当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師のキャリアアップの資格で、最もハードルが高く、取得した時に評価をされるのが「専門看護師」です。

専門看護師の特徴と、取得方法、メリットについてまとめました。

専門看護師は日本看護協会が定める資格

専門看護師を目指す前に、まずはどのような資格なのか理解しておきましょう。
専門看護師とは、日本看護協会が定める資格です。

「より困難で複雑な健康問題を抱えた人、家族、地域等に対してより質の高い看護を提供するための知識や技術を備えた特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有する看護師のことをいう」と定められています。

専門看護師の6つの役割概要

専門看護師は次の6つの役割を担うとされています。

  • 実践:個人・家族または集団への卓越した看護実践
  • 相談:看護職等へのコンサルテーション
  • 教育:看護職者に対する専門分野の教育的機能
  • 調整:保健医療福祉チームへのコーディネート
  • 研究:専門知識・技術向上及び開発をはかるための実践の場における研究活動
  • 倫理調整:個人・家族または集団の権利を守るための倫理的問題や葛藤の解決

専門看護師ができる事

専門看護師は、認定看護師と同様に国家資格ではなく、看護協会が認定する民間の資格です。

しかし、大学院過程を修了するなど、資格基準が厳しく定められていて一般や認定の看護師とは違い、「専門外来」という専門看護師独自の職に就く事ができます。

専門外来とは

専門外来とは、医師が特定の症状や疾患に限定して診察を行うものです。専門看護師が注目されるのは「看護師専門外来」になります。一部の病院では「看護外来」など、違う明記をしている場合もあります。

専門看護師を取得すると、その専門分野と比較的経度な症状に限定して、専門看護師のみで診察を行う事ができます。つまり専門看護師は医師なしの単独で患者を診察して診療報酬を得る事もできるのです。

そこが一般の看護師や認定看護師と決定的に違う点です。

診療報酬の加点

がん関連など、ある一定の分野において、医師が定められた研修を修了し、かつ看護師も専門(分野によっては認定)看護師を配置した環境で診療した場合、診療報酬に評価加点が付きます

診療報酬の加点については認定看護師と共通している部分があります。
(参考:3認定看護師を目指す)

専門看護師の手当

専門看護師を取得する事によって得られる手当は、病院によってそれぞれです。資格手当の有無も認定看護師と共通しています。

病院全体のおおよそ3分の2は認定看護師を取得しても手当は支払われません。資格手当を支払われている病院の手当金額の平均はおおよそ6,500円程です。

資格手当については、認定看護師と同様に評価が低いのが現状です。しかし、近年の看護師事情では学歴を優先する傾向が強まっています。その為大学院卒扱いになる専門看護師は基本給で優遇されるケースがあります

専門看護師の種類

専門看護師は2012年5月に「在宅介護」が追加されて、11分野の専門看護師が制定されました。

2015年11月現在、その後の専門分野の追加はないですが、大学が新しい分野の教育過程を追加すれば、専門看護師の種類は今後増える可能性があります。

現在の専門看護師の種類は以下の11分野になります。

  • がん看護
  • 精神看護
  • 地域看護
  • 老人看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 慢性疾患看護
  • 急性・重症患者看護
  • 感染症看護
  • 家族支援
  • 在宅看護

このように、認定看護師では治療分野に特定しているのに対して、専門看護師は一つの分野の範囲が幅広い事も特徴です。

専門看護師の人気分野

2015年11月24日現在、日本看護業界が公表している専門看護師の登録者数が多いのは次の分野です。

  1. がん看護(581人)
  2. 精神看護(207人)
  3. 急性・重症患者看護(177人)
  4. 小児看護(140人)

看護師専門外来は、大規模病院でも全11分野の診療科目を用意していません。専門看護師が治療する症状で多いのは「がん」、「透析」、「糖尿病」の3つの病状です。

その中でも、がん看護は放射線や抗がん剤治療による副作用の診察や処置を専門看護師が行っている事が多いです。また、看護師専門外来でなくても、人気分野は看護師のレベルの高さが求められる診療科目です。

その為、特定の分野の専門看護師に人気が集中しています。

専門看護師登録者数の地域性

専門看護師は資格を取得しても、勤務先の病院や医師が専門看護に特化したレベルに達していないと意味がありません。

その為、東京などの大都市では、大規模な病院が多く、専門看護師も登録者がいますが、一部の地方では全分野を合算しても10名に満たない県もあります。

  • 東京都(300人)
  • 大阪府(130人)
  • 秋田県(3名)
  • 鹿児島県(1名)

(参考:http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns)

まとめ

  • 専門看護師は、認定看護師よりも上の位置づけの資格
  • 専門看護師になると、看護師専門外来で直接患者を診察する事ができる
  • 看護師専門外来の仕事は、放射線や豪がん剤・透析関連が多い

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。