当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師が病院内で出世する為の方法について調べてきました。
実際の事例を見ながら、病院で出世する道を理解しましょう。

出世基準は病院ごとで様々

出世する看護師の選定方法は病院によって様々です。出世への近道は、勤務先の病院の出世基準や選定時に重要視していることを把握するのが一番です。

ここでは病院ごとの出世の選定基準の事例や、口コミで寄せられた看護師の出世基準などを集めてきました。

大学病院は、最低4大卒でないと出世できない

大手の大学病院では、学歴を重要視しています。最低でも4大卒以上でないと看護師長以上へ出世する事ができません。専門卒で大学病院に勤めていて、出世願望が強い場合は転職した方が出世の近道になります。

中途採用が多い病院では、年齢を重視される

看護師は中途入社が多い職種です。病院によっては40代や50代の新入職員も多数活躍しています。そのため、管理職へ出世する人材を選ぶ時は、年齢を重視される事があります。

30代や40代前半で勤続年数が長くて高い能力を持っていたとしても、若い看護師が管理職になると良く思わない看護師もいます。40代や50代のベテランで管理職の適性がある人材が既存スタッフにいない時は、外部から管理職候補を募集するケースもあります。

副主任・主任の役職までは、とにかく上司にゴマをする

看護師の職場で管理職ではなく、主任や副主任などの役職をもらう時は、看護師長や看護部長などの上司に気に入られる事が大切です。露骨に上司にだけ良い顔をすると、周囲の同僚から悪い噂が出て、足元をすくわれたり、悪い評判が上司の耳に入ってしまいます。

一般企業と同様に世渡り上手な方が出世が早いです。看護師長以上の管理職の選定では、マネジメント能力などの適性を見られます。

忍耐力があり、モチベーション管理が上手な人が出世する

看護師の仕事をしていると、時には嫌な事もあります。出世意欲が高く積極性があると、周囲が嫌がるような仕事を押し付けられる事もあります。出世できる看護師と、できない看護師の違いは、嫌な事があっても気持ちを切らさない事です。

病院で出世をするには、長い年月をかけて同僚からの信頼を得る事が必要です。高い忍耐力とモチベーションがあれば、必ず周囲からも評価されて出世をしていく事ができます。

認定看護師か専門看護師を取得する

看護師は資格を取得してキャリアアップしていく事も出世の近道です。数ある看護師関連の資格の中でも、出世に有利なのが「認定看護師」と「専門看護師」です。

それぞれ学校へ通う事が必要で、金銭的にも時間的にも負担が大きいですが、資格を取得すれば職場から高く評価されます。ただし、病院によっては出世の選定方針で、資格や看護スキルよりも人間性を重視している事があります

出世を見据えて資格取得を目指す時は、病院の方針をしっかり把握してから検討する必要があります。

人脈を大切にする

看護師は離職率が高く、他の病院へ転職していく同僚も少なくありません。また看護師業界では、引き抜きによる転職や管理職候補としての採用もよくあります。そのため、出世をする一つの方法としては、人脈を広げていく事も大切です。

退職していった看護師など、なるべく一緒に仕事をした実績がある看護師との人脈を大切にしましょう。人脈が多く、自分の事を評価してくれている人が増えていけば、どこかで引き抜きなど、出世の近道になるような良い話が入ってくるかもしれません。

出世意欲をしっかりアピールしておく

看護師の中には、責任や雑務が増える事を懸念して、「出世をしたくない」と思っている方もたくさんいます。病院では、希望しない看護師へ出世の話が出たことをきっかけに看護師が退職してしまうリスクを懸念します。

そのため、昇格選定の時には看護師長や看護部長は、出世意欲がある看護師の中から厳選して声をかけていきます。職場から評価されるには、時には前には出ずに協調性を重視したり、自分の仕事を最優先でこなすなど、縁の下の力持ちのような役割を担う事も必要です。

しかし、看護師長など直属の上司には、しっかり出世意欲がある事をアピールしておきましょう。

まとめ

看護師が出世する為の方法は、病院によって様々です。病院によっては、どれだけ頑張っても専門卒では出世させてもらえないケースや、看護師長や部長など上司に気に入られれば多少の問題があっても、どんどん出世していける事例もあります。

まずは、現在の職場の出世の選定方針を理解する事からはじめ、病院に合わせたアピールや自己啓発に努めていく事が大切です。

学歴や年齢、上司との相性など、今の職場を続けても出世できる見込みがないと感じた時は、早めに転職を検討した方が将来的なキャリアアップの近道になる事もあります。

また、出世できる看護師の共通点として挙げられるのが「敵を作らない事」です。出世の選定を行う上司や上層部だけにアピールするのではなく、同僚や退職していった元同僚からも高い評価をもらえるように心がけていく事も大切です。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。