当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の資格には「看護師(正看)」と「准看護師(准看)」の2種類があります。

准看護師は、看護師と行える業務がほとんど変わらないのに、看護師よりも給料が安く、責任のある仕事やポストに就けないデメリットがあります。

しかし、准看護師の資格を持っていれば、無資格の方が一から看護師の資格を取るよりも簡単に資格を取得できます。また最近では、准看護師から看護師(正看護師)の資格を取る条件が、法改正で緩和される事も議論されています。

ここでは准看護師から正看護師を目指す方法についてまとめました。

准看護師から正看護師を目指す3つの方法

准看護師から看護師免許を取得するには、次の3つの方法があります。

  • 全日制の学校に2年通う
  • 定時制の学校に3年通う
  • 准看護師として10年の実務経験を積んでから2年間通信制の学校に通う

それぞれの方法を詳しく紹介していきます。

全日制の学校に2年通う

本来、看護師免許を取得するには、専門学校もしくは短大へ最低でも3年間通う必要があります。しかし准看護師の資格保有者に限り、全日制の学校であれば、最短2年で取得できると定められています。

しかし全日制で2年学校に通うには、その期間仕事をする事ができません。そのため、准看護師から正看護師を目指す方で、全日制の学校に2年通う方法を選ぶ方はほとんどいません

さらに需要が少ないため、現在では准看護師向けの全日制看護師養成過程を用意している学校は全国で探しても数える程度しかありません。

つまり、准看護師から2年の全日制の学校へ通って正看護師を目指す事は現実的ではありません。一部の学校では全日制ですが、週3日のペースで3年間かけて正看護師を目指すコースを用意している学校もあります。

定時制の学校に3年通う

定時制の学校で、准看護師から看護師免許を取得するには3年必要です。

3年という期間は准看護師を持っていない一般の方が、専門学校か短大に通って看護師免許を取得するのに必要な期間と同じですが、定時制であれば半日の授業で済みます

定時制の准看護師から正看護師を目指す養成コースには、「昼間コース」と「夜間コース」があります。授業の時間は学校によって違いますが、主に次の時間が授業時間になります。

  • 昼間コース  13時〜17時
  • 夜間コース  17時〜21時

授業は半日ですが、週5日のペースで3年間学校へ通う必要があります。2年生になってからは週3日病院での実習を行い、残りの2日間は学校で学科の授業になっている所が多いです。

定時制の学校でも、常勤で働きながら学校へ通う事は難しいです。そのため、定時制の学校で資格取得を目指している方は、午前パートや夜勤専従の派遣で働きながら学業と仕事を両立している方が多いです。

准看護師として10年の実務経験を積んでから2年間通信制の学校に通う

准看護師から正看護師を目指している方で、1番人気が高い資格取得方法です。准看護師として10年の勤務実績があれば、通学の必要が少なくても済む通信制で自宅から勉強して単位を取得できます。

勤務実績は、転職によって複数の病院で勤務していた場合でも、累計期間でカウントされます。ただし入学するためにはそれぞれの病院で勤務証明を取得する必要があります。

また、勤務中に産休・育休等で休職していた期間はカウントされません。なお、この10年の勤務期間が現在法改正で短縮される事が閣議決定されました。詳しくは次の項目で紹介します。

2017年より実務経験が5年に短縮される見込み

現時点ではまだ確定していませんが、閣議決定で、2017年より准看護師が通信制で正看護師を目指すための実務経験が、現行の10年から5年に短縮される事になりました。

このまま決定する見込みが高いですが、詳しくは2015年度末に決定される予定です。准看護師を取得して実務経験10年未満の方は、最新情報に注目しておきましょう。

通信制でも一部で学校や実習で通学する必要がある

通信制で看護師免許を取得する為には、次の3つの教育過程を受けます

  • 放送大学 30単位
  • 通信授業 16単位
  • 臨地実習 16単位

放送大学と通信授業は、主に自宅から通信教育を行う事ができますが、たまに集団講義で学校へ足を運ばないといけない機会もあります。

また臨地実習は、病院実習2日間と面接授業3日間。基礎看護は、授業・実習と続けて5日間ほど病院や学校へ通う必要があります。

通信制は挫折する方も多い

通信制の学校は、自宅で勉強できるメリットがありますが、勉強時間を裁量で作る事もあり、勉強時間を疎かにしてしまう方もいます。

特に働きながら通信制で看護師免許取得を目指している准看護師の方は、仕事が忙しくなると予定通りの勉強時間を確保できない悩みもあるようです。

通信制は最短2年で卒業できますが、最長4年まで時間をかけて資格取得を目指せます。

しかし全日制や定時制の学校に比べて、途中で挫折する方や、学校を卒業しても看護師免許取得の為の国家試験に落ちてしまう方が多い傾向があります。

通信制から2年で卒業できる方の割合は約6〜7割、国家試験の合格率は85%〜90%となっています。

しっかり勉強すれば決して難しい事ではないですが、2年は勉強に時間を費やせる環境があるのか、再確認しておくとよいでしょう。

准看護師から正看護師になる為の学費

准看護師向けの看護師養成過程の学費は、学校や養成所によって様々ですが、おおよその相場は次の通りです。

  • 全日制(週5日) 年間120万円〜150万円
  • 全日制(週3日)/定時制/通信制  各年間100万円前後。

つまり、学校へ通う必要な期間を考慮すると、全日制と定時制の場合は約300万円前後、通信制は約200万円前後の学費がかかります。

病院によっては、准看護師が正看護師を目指す場合に、学費の一部を補助してくれる場合があります。また学校によっては、看護師免許取得後に学校付属の病院へ就職する事を条件に、学費が大幅に割引される場合もあります。

学費の工面がネックになっている方は、現在の職場や、看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

准看護師から正看護師になると、平均年収で約70万円前後高くなるので、例え学費が自己負担でも目指す価値のあるキャリアアップの手段です。

まとめ

  • 准看護師から看護師(正看護師)を目指すには、全日制、定時制、通信制のいずれかの学校へ通う必要がある
  • 現在、准看護師向けの全日制の教育過程を用意している学校はほとんどない
  • 通信制で取得するには、准看護師として10年の実務経験が必要(2017年より5年へ短縮される見込みがある)
  • 必要な学費は約200万円〜300万円ですが、一部では勤務先や学校付属の病院が学費を援助してくれる場合もある

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。