当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が仕事を探す時は、福利厚生を必ずチェックしましょう。

基本給や職種が希望条件に叶っていても、福利厚生がしっかりしていないと、就職してから「こんなハズではなかった」と後悔してしまう事があります。
看護師が求人を探す時の、福利厚生のチェック方法と注意点についてまとめました。

福利厚生のチェックポイント

病院や企業など、看護師の職場の福利厚生には様々な取り組みがあります。
求人選びの時にチェックする福利厚生をまとめました。

  • 厚生年金の加入有無
  • 健康保険の加入有無
  • 企業年金などの用意の確認
  • 昇給の回数(年1回など)
  • 賞与の有無及び回数、過去の実績(年2回、昨年度年間4.3ヶ月分など)
  • 交通費支給(上限額も確認)
  • 住宅手当の確認
  • 寮の確認
  • その他手当の詳細
  • 退職金制度の確認
  • 車通勤の可否(従業員用の駐車場代負担や交通費の計算方法も確認する)
  • 産休・育休実績
  • 託児所の有無
  • 介護休暇実績
  • 社内行事の確認
  • 従業員割引制度の確認(レジャー施設・ホテルなどの割引冊子の有無。主にべネフィット、福利厚生クラブなど)
  • 従業員の診療代割引制度の確認(割引率や家族の利用可否)
  • 資格取得支援(休暇や学費負担などの確認)

自分の求める福利厚生を整理する

福利厚生には様々な項目があり、全ての項目が好条件になっている職場はなかなかありません。まずは自分の求める福利厚生を整理しておきましょう。

例えば、電車通勤をする人から見れば、車通勤が可能の職場でも何も恩恵を受けられません。駅からの距離など職場の立地や、実際にかかる定期代と交通費の上限金との比較をする事が必要になります。

また、現在住んでいる自宅から通勤する場合は寮よりも住宅手当の方が重要になりますし、入寮を希望する場合は住宅手当はあまり気にしなくて構いません。

今の状況と、将来的に考えられる状況の変化を含めて福利厚生で優先して求めたい項目を整理しておきましょう。

福利厚生は求人だけでは分からない

看護師の求人の募集要項を見ると、社会保険や昇給、賞与、手当などの詳細を確認する事ができます。しかし、それ以外の項目は求人には掲載がありません。

求人を見るだけでは福利厚生の充実度が分からないので、面接や入職説明会の時に自分で確認するか、転職コンサルタントを利用して内容を確認してもらう事が必要です。

福利厚生についての転職成功談・失敗談

看護師の転職では、実際に転職してから福利厚生の良さや悪さに気づく事があります。実際に転職経験がある看護師の方から、福利厚生に関連した事での成功談と失敗談の口コミを集めてきました。

基本給は高くなったのに、交通費で赤字

Kさん/総合病院から総合病院へ転職

給料が前の職場よりも高待遇だったので転職しました。しかし結果的には手取り金額はほとんど前職と変わりませんでした。その原因は交通費です。私は車通勤をしていて職場までの通勤距離は前職と転職先でほとんど同じでした。

しかし、前職では1万2千円の交通費が支給されていた所が、現在の職場では7千円しか支給されません。さらに従業員用の駐車場代で4千円取られていたので、今の職場は交通費が大赤字です。

転職する時に交通費の事は全然考えていなかったので後悔しています。

保育園から託児所付きの職場への転職で大成功

Fさん/総合病院から託児所付き総合病院へ転職

夫婦共働きで、夫も稼ぎも含めた世帯収入はそれなりにあります。以前は子供を民間の保育園に預けていましたが、料金が世帯収入に比例する事や、仕事の残業で延長料を払っていたので、総額で月に8万円程保育園代がかかっていました。

負担が大きく、残業が増えて決められた時間に子供を迎えにいけなくなったので、託児所がある病院へ転職しました。病院の託児所は年収に関係なく従業員は1日千円で預かってくれます。その結果、月に2万5千円程度の負担で済むようになりました。送迎の手間も軽減されたので、転職して大成功でした。

自己負担金もほとんどなく上京できた

Iさん/地方総合病院から都心総合病院へ転職

地方で看護師の仕事をしていましたが、環境を変えたくて上京を決意しました。看護師転職サイトを利用すれば、地方にいながら全国を対象に就職活動ができたので便利でした。転職コンサルタントに相談したら、東京の病院の採用担当者がわざわざ出張面接してくれたのにはビックリしました。

単身寮に格安で入れて、当然敷金、礼金もありません。その寮を出て行く方が、購入して2年程度の最低限の家電を置いていきたいと相談があったようで、迷わずにOKを出しました。

上京するのに引越し費用や日用品の購入で50万円以上は払う覚悟でしたが、良い就職先が見つかって自己負担金をほとんどかけずに上京できました。

まとめ

  • 福利厚生には様々な種類がある
  • 求人情報だけでは福利厚生の全ての状況が分からない
  • 求人探しの時は自分が優先したい福利厚生を整理しておく
  • 福利厚生の事をちゃんと考えて転職しないと後悔する事もある
  • 給与などの待遇が悪くても福利厚生が充実していれば満足できる事もある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。