当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

夜勤をこなす看護師の働き方には「2交替」と「3交替」があります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、転職する看護師は、2交替を希望する方が多い傾向にあります。

ここでは、「2交替」を選ぶ時の注意点をまとめました。

2交替と3交替の違い

そもそも2交代と3交代は、どのような違いがあるのでしょうか?
2交替と3交替の違いは、次の通りです。

2交替の働き方

2交替は、通常の日勤(8時30分〜17時など)と、夜勤(16時30分〜翌9時など)の勤務に分かれたシフトです。日勤以外の時間の業務を、全て夜勤勤務者がこなします。主に週に1〜2回夜勤と明けをこなします。

1週間の勤務例:夜勤・明け・日勤・日勤・日勤・休日・休日

2交替の働き方には、次のメリット・デメリットがあります。

2交替のメリット
  • 夜勤翌日は必ず休養日になる
  • 最低2時間の仮眠時間を取る事が義務付けられている
  • 救急指定でなければ、患者の就寝時間後はゆっくりできる事がある
  • 夜勤の前に日勤が入る事がないので、事前に休息時間を確保できる
  • 夜勤明けの日に遊んだり、自分の用事を済ませる事ができる
  • 月に夜勤をこなす日数が少ない
  • 1回の夜勤手当が高い
2交替のデメリット
  • 1回の勤務時間が16時間前後になる
  • 勤務時間が長い為、集中力を欠いてインシデント(事故や事故の恐れがある軽微なミス)の発生件数が多い
  • 夜勤の後に残業をする事が多い

3交替の働き方

3交替は、通常の日勤(8時30分〜17時など)と、夜勤・準夜勤(16時30分〜0時50分など)と、深夜勤(0時30分〜9時など)の3つに分かれたシフトです。

2交替では1人でこなす業務をさらに2分割して、合計で3交替で1日の業務を回します。日勤と深夜勤の間にあたる業務は、職場によって「夜勤」や「準夜勤」など呼び方が違います。

3交代のシフトは勤務先によって違いますが、主に夜勤と深夜勤を4日こなすシフトを1クールと呼び、月に1〜3回夜勤と深夜勤をこなすクールに入ります。

1週間の勤務例:休日・夜勤・夜勤・深夜勤・深夜勤・休日・日勤・日勤

3交替の働き方には、次のメリット・デメリットがあります。

2交替のメリット
  • 1回の勤務時間が短い
  • 夜勤クールに入ってしまえば体力的な負担が少ない
  • 夜勤(準夜勤は引き継ぎ時間が患者の就寝中の為、残業する事がほとんどない
  • 夜勤、深夜勤に入る回数が多いので、手当の総額が高くなる
3交替のデメリット
  • 夜勤、深夜勤前に休息時間を確保できない事もある
  • 明けがないので休日が少なく感じる
  • 夜勤クールが始まる前後には、日勤から夜勤・深夜勤や、夜勤や深夜勤をこなしてから日勤などの過酷なシフトを組まれる事がある。
  • 連休や希望休が取りにくい
  • 深夜勤の仮眠時間は1時間しかない

2交替は必ずしも3交替よりも良い仕事とは言い切れない

紹介している通り2交替と3交替には、それぞれメリットとデメリットがあります。人によって2交替への適性も違いますので、看護師の仕事は3交替よりも2交替の方が良い仕事とは言い切れません。

2交替の職場へ転職する時は、2交替の特徴をしっかり理解して検討するようにしましょう。転職をされた看護師の口コミ情報や体験談を見ると、全体的には2交替の方が人気が高い傾向が出ています

2交替の求人の探し方

2交替の看護師の求人を探す方法と、注意点をまとめました。

看護師転職サイトの検索だけでは、完璧に絞り込む事ができない

看護師が転職に向けて、希望する条件を絞り込む時に便利なのが看護師転職サイトです。看護師転職サイトの検索機能には、様々な絞り込み検索機能が用意されていて、「2交替」や「3交替」の項目を用意しているサイトもあります。

しかし一部の病院では、忙しい病棟だけ3交替、落ち着いている病棟は2交替などといった、変則的なシフトを組んでいる病院もあります。その為、求人検索で2交替のチェックを付けても、3交替の病棟もある病院が混ざっている事があるので注意が必要です。

2交替が多い施設とは

2交替の求人を探す時は、どのような施設が2交替が多いのかを理解しておくとよいでしょう。
2交替が多い施設の例や、注意点を紹介します。

介護施設はほとんどが2交替

老人ホームなどの夜勤が必要な介護施設は、そのほとんどが2交替制を導入しています。これには人手不足が深刻な事も追い風になっていて、中には2交替なのに週に3回以上夜勤を入れられる職場もあります。

介護施設の求人を探す時は、2交替か3交替の確認だけではなく、月に夜勤をする頻度も確認しておきましょう。

近年では3交替から2交替へ変更する病院が増えている

近年では、3交替から2交替に変更する病院が増えています。

まずは、2交替や3交替の両方を含めて、希望するエリアで気になる病院の求人をピックアップして、3交替で気になる求人を見つけたら、2交替の病棟の有無や、今後の変更予定を問い合わせをしてみる方法が効果的です。

公立系は国立のみ2交替が主流

公立系病院は、全般的に3交替のシフトを導入している病院が多いです。しかし、国立病院だけは2交替の職場が主流になっている傾向があります。

最近では県立病院や市立病院も2交替に変更している所も増えています。

大手個人病院は3交替の比率が高い

個人病院と呼ばれる医療法人が運営する総合病院は、それぞれの病院の方針によって2交替や3交替など対応は分かれています。傾向としては、拠点がたくさんある大手では3交替を導入している比率が高いです。

医療法人最大手の徳洲会グループは、2交替のみで運営している病院がほとんどありません。最近の大手個人病院は、1部の病棟で2交替の導入を始めている所が増えています。

転職コンサルタントへ相談する

2交替の求人を探したい時は、転職コンサルタントを利用するとスムーズです。最近では一つの病院で2交替と3交替の病棟を併設している病院も増加傾向にあります。その為、求人を見るだけでは2交替、3交替の見極めが難しくなってきています

転職コンサルタントを利用して、2交替の条件希望を伝えれば、2交替の病棟がある求人のピックアップから、2交替の配属先の募集状況なども確認してもらう事ができます。

まとめ

  • 2交替と3交替にはそれぞれメリット・デメリットがある
  • 全体的に2交替の方が現役看護師からの人気が高い
  • 3交替から2交替へ変更している病院が増えている
  • 病棟によって2交替と3交替を使い分ける病院が増えている
  • 2交替の求人を探すには、検索機能だけでは絞り込めないので、転職コンサルタントを利用するとスムーズ

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。