当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

ナースは白衣の天使と呼ばれていて、その服装に憧れて看護師を目指す方もいます。
また、看護師は女性中心の職場のため、毎日の通勤で着用する私服選びに悩んでいる方もいます。

ここでは、看護師の服装についてまとめました。

仕事中の服装

看護師の仕事中の服装は、それぞれの職場によって違いますが、医療機関の場合は原則職場から支給されたナース服を着用します。

一昔前は、「白衣の天使」の愛称がぴったりな白いワンピースが中心でしたが、近年ではパンツタイプのナース服や、水色やピンクなどの色付きのナース服が増えています。

看護師のナースウェアには次のものがあります。

  • ワンピース、もしくはスカートとセパレートジャケットタイプ
  • ジャケットとパンツのセパレート
  • ポロシャツのズボン(介護施設など)
  • スーツ(製薬会社、企業ナースなど)

色指定のみで、好きなナース服を選べる事も

勤務先の病院によっては、看護師がそれぞれ自由にナース服を選べる事もあります
服装が自由な病院でも、職場からの色指定はあるので、白や水色、ピンクなどの指定色の中で、通販などで自分の好みのナース服を選べます。

ナース服購入費用は自己負担になり、職場からも支給品を用意された支給品か、自分で用意した制服を着るかは自由です。
ただし、明らかに他の看護師よりも目立ってしまうような制服を着ると、指導や注意を受けます。

ナースシューズは自分で用意する

病院で働く看護師は、支給品(貸与品)でナースシューズを用意している事もありますが、現場で働く看護師のほとんどは、靴だけは自分で用意する事が多いです

また、クリニックなどの小規模施設では、支給品の用意がなく、必ず自分でナースシューズだけは用意しないといけない場合もあります。
ナースシューズは、履きやすさ・歩きやすさ・デザインなどそれぞれの好みで自分に合った物を選ぶとよいでしょう。

ナースシューズは、次の種類があります。

  • スニーカータイプ
  • パンプスタイプ
  • サンダルタイプ
  • クロックスタイプ

この中で近年人気が高いのはクロックスタイプです。職場によってはサンダルタイプやクロックスタイプを禁止にしていたり、スニーカータイプを指定している場合もあります。

ナース服や、ナースシューズ・その他の備品の購入方法

ナース服など、看護師の制服関連の購入方法は通販が主流です。
職場で提携しているカタログ通販を用意している事もあります。

人気が高いのはネット通販で、豊富な商品ラインナップがあり、価格も安いメリットがあります。

ナース服・ナースシューズの価格

ナース服・ナースシューズの価格の価格相場は次の通りです。

  • ナース服上下セット   5千円〜1万円
  • ナース服チュニック(上着)・パンツセパレート単品 2千円〜5千円
  • ナースシューズ  2千円〜1万円

それぞれブランド品・ノンブランド品、生地の材質、デザイン性などで変わってきます。
ナース服で有名なブランドは次のものがあります。

  • ナガイレーベン
  • モンブラン
  • トリンプ
  • ユナイト
  • マックスペック
  • フォーク

看護師の冬場の上着

看護師は冬場にナース服の上から上着を着用できる場合があります。看護師の上着はカーディガンで、黒や紺色が主流です
上着のルールは職場によって様々で、色指定と無地のルールさえ守っていれば自由な場合もあれば、院内でのカーディガンの着用を禁止している所もあります。
寒がりの方や、カーディガンを羽織って仕事をしたい方は、応募する前に確認しておきましょう。

仕事中の服装が気になる時は職場見学に行く

病院に転職を検討していて、制服や服装が気になる方は、職場に見に行くとよいでしょう
看護師転職サイトに相談すれば、正規で見学のアポイントを取ってもらい看護師のバックヤードも見学できる場合があります。

看護師の服装だけ見れれば良い場合は、患者や入院患者の家族のフリをして、病院の中で看護師の働く姿を見てみるとよいでしょう。昼時に売店に行くと看護師が買い物をしている事もよくあります。

職場見学して、制服や髪の毛の色の許容範囲などを確認しておくとよいでしょう。

看護師の通勤用の私服

看護師は企業ナース(スーツ勤務の職場)を除いて、職場にロッカーが用意されていて、私服で通勤してナース服へ着替えて仕事をします。通勤で着用する私服は選び方にポイントがあります。

私服の選び方について、看護師の口コミ体験談も合わせて紹介します。

着替えやすさを重視する

看護師は、毎日の出勤・退勤時に着替えをするので、着替える時の時間短縮を重視している方が多いです。
特に朝は少しでも遅く出勤しても間に合うように、着替えに時間がかかる服を選ばないように配慮しています。

着替えやすさを重視している看護師の口コミ投稿

・投稿者:20代女性/総合病院勤務

毎朝5分でも長く寝たいので、朝起きてから着替えるスピードや、職場での着替え時間を重視しています。
冬場はコートの中は毎日同じような服装。夏場はユニクロやHIMなどで似たような服を複数枚買って毎日同じような格好で出勤してます。

通勤用の私服は、ボタンがたくさんあるシャツなどは面倒なので、セーターなど首から通す服か、チャック式で開閉する服。下はパンツを選んでいます。

パンツも脱ぎにくいスキニーなどは選ばず、脱ぎやすさを重視した物を選んでいます。同僚でも着替えに時間をかけている人は全くいませんよ。

目立たないように、シンプルで無難な服を選ぶ

看護師は女性中心の職場で、新人の私服が派手だと、不満を抱いて目を付ける方もいます。
オシャレをしたい気持ちは休日に取っておいて、通勤用の私服はなるべくシンプルで無難な服を選ぶとよいでしょう。

私服のシンプルさを求めている看護師の口コミ投稿

・投稿者:30代女性/総合病院勤務

通勤用の服は、なるべく目立たないようにしています。あまり派手な服を着ると、同じ部署の人から目を付けられる事もありますし、他部署からも噂になってしまう事があります。
特に生足でミニスカートなど露出が多い服や、ボディーラインを強調しすぎた色気重視の服で通勤すると、ヤリマンとか悪い噂が流れるリスクもあります。

職場や、看護師のポジションやキャラクターにもよると思いますが、私服はなるべくシンプルで無難な物を選んだ方がいいと思います。
ただし、社会人の女性なので、毎日同じ服を着たり、ヨレヨレの服を着るのも、よくないと思うので、古着は買わないようにして、私服のレパートリーは増やして、定期的に新しい服も買うように心がけています。

ナース服のまま通勤する

地方や車通勤ができる職場では、ナース服のまま通勤する方がいます。
着替えの必要がないので、時間と手間を短縮できます。

ナース服で通勤している看護師の体験談

・投稿者:40代女性/総合病院勤務
今は地方に住んでいて車通勤をしています。職場の駐車場から従業員用出入り口も近いですし、家の近所の人も私が看護師をしている事を知っているので、ナース服通勤に何も抵抗はありません。

若い頃は首都圏に住んでいた事があり、その頃も車通勤をしていましたが、さすがに恥ずかしくて当時は私服通勤をしてました。

まとめ

  • 看護師の服装は、職場によってルールが違う
  • 自分でナース服やナースシューズを用意している看護師もいる
  • 勤務中の服装が気になる時は、病院に職場見学して確認する
  • 看護師は通勤用の私服にも気を使う
  • 看護師の私服は脱ぎやすさを重視して、派手な服や過度な露出の服は控える

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。