当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の退職・転職理由の上位には、「周囲からのいじめ」を理由にしている事が多いです。
ここでは、看護師の「いじめ」の事例と、解決策をまとめました。

看護師のいじめ

看護師のいじめで多いのは、新人に対するものです。ほかにも他部署から異動してきた看護師などが標的に合う事が多いです。ベテラン看護師でも、長年慢性的ないじめに悩んでいる人や、些細な事が原因でいじめや人間関係のトラブルに合ってしまう事もあります。

看護師は女性中心の職場なので、人間関係のトラブルが多く、仕事へのストレスや激務によって余裕がなくなり、働いているうちに性格がキツくなってしまう方が多いです。

よくある看護師のいじめの事例を集めてきました。

新人に対するいじめ

看護師のいじめで最も多いのが新人を標的にしたものです。
新人に対するいじめには次のものがあります。

  • 仕事ができない事に対して必要以上に厳しい指導をする
  • 仕事以外の話は無視する
  • 正しい行動を取っていても怒る
  • 常に仕事中に後ろをついて歩き、ミスした瞬間に詰め寄ってきたり、揚げ足を取ろうとする
  • 冷たい態度を取る

新人は職場の中で能力が低く、仕事を教わる弱い立場です。
こうした新人の立場を利用して、必要以上に厳しく指導したり、理不尽ないじめをする先輩看護師がいます。

新人に対するいじめの解決策

新人に対するいじめの解決策は次のものがあります。

  • 仕事を覚えて、周りに認められるようにする
  • 言い訳や反論をせずに、理不尽な事でも謙虚に受け止める
  • 上司に相談する

新人看護師が、いじめなどで直面する壁の乗り越え方については、別ページで紹介しています。
(参考:新人看護師)

優秀な看護師への嫉妬心によるいじめ

いじめの標的になる看護師は、新人や能力が低い看護師だけではなく、優秀な事が理由に嫉妬心でいじめを受ける事があります

いじめの加害者になるのは、ベテランでプライドが高い看護師で、後から入ってきた若い看護師が周囲から認められる事を面白く思えず、揚げ足を取ろうとしたり、ミスの責任を押し付けようとしてきます。

こうしたベテラン看護師からのいじめは、慢性化する事が多く、何年もいじめに悩んでいる看護師や、周囲から評価されているのに、たった1人の看護師との人間関係のトラブルで退職する事もあります。

ベテランからの嫉妬心によるイジメの解決策

優秀な若手への嫉妬心でいじめをするベテラン看護師は、同様の人間関係のトラブルを繰り返してきている事が多いです。そのため、上司からの指導があっても変わる事ができず、職場からも問題児扱いされている場合もあります。

嫉妬心からのいじめは、仕事を頑張る程加熱して、謙虚に大人の対応をしても認めようとしてくれません。嫉妬心によるいじめや、ベテラン看護師が相手のトラブル解決策は、上司に強く相談する事です

いじめ被害の報告だけではなく、いじめが解決しないなら部署異動か退職をしたい意向を伝えるとよいでしょう。退職の言葉が出ると上司も本気で、相談者か加害者側の看護師の部署異動や、ベテラン看護師への厳しい指導を検討してもらえます。

集団いじめ

人間は、仲間がいると気が強くなる習性があります。看護師の世界でも、集団で少数の看護師をターゲットにいじめをする事があります。集団いじめでは、無視や雑務の押し付けなどを行ったりします。

集団いじめは、徐々にエスカレートしていくのが特徴で、いじめ被害者と仲良く話をしただけで、いじめの標的にしようとする動きを見せて加害者を増やしていったり、いじめの内容が過激になっていく事があります。

集団いじめの解決策

集団いじめを解決するには、慎重に相談者を探す事からはじめます。すぐに上司や先輩に相談すると「チクった」などと捉えられ、反感を買い、いじめがエスカレートする事もあります。

同じ部署で信頼できる同僚や、いじめ被害に合っている仲間がいたら、なるべく目立たない所で相談しましょう。直属の上司が話を聞いてくれない場合は、他部署の管理職や、看護部長や院長などの上層部、もしくは上層部に近い人に相談しましょう。

また、集団いじめの被害者になった時は、職場がその状況をどう捉えているかが大切です。それまでも集団いじめで退職者が続出している場合は、職場も問題を大きく捉えて、解決に前向きに取り組んでもらえる可能性が高いです。

もし、いじめ被害者よりも集団いじめの加害者側の評価が高く、上司や上層部から可愛がられている場合は、被害者看護師が自分自身を変える努力をしたり、転職を視野に考えなければいけません。

まずは看護師以外の友人や家族、看護師転職サイトのコンサルタントなどに相談して、集団いじめの加害者の問題性がどのくらい高いのか、第三者の意見を聞く所からはじめてもいいでしょう。

まとめ

  • 看護師はいじめ被害が多い職種
  • 看護師のいじめの事例では、新人や若手の優秀な看護師を標的にしたものや集団いじめがある
  • いじめの解決策は状況によって変わりますが、仕事の質を下げずに一生懸命仕事に取り組んでいれば、いつかは報われる
  • いじめ被害を上司に相談する時は、脅しのツールとして「退職」というワードを出すと効果的

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。