適性検査を受けたり、再度現地の大学に通って、その国の看護師の資格を取らないといけない場合があります。

その国の語学力は必須

海外で看護師として働くためには、その国の語学力で一定水準の能力が必要です。
働きながら留学のような感覚で、外国語を覚えようとする人もいますが、最低限の日常会話ができないと、看護師として採用してくれる医療機関はほとんどありません。

また、国によっては、最初にIELTSテストをはじめ、語学力のテストを受けて、定められた水準以上の点数を出した実績がないと、一切受け入れてくれない事もあります。

国によっては、看護師の待遇が悪い事も

看護師の人手不足で悩んでいるのは、日本だけではありません。先進国を中心に看護師の人手不足を外国人で補おうとしている国があります。

日本は深刻な看護師不足により、現在、インドネシアやベトナムからの留学生の受け入れを積極的に行っています。こうした取り組みは日本だけではなく、世界各国で行われています。

つまり、日本の看護師が海外に活躍の場を求めると、国によっては大幅に待遇が悪くなってしまう事もあります。
また、国によっては、外国人看護師を「アジアから来た出稼ぎ労働者」といった偏見の目で見られてしまう事もあります。

日本人看護師から人気の国

海外で活躍している日本人看護師から人気の国をまとめました。
それぞれの国での働き方や待遇も合わせて紹介します。

アメリカ

アメリカは看護師の地位が日本よりも高く、能力に応じた評価制度が整っている実力主義が特徴です。
看護師になるには、アメリカの大学など指定の教育課程を修了して、アメリカの看護師免許を取得しなければいけません。

アメリカで看護師免許を取得すると、永住権獲得の道ができ、優秀な看護師は日本円換算で年収1,000万円以上も可能です。ただし、英語が堪能である事が必要で、ビジネス会話を習得している方でも、留学中に医療英語の語学講座に通っている方が多いです。

日本で看護師経験未経験の方がアメリカで看護師を目指す事も多く、日本の看護師免許を持っている方からも、アメリカへの看護留学は根強い人気があります。

オーストラリア

オーストラリアは日本人看護師から人気の海外勤務先です。
オーストラリアでは、日本で学士号(看護学部)を修了し、看護師免許を所有かつ英語力IELTS 7.0レベル以上であれば、書類審査のみで現地の看護師免許を取得できます
つまり、大卒で英語が堪能な看護師は、現地で学校に行く必要なしで看護師として働けます。

オーストラリアでは、学士号を高く評価するので、専門や短大出身では、国際看護師として認めてもらえる事はほとんどありません。そのため、学士号を持っていない方は、現地もしくは国内で学士号を取らないと、オーストラリアで看護師をする事は難しいです。

オーストラリアは世界有数の医療・福祉の先進国でレベルの高い看護を実践できます。
看護師の初任給は日本円換算で500万円ほどありますが、手当や賞与が少なく、税金が高い事から、日本で看護師をしている時よりも、収入は上がっても手元にお金が残らない事もあります。
医療現場は忙しいですが、スキルアップのために海外留学したい方から人気です。

イギリス

イギリスは日本の看護師免許を所有して、 IELTS 7.0(全てのセクションで平均7.0以上が必要)の条件を満たせば、現地で20日間の講習を受けるだけで英国正看護師免許を取得できます。
ただし、人気が高く定員があるので早めに申し込む事が必要です。

また、日本人が現地で看護師免許の交付だけ受けても採用してくれる医療機関が少なく、就職難に陥ってしまいます。
イギリスへ看護留学する場合は、英国正看護師免許取得した後に、現地の大学へ編入してイギリスの看護事情を勉強して実績を作るか、現地での人脈やコネクションを活かして就職する方が多いです。

看護師の給料は平均で年収300万円〜500万円です。日本よりも低い水準で、都会では物価も高いため、金銭面の待遇はよくありません。
しかし、ヨーロッパらしく休日が多く、大型連休もあるので、無理なく働けて定期的に日本に帰ってくる事ができます。

国際看護師として、海外派遣される

看護師が海外で働く方法は、ここで紹介しているように、それぞれの国のルールに従って現地の看護師免許を取得して、現地の施設に雇用される方法だけではなく、日本の団体に加入して海外派遣する方法もあります。

こうした看護師を「国際看護師」と呼びます。国際看護師については、別ページで詳しく解説しています。(参考:国際看護師)

まとめ

  • 看護師は海外で活躍をする道がある
  • 看護師が海外で働くには、それぞれの国のルールに従って、現地の看護師免許を取得する
  • 看護師が海外で働くには、堪能な語学力が必要。また現地では医療英語などを習得する必要がある
  • 日本人看護師の海外留学や海外移住では、アメリカ、オーストラリア、イギリスが人気

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。