当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

認定看護師と専門看護師は、資格取得後も定期的に更新手続きを行わなければいけません。
ここでは、それぞれの資格の更新方法について紹介します。

認定看護師・専門看護師は5年ごとの更新が必要

日本看護協会の認定を受けた専門看護師と認定看護師は、認定を受けてから5年ごとに更新審査を受ける事を義務付けられています。

更新するには、日本看護協会が定めた要件を満たしている必要があります。

認定看護師の更新資格

認定看護師の更新をするには、次の要件を満たしている事が必要です。

  • 日本国の看護師免許を有すること。
  • 申請時において、認定看護師であること。
  • 申請時において、過去5年間に下記の看護実践と自己研鑚の実績があること。
  • 看護実践時間が2,000時間以上に達していること。
  • 制度委員会で定めた学会及び研究会等への参加や発表、または雑誌発表等の研修実績及び研究業績等が規定の内容で50点以上に達していること。

専門看護師の更新資格

専門看護師の更新をするには、次の要件を満たしている事が必要です。

  • 日本国の看護師免許を有すること。
  • 申請時において、専門看護師であること。
  • 申請時において、過去5年間に下記の看護実践と自己研鑚の実績があること。
  • 看護実践時間が2,000時間以上に達していること。
  • 制度委員会で定めた学会及び研究会等への参加や発表、または雑誌発表等の研修実績及び研究業績等が規定の内容で100点以上に達していること。

認定看護師・専門看護師の更新審査のポイント

認定看護師・専門看護師の、更新審査の受験資格を受けるためのポイントをまとめました。

看護実践時間2,000時間とは

認定看護師と専門看護師の更新には、それぞれ5年で2,000時間の看護実践時間が必要になります。

看護実践時間とは、資格を取得した分野の現場で看護師として勤務した時間のことです。5年で2,000時間を満たすために必要な勤務時間は、次の通りです。

  • 5年2,000時間 = 年間400時間
  • 年間400時間  = 月間33.3時間

そのため、

  • 8時間勤務の常勤者の場合 → 月間5日勤務(40時間)でクリア
  • 4時間勤務のパートタイマーの場合 → 月間9日勤務(36時間)でクリア

このように、5年で2,000時間は決して難しい条件ではありません。常勤の場合、8時間勤務を月に25日こなせば月間200時間、年間2,400時間で、更新基準の2,000時間をクリアできます。

つまり、更新審査を受けるまでの5年間で、最低でも1年常勤で働いた実績があれば、更新資格を得られます。申請時に休職・離職中であっても、5年にさかのぼって2,000時間の看護実践期間を満たす者は、申請が可能と定められています。

看護実践時間2,000時間と教育職の例外

認定看護師と専門看護師の更新資格の看護実践時間とは、現場で処置をする勤務の事を指し、看護学校の教員など教育職で勤務した場合、看護実践時間とみなされません

ただし、次の場合に限り、一部を看護実践時間として認められます。

  • 専門看護師教育課程における実習指導の時間  → 年間270時間までは看護実践教育として認められる
  • 認定看護師教育課程における主任・専任教員としての演習・実習の時間  → 年間240時間までは看護実践教育として認められる

このように資格取得の為の教育機関で指導員として勤務した場合は、決められた時間が看護実践時間として認められます。

しかし、それだけでは5年で2,000時間の要件を満たせない為、他にも分野に精通した職場で勤務した実績が必要になります。

看護師養成過程の教員などは一切、認められる時間がない為、通常業務の他に5年で2,000時間現場で働いた実績を作らないと資格更新する事ができません。

更新審査の延長が認められる事も

病気その他やむを得ない理由により、看護実践時間が不足して認定更新申請ができない場合は、更新審査該当年に認定期間の延長を申請し、認められれば認定期間を延長することができます

どうしても、5年で2,000時間の看護実践時間を満たせなかった方は、事前に看護協会へ問い合わせをしてみるとよいでしょう。

更新審査の延長は必ず認められるとは限りません。やむを得ない理由と認められなかった場合、資格の更新ができずに失効してしまう場合もあります。

学会、研究会等の参加実績と必要点数の確保

認定看護師・専門看護師の資格を更新するには、研修実績および研究業績等を合わせて、認定看護師であれば50点以上。専門看護師であれば100点以上獲得している事が必要です。

認定看護師と専門看護師の更新の違いは、この研究実績および研究業績等の必要点数が変わる事です。

必要点数は、看護協会が定めた学会や研修で、参加、発表、論文提出などで2点〜15点の点数が付与されています。こうした研修・研究実績を5年累計で、認定看護師であれば50点、専門看護師であれば100点必要になります。
(参考URL:http://nintei.nurse.or.jp/nursing/wp-content/uploads/2015/07/CNS-sinkokuhyouitiran201507.pdf)

認定看護師・専門看護師の更新審査の流れ

認定看護師・専門看護師は、それぞれ看護協会が制定している資格です。そのため、更新審査の方法はそれぞれ共通している部分が多いです。

認定看護師・専門看護師の更新審査の流れについて紹介します。

更新年の2月下旬に更新案内の書類が届く

5年毎の更新審査が必要な年になると、2月下旬に看護協会より案内のハガキが届きます。
その案内ハガキに、必要な手続き方法も記載されているので確認しておきましょう。

春ごろから、申請準備を行う

認定看護師であれば3月下旬、専門看護師であれば4月下旬から申請準備を行います。看護協会により送付された「更新の手引き」に目を通しておきましょう。

更新審査には、定められた書類の用意が必要です。時間に余裕を持って必要書類の準備をしておきましょう。必要書類は認定看護師・専門看護師で共通になっています。

認定看護師・専門看護師の更新審査の必要書類
  • 履歴書(オンライン提出)
  • 実践報告書(オンライン提出)
  • 研修実績および研究業績等申告表(オンライン提出をした後に郵送で送付)
  • 認定更新審査申請書類確認用紙
  • 看護実践時間証明書
  • 教育従事期間証明書
  • 研修実績および研究業績に関する証明資料
  • 改姓に関する証明(改姓していない場合は不要)

更新審査の申請

認定看護師・専門看護師の更新審査の申請は、それぞれ日本看護協会が運営する『資格認定制度 審査・申請システム』よりオンライン申請が必要です。

まずはログインをして、個人情報の編集を行います。資格取得時と住所や姓が変わっている場合は、必要に応じて変更をします。続いて、案内される手順に従い必要事項を入力し、更新申請を行います。

申請期間

認定看護師と専門看護師の更新は、毎年6月〜8月に申請期間が定められています。
2015年の更新申請期間を紹介します。

●認定看護師
審査申請          6月23日(金)10:00から7月2日(月)15:00まで
申請書類(オンライン)提出  6月23日(金)10:00から7月9日(月)15:00まで
申請書類(郵送)提出     6月23日(金)から7月9日(月)まで(消印有効)

●専門看護師
審査申請          7月24日(金)10:00から8月3日(月)15:00まで
申請書類(オンライン)提出  7月24日(金)10:00から8月3日(月)15:00まで
申請書類(郵送)提出     7月24日(金)から8月10日(月)まで(消印有効)

こちらは、あくまでも過去の日程事例です。
これから更新する方は最新の情報をチェックしておきましょう。

更新申請手数料の支払い

認定看護師・専門看護師ともに更新審査には、手数料30,240円(税込)が必要です。
更新の手引きに記載されている期日までに、指定口座に銀行振込で支払います。

審査合否の確認

認定看護師と専門看護師の更新審査は、書類審査のみで行われます。指定された期日までに、必要書類の提出と審査申請手数料を入金すれば、審査を経て合否が判定されます。

合否の通知時期は、2015年を例にすると次の通りです。

  • 認定看護師更新審査合否発表  10月1日10時
  • 専門看護師更新審査合否発表  12月8日14時

合否確認の方法は インターネットより『資格認定制度 審査・申請システム』へアクセスし、申請状況一覧をクリックします。

認定料の振込

更新審査を合格したら、合否通知から1週間以内に銀行振込で認定料を支払います。認定料は認定看護師・専門看護師共通して20,520円です。

つまり、認定看護師と専門看護師の更新には、審査手数料と認定手数料で合計50,760円かかります。

登録内容の確認、資格保有者の公開設定

更新手続きが完了すると、後日看護協会より手続き完了メールが送信されます。メールが届いたら『資格認定制度 審査・申請システム』にログインし、認定登録番号、資格、認定年月日等が間違っていないか確認します。

また、認定登録情報(氏名及び所属施設名)を、日本看護協会公式ホームページ上で公開することの可否を任意で設定できます。情報の確認の公開設定が完了したら、登録情報の更新を行います。

認定証の交付

登録内容の更新をすると、後日郵送で認定証が発送にて交付されます。
認定証の内容に誤りがないか確認し、問題なければ認定看護師、専門看護師の更新手続きは完了です。

まとめ

  • 認定看護師・専門看護師は資格取得した後も5年ごとの更新が必要
  • 更新手続きをするには、5年で2,000時間の実務実績と看護協会が定めた研修・学会への参加実績が必要
  • 更新手続きはインターネットと郵送で行う
  • 更新手続きには更新審査手数料で30,240円と認定料で20,520円がかかる
  • 登録者情報を看護協会のホームページで公開の可否を任意で選べる

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。