当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

専門看護師を目指すための流れとポイントをまとめました。

専門看護師になるには正看護師の資格が必要

専門看護師の受験資格には「日本国の看護師免許を有すること」と定められています。

ここでいう看護師免許とは正看の資格で、准看しか持っていない方は、認定看護師になる事ができません。

大学院へ通う必要がある

専門看護師になるには、看護系大学院修士課程修了者で、日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していることが必要です。

つまり、専門看護師は大学院へ通わないと取得できない資格です。

大学卒業後に実務経験が必要

一般的な大学院の場合、ほとんどの学生が大学卒業後にそのまま大学院へ進学します。しかし専門看護師取得の為に大学院へ通う場合は、看護師としての実務経験が必要です

基準は認定看護師と同じで、「実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること」と定められています。

ここで、専門看護師になる為には次の2つの方法があります。

  • 看護大学卒業後、一度病院へ就職して、実務経験を満たしてから大学院へ進学する
  • 専門学校卒業後、病院へ就職して所定の実務経験を満たす。その後、大学へ通信制などを活用して編入して学士を取得。その後大学院へ進学する

大学院の学費

専門看護師になる為の費用は、国公立系大学院にいくか、私立系大学院にいくかによって変わります。相場は次の通りです。

国公立系大学院
入学金 20万円〜50万円
授業料 年間一律535,800円
私立系大学院
入学金 20万円〜40万円
授業料 年間50万円〜120万円

認定審査・交付・登録

大学院の修士課程を修了した時に、筆記試験と書類審査によって専門看護師の認定審査が行われます。

日本看護協会の審査に通過して、晴れて専門看護師の資格を取得し、専門看護師認定証交付・登録が行われます。

専門看護師の難易度

認定審査の合格率

専門看護師の認定審査の合格率は、現役もしくは、大学院卒業後2年以内を条件におおよそ80%程です。

しっかり勉強すれば合格できる難易度ですが、大学院へ通えば必ず合格できる資格ではありません。

(参考:http://nintei.nurse.or.jp/nursing/wp-content/uploads/2015/03/cns_kateisyuryo-jittaihaaku_2015.pdf)

大学院への入学する為の難易度

専門看護師を取得するには、まずは大学院へ合格して進学しなければいけません。大学院へ入学する為の難易度は公立系・私立系など、目指す大学によって変わってきます。

また、大学病院で勤務している現役看護師の場合は、付属の大学院へ推薦により簡単に入れる場合もあります。

ほかにも勤務している病院の上層部と、受験する大学院の繋がりによっては、推薦状を書いてもらう事によって、入学への難易度が下がるケースもあります。

何もコネクションがない方の場合は、しっかり勉強して一般入試で大学院を目指さなければいけません。

大学院へ通う期間の仕事

専門看護師を取得する為には、2年間大学院へ通わなければいけません。この期間は仕事を休職するか、一度退職しなければいけません。

一部の大手大学病院であれば、専門看護師取得のサポートがあり、給与保証や学費の支援制度を行っているケースもあります

しかし、職場が手厚くサポートしている病院は少なく、半数以上の方が完全実費で大学院へ通っているのが現状です。大学院へ通っている間は、週末や夜勤で単発のバイトをしている方もたくさんいます。

専門看護師取得の為の補助制度

専門看護師を目指すには、大学院の学費だけではなく、通う期間の生活費など金銭面の負担が大きいです。

専門看護師を取得する時には、様々な補助制度があります。例えば、大学や勤務先の病院や看護協会の奨学金、市区町村など自治体による支援などがあります。

金銭面がネックになっている方は、勤務先の病院の人事や採用担当者、専門看護師を先に取得した先輩に相談するか、ハローワークや転職エージェントに相談をして、その地域や目指す分野で利用できる補助制度がないか確認しておきましょう。

負担が大きくても専門看護師を目指すメリット

専門看護師は、2年間の大学院に通う時間と費用がかかる資格です。

認定看護師に比べても取得する負担が大きい資格ですが、手当も微々たるもので、費やした費用と時間を仕事で回収する事は難しいです。

それでも専門看護師を目指す方が増えているのは、次のような理由が挙げられます。

  • 現場勤務していて、自分の看護レベルに不安を持っている
  • 患者や家族に対して、もっと適切な処置や対応、アドバイスをしてあげたい
  • 看護師専門外来など、責任感とやりがいのある仕事をしたい

このように、専門看護師を目指す方は、自分自身のレベルアップを目標にしています。専門看護師の資格制度ができて以降、少しずつですが専門看護師の注目度は増して、活躍の場は広がりをみせています

長く看護師として現場に立つ事を考えた時に、長い目でみてメリットがある資格です。

まとめ

  • 専門看護師を目指すには2年間大学院へ通う事が必要
  • 専門看護師への道には、大学院への受験と、卒業時の認定審査試験の2つの通過しなければいけない難関がある
  • 勤務先や自治体、看護協会が資格取得を補助している事もある
  • 有資格者の手当や待遇は低く、収入アップではなく、レベルアップや責任感がある仕事や役職に就く事を目指している方がほとんど

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。