当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の働き方には様々な雇用形態があります。
(参考:看護師の雇用形態)

ここでは、看護師の派遣としての働き方や、業界の内情、待遇などをまとめました。

看護師の派遣とは

看護師の派遣とは、看護師専門の派遣会社や看護師転職サイトに登録して、派遣先で勤務する働き方です。看護師は一度派遣会社に登録すれば、様々な職場で履歴書の送付や面接なしで働けるメリットがあります。

派遣会社は複数の看護師が働く施設と繋がっているので、長期から短期までライフスタイルや希望条件に合わせて働く事ができます。

派遣の種類

派遣は様々な働き方ができます。派遣会社によっては、扱っている提携先の勤務機関に得意・不得意があります

登録する派遣会社を探す時は、その会社の特徴を理解して選ぶとよいでしょう。また、複数の派遣会社に登録している看護師も多いです。

次に、派遣の種類について紹介します。

単発派遣

単発派遣は、1回ごとで仕事を受ける働き方です。「単発バイト」とも呼ばれていて、常勤の仕事を持っている看護師が副業で働く事も多いです。(参考:看護師の単発バイト)

仕事の期間は、数時間程度のものや、日勤、夜勤の18時間勤務、ツアーナースやイベントナースなどは泊りがけで数日〜1週間ほどの期間の仕事もあります。

単発で仕事を入れられるので、副業はもちろん、転職のために休職している方がつなぎの小遣い稼ぎや、職場体験で働く事もできます。

短期派遣

短期派遣の「短期」の期間は、2日〜3ヶ月ほどです。同じ職場で複数回働き、かつ長期契約ではない雇用を短期派遣と呼びます。
最初は短期派遣として働いて、居心地が良ければそのまま長く働かせてくれる職場もあります。

ほかにも、リゾートナースや期間限定雇用などで1ヶ月〜3ヶ月を目安にフルタイムで働く派遣もあります。こうした短期派遣は更新ができませんが、待遇が良いのが特徴です。

短期派遣での働き方は様々で、副業として週1回のペースで同じ職場で働く方や、転職時のつなぎ、同じ職場で長く働く事を嫌って数ヶ月おきに職場を変えながら派遣専業で働いている方などがいます。

長期派遣

長期派遣は、3ヶ月以上継続して勤務する事を契約して雇用される派遣形態です。長期派遣を導入している施設は介護施設や福祉施設が多いです。

シフトは週1〜2日〜フルタイムまで様々で、一つの職場で長期派遣で勤務しながら、他の職場に単発派遣で勤務する事も可能です。

法令上は、長期派遣は一回の契約を最長半年。その後最長3年まで延長できる雇用契約にするように定められています。しかし、医療現場では、短期や長期の派遣で勤務して、そのまま3年以上同じ職場で勤務している方もいます。

一度でも他の職場で勤務して、再度新規契約を結べば長期派遣の法的制約を回避でき、本人が希望して長期間同じ職場で派遣として働いている事に対しては、労基署も厳しく取り締まりをしていません。
正規の長期派遣として働く場合、6ヶ月以上勤務すると有給や賞与が付与される事もあります。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、常勤(正職員)雇用を前提にした派遣勤務です。1日〜3ヶ月を目処に、職場が仕事の姿を見ながら常勤雇用するか判断します。
職場から評価されれば、事前に設定した期間を短縮して、常勤として雇用契約を結んでもらえる事もあります。

職場が常勤雇用として採用判断をしても、看護師本人が希望しなければ契約満了、もしくは相談によって決めた期日で勤務終了して他の職場を探す事ができます。
介護施設や訪問看護ステーションなどが紹介予定派遣を導入している事が多いです。

看護師派遣の仕組み

看護師派遣は、雇用主の職場が派遣会社に対して賃金を支払って、派遣会社が手数料を差し引いた金額を看護師に給与として支給します。
看護師の派遣の賃金は、直接雇用よりも高く設定されていて、派遣会社の取り分を差し引いても、現場で働く看護師は業界相場の給料を受け取れます。

派遣会社を仲介して雇用する仕組みについて解説します。

雇用側のメリット

雇用者側は派遣会社を導入する事で、必要な時に必要なだけ看護師を確保する事ができます。看護師業界は人手不足が深刻で、直接募集をかけても、なかなか思うように人材確保ができません
また、繁忙期など決められた時期だけ人を増やしたい場合や、常勤の採用が決まるまでの間の欠員を補いたい場合も、期間に応じて看護師を雇えるメリットがあります。

また、単発や短期・長期・紹介予定派遣など、必要に応じて派遣会社や契約条件を選べるため、雇用側から見ると使い勝手が良いのが特徴です。

派遣ナースのメリット

派遣で働く看護師は、一度登録をすると、その後は派遣会社から紹介される職場に、面接などの手間をかけずに働く事ができます。
勤務して職場が自分に合わないと感じれば、違う職場を紹介してもらう事ができます。

副業や、転職時のつなぎ、本業など、派遣期間を選んで自分にあった働き方ができるメリットがあります。
給料も直接バイトや非常勤で雇用された場合と同等水準をもらえますし、職場によっては希望に応じて長期間継続して勤務できる事もあります。
また、紹介予定派遣として常勤を探す場合は、面接の手間が省略されて働きながらアピールしたり、慎重に職場を見極める事ができます。
ほかにも、ツアーナースやイベントナースなど、常勤やパートの求人にはない職種も豊富に取り扱っている事を理由に派遣勤務を選んでいる方がいます。

派遣ナースの注意点

派遣ナースは、仕事が簡単に見つかり、手軽に職場を変えられるメリットがあり、しっかりとした収入を確保できます。
しかし看護師が派遣で働く場合には、次の注意点があります。

  • 社会保険などの福利厚生がない(長期派遣の場合は例外あり)
  • 賞与や退職金がない(長期派遣の場合は例外あり)
  • 有給休暇や休業保障がない(長期派遣の場合は例外あり)
  • スキルは身につくがキャリアとして評価されず、常勤として働く時に不利になる
  • 退職癖が付いてしまい、同じ職場で長く働けなくなる
  • 継続勤務を希望しても、人件費が高いため優先して切られやすい
  • 定職に就いていないので世間体が悪い

このように派遣ナースは、活用方法によってはメリットが大きいですが、上記の注意点があります。
派遣で働く看護師のほとんどは、独身の方や、短期間、副業などで割り切っている方が多いです。

派遣の求人に強い看護師転職サイト

看護師の派遣に強い看護師転職サイトは次のものです。

まとめ

  • 看護師の派遣は、派遣会社を仲介して様々な施設や期間、条件で働く事ができる
  • 派遣ナースの給料相場は、一般の直接雇用と同等水準
  • 派遣会社を利用する事は、雇用側と看護師側の双方にメリットがある
  • 看護師が派遣で働く時は、注意点や特性を理解しておく
  • 派遣の仕事は看護師転職でも扱っている

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。