当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の仕事の中でも、病院で看護師長や看護部長などの、管理職の仕事内容についてまとめました。

総合病院の看護部の概要

看護師の管理職がある職場の大半は、総合病院が占めています。クリニックや介護施設などでは、役職が付く事はあっても、看護師の人数が少ないため、ずっと現場で働く事を求められる場合が多いです。

総合病院の看護部の役職を紹介します。

看護部長

病棟や外来など、看護師が働く職場を総括して看護部と呼びます。看護部長は看護部を束ねる管理職です。総合病院の場合、院長や副院長は医師になるので、看護師の中で一番偉いのが看護部長になります。

副看護部長

副看護部長は、看護部長の補助をする役職ですが、実際には看護部長の指示や業務の差別化は少なく、看護部長と連携を取りながら看護部全体の統率を取ります。中小規模の個人病院では、副看護部長のポストがないケースもあります。

看護師長

看護師長は、病棟や外来など、部署ごとの管理職です。一般企業で例えると、「課長」のポストにあたり、一昔前の男性看護師がほとんどいなかった時代は「婦長(看護婦長)」と呼ばれていて、現在もその名残が残っています。

主任・副主任

主任や副主任は、管理職ではなく現場で働く看護師の役職です。役職者は、後輩の教育や指導などリーダーシップを求められるとともに、現場で高い医療スキルを求められます。

一般職員

役職が付いていない一般職員です。総合病院の中では、一般職員でも常勤や非常勤など雇用形態が違います。常勤以外は、勤務日数が少なかったり残業できない制約がある為、業務内容を実力と勤務環境に合わせて考慮されて割り振りされます。

管理職の仕事内容

総合病院の「看護部長」と「看護師長」の仕事内容を紹介します。

看護部長の仕事内容

看護部長は、看護部のトップマネジメントを行います。病院の方針によって、医療成績が向上できるように、各部署への指示や、設備の管理など看護部全体の事を把握します。看護部長は、看護部内だけではなく、院長や他部署との連携も必要です。

看護部長は、患者の診療介助など現場での仕事は一切せずに、各部署を回ったり電話相談・会議などを通じてマネジメント業務に専念します。日常業務では、頻繁に管理下にある看護師長などから次のような相談が寄せられます。

  • 看護師の○○さんから自主退職の相談があった
  • 現在の状況では、明らかに人手不足なので、早く人員補給してほしい
  • 問題児の△△さんを対処しきれないので、他部署へ異動させてほしい
  • スタッフ同士や、対患者でトラブルが発生した

看護部長は、状況に応じて看護師長に適切な指示を出して、必要があれば自ら現場の看護師と面談を行います。

看護部長が、従業員の働きやすい環境を整備して、仕事や教育の効率化を行っていく事で、現場の看護師の定着率は高まり、病院全体の医療スキルが上がっていきます。

看護師長の仕事内容

看護師長には次の2種類の働き方があります。

  • 現場には立たずに、部下のコントロールや指示に専念する
  • 現場の日常業務をこなしながら。もしくは必要に応じてヘルプをしながら部下のコントロールや指示を行う

規模が大きい大学病院や公立病院では、スタッフが多い為看護師長は現場の仕事ではなく、管理職としてマネジメントに専念できる環境があります。

長年、看護師長として勤務している看護師の場合、現場の仕事のブランクが空いて、注射などの簡単な処置の現場の仕事ができなくなってしまう場合もあります。中小規模の個人総合病院では、看護師長も必要に応じて、現場の仕事をこなす事を求められます。

看護師長は部下のモチベーションコントロールが大切

病院では、看護師の人手不足問題を解消するために、現場の看護師の定着率の向上を重要視しています。そのためにも、看護師長は部下のモチベーションコントロールが大切です。

看護師1人1人と面談などを通じて、しっかり向き合って不満の解消や目標の設定などを行い、高いモチベーションを維持できるように心がけます。近年では、看護師長の評価は、新人の育成と離職率の低さに重点を置いている病院が増えています。

看護師長は管理職向け研修が頻繁にある

看護師長になると、管理者研修やリーダー研修が定期的にあります。最低でも月に1回が目安で、多い時には月に2〜3回の研修参加が行われています。

規模が大きい総合病院では、各部署の師長を集めて研修が行われ、病院によっては社外研修が必要になる場合もあります。研修を通じて、現在の医療現場の環境や傾向を把握して、管理職として必要なスキルを身につけていきます。

管理職の給料

看護師長と看護部長の給料の相場について紹介します。

看護師長の場合は、日本看護協会の発表資料によると平均月収が40万円前後です。基本給×賞与が4ヶ月分と想定すると、基本的な年収は600万円です。これに残業代や、その他手当、賞与額に応じて600万円〜700万円が看護師長の年収の目安です。

看護部長の場合は勤務先の病院の規模によって変わってきます。公立病院や大学病院の看護部長は年収800万円〜1000万円で、規模が小さく利益が出ていない病院では年収600万円前後になってしまう事もあります。

看護師は初任給は高いですが、看護師長や看護部長などの管理職の給料は、一般企業の課長や部長よりも給料が全体的に低いと言われています。なかには、一度看護師長へ出世をしたけど、給料と業務量や責任との割が合わないと感じて、一般職員として転職希望をするケースもあります。

まとめ

  • 看護師の管理職とは、主に看護師長と看護部長がある
  • 管理職は現場の処置や診察介助よりも、現場のマネジメントなどコントロール業務が中心
  • 看護師長は、部下の看護師の離職率が評価に大きな影響がある
  • 看護師長以上では、管理者向けのリーダー研修が頻繁にある
  • 一般企業の役職者と比較して、看護師の管理職の給料水準は低い

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。