当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の新人時代は覚える事が多く、上司、先輩の指導も厳しい事から、壁にぶつかり離職率も高い時期です。
ここでは、看護師の新人教育や、新人に必要な心構えと、壁を乗り越える方法をまとめました。

看護師の新人教育体制

看護師の新人教育は、次の2種類に分かれます。

  • 職場が用意した新人教育課程を受講する
  • 現場OJTで、すぐに現場に入って教育係からの指導を受ける

職場が用意した新人教育課程は、主に新卒者向けに実施されています。
新人教育課程を経て、現場でOJT研修を受ける流れになります。

中途採用や、総合病院や保健センター以外の新卒入社する人が少ない中小規模の施設では、新人はすぐにOJTで現場の経験を積む事になります。

新人教育課程の流れ

新人教育課程の内容は、職場によって異なります。
ここでは、某総合病院の新卒向け新人教育課程の流れを紹介します。

入職後1ヶ月の集中教育

1ヶ月間の間、新人は独立した教育チームに入り、座学や院内の施設や設備の見学、簡単な医療処置の実習などを行います。
総合病院は施設全体が広いので、施設や設備、備品の場所などに時間をかけて見学させて覚える事が大切です。

2ヶ月目〜1年を目安にした定期研修

入職後1ヶ月の集中教育を終えた新人は、各部署に配属されてOJT研修が始まります。

現場配属された2ヶ月目以降は、月に1、2回のペースで新人向けの定期研修や勉強会を実施します。
研修会では、決められたカリキュラムの教育だけではなく、新人が現場で困った事の相談や、解決策を見つける場としての役割も兼ねています。

新人教育課程は、経験が浅い看護師や復職看護師も受けられる

新人教育課程は原則、新卒者向けに実施される研修制度です。
しかし、経験が浅い看護師やブランクがある復職看護師など、看護スキルに不安を抱えている方は、面接時や応募前などに事前に相談する事で、新卒と一緒に教育課程を受けられる場合もあります

新人教育課程は、新卒が入ってくる4月入職のみなので、4月以外の時期は希望してもすぐに現場でのOJT研修を求められるか、4月入社まで時期をズラす提案がされます。
中途採用は4月入社でも、事前相談がなければ、新卒向けの新人教育からは除外されて、すぐに現場勤務する事を求められます。

看護師の新人に必要な心構え

新人看護師は、成長性や自己防衛の観点から、新人に必要な心構えを持って仕事に取り組む事で、上司や先輩からの評価が高くなり、自分の立場を守れます。

ここでは、看護師の新人に必要な心構えを紹介します。

服装・身だしなみは新人らしくする

看護師の職場は、勤務先や部署によっては自由度が高く、茶髪やシンプルなピアスを認められている事もあります。また、勤務中はナース服に着替えるため、通勤用の私服に制限はありません。

そのため、オシャレに力を入れている先輩もいますが、新人のうちは、なるべくシンプルで無難な服装と身だしなみにするように気を遣いましょう。

新人のうちから、茶髪や濃い化粧、派手な私服などを身につけていると、目立ってしまい、先輩から目をつけられる事があります。仕事で1人前と認められるまでは、オシャレやメイクが好きな人も我慢して、清潔感ある服装と身だしなみを心がけましょう。

新人のうちは決して口答えしない

新人看護師が職場からの風当たりが強くなる理由で多いのが、口答えや言い訳をする事です。
仕事のルールは病院や部署によって様々です。時には学生時代や前の職場で教わったコンプライアンスを守っていなかったり、実習などで経験した環境に比べて非効率なやり方をしている所もあります。

しかし、新人のうちは多少理不尽で間違っていると思った事があっても、素直に従い、口答えしないようにしましょう。思った事や、自分が正しいと思った事を新人のうちから口に出してしまうと、「新人の癖に生意気だ」と上司、先輩の反感を買ってしまいます。

仕事のONとOFFをしっかりつける

看護師の仕事に限らず、全ての業種に共通して言える事ですが、社会人として働く時はONとOFFのメリハリが大事です。出勤してから退社するまで、ずっと気持ちをONにしたままだと、息苦しくなってしまい、どこかで悪い反動が来てしまいます。仕事を上手にやっていくためには、ONとOFFの切り替え方を覚える事が大切です

同期や同年代が多い新人の場合は、気を許せる仲間がいるので、休憩中などに気持ちをOFFにする事は難しくありません。しかし、新人の失敗で多いのは、OFFからONへ瞬時に切り替える事ができない事です。休憩時間が終わっても世間話を続けたり、緊張感がある職場で、少しでも手があくと雑談してしまい、周囲の評価を下げる場合があります。

上手にONとOFFの切り替えをするように心がけましょう。

新人がぶつかる壁を乗り越える方法

看護師の新人は、能力やセンスに関係なく、多くの人が壁にぶつかり悩みを抱えます。なかには、壁を乗り越える事ができず、そのまま退職してしまう人もいます。

ここでは、新人がぶつかる壁を乗り越える方法を紹介します。

ひたすら耐える事も大切

看護師の職場には、新人に対して理不尽な事で怒ったり、悪い態度で接するなど新人を快く受け入れようとしない先輩もいます。また、看護師の仕事は多岐にわたり、すぐに全ての仕事を覚えたり、適切な判断をする事はできません。

仕事や人間関係に悩む新人は多いですが、結果的に時間が解決する事もよくあります。ひたすら耐えて真面目に仕事に取り組んでいけば、確実に仕事を覚えていきますし、仕事ができるようになれば、自然と新人嫌いの先輩からの風当たりもよくなります。

また、病棟勤務などでは入職後3ヶ月を目安に夜勤が始まり、体力面の負担も大きくなります。夜勤も入るシフトになると生活リズムが不規則になりますし、その頃から残業量も増えてきます。最初は自分にはできないと心が折れそうになりますが、キツい労働環境でも続けていけば、身体は慣れていきます。

新人時代は辛い事や大変な事も色々ありますが、時間が解決してくれる事もあるので、辛い新人時代を乗り越えるためには忍耐力も必要です

相談できる仲間を見つける

新人看護師は、辛い事も多く、職場や先輩に不満の気持ちを抱く事もあります。こうした不満や悩みは溜め込まずに、誰かに相談して愚痴や悩みを吐き出していく事が大切です。同期がいる場合は、信頼できる仲間を見つけて相談しあったり、家族や友人などに頼るのもよいでしょう。

中途で身近に相談できる人がいない時は、転職時に利用した看護師転職サイトの担当スタッフ(コンサルタントなど)に、話を聞いてもらう方法もあります。誰でもいいので、相談できる仲間を見つける事は、新人の壁を乗り越えるために大切な事です。

自分を変える努力をする

新人看護師は、職場のルールや理不尽な上司や先輩に不満を抱く事もあります。確かに新人ナースの言い分が正しい事もありますが、新人が壁を乗り越えるためには、今の環境や立場を受け入れて自分自身を変える事も大切です

特に中途入社の新人はプライドが邪魔をして大きな壁を作っている事もあります。素直で謙虚な姿勢で仕事に取り組むなど、壁にぶつかった時は自分を変えるから始めてみるとよいでしょう。

まとめ

  • 看護師の新人自体は業務内容と人間関係の双方で難しい事がたくさんある
  • 総合病院の新卒は、新人教育課程を用意されている事がある
  • 新人がぶち当たる壁を乗り越えるには、正しい心構えを持っておく事が大切
  • 新人が壁を乗り越える方法は、相談相手を見つけたり、自分を変えるだけではなく、ひたすら耐えて時間の解決を待つ事も大切

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。