当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

准看護師は、正看護師(看護師免許)よりも、取得する難易度が低く、取得費用が安い資格です。
(参考:看護師と准看護師の違い)

ここでは、実際に現場で働く准看護師の現状や、仕事内容を紹介します。

准看護師の勤務先

准看護師の勤務先は、正看護師と大きな違いはありません。求人で正看護師の募集しかしていない施設でも、問い合わせをすれば准看護師でも採用してもらえる事もあります。

転職をする時に、准看護師だと採用されにくい施設と、准看護師が優遇される施設を紹介します。

准看護師だと採用されにくい施設

求人の募集要項で、正看護師しか募集しない事が多い施設や、准看護師だと勤務するにあたって支障が出る施設をまとめました。

大学病院

大手大学病院の場合、系列の看護大学を卒業した4大卒の看護師が多数活躍しています。最先端の医療を扱う事も多い規模が大きい病院になるほど、准看護師の採用枠は少ないです。

ただし、一部では准看護師を優遇している大学病院もあります。大規模な総合病院へ転職を検討している准看護師の方は、その地域の転職事情に強いコンサルタントなどに相談するとよいでしょう。

手術室・集中治療室・3次救急外来など

病院の規模を問わず、手術室や集中治療室など、高い医療スキルを求められる現場や、3次救急外来のような責任が大きい仕事では、准看護師ではなく正看護師中心のスタッフ構成になっています。

例外的に准看護師でも、こうした現場で活躍している方はいますが、医療の最先端で活躍したいと思うなら、看護師免許取得を目指すべきです。

特別養護老人ホームの常勤

特別養護老人ホームでは、看護体制加算として、決められた人数の看護師・看護職員を配置する事を義務付けられています。看護体制加算には(I)と(II)があります。

●看護体制加算(I)
「常勤の看護師を1名以上配置している場合」に加算

●看護体制加算(II)

  1. 看護職員を常勤換算方法で入居者が25又はその端数を増すごとに1名以上配置している
  2. 最低基準を1人以上上回って 看護職員を配置している。
  3. 当該施設の看護職員により、又は病院・診療所・訪問看護ステーションの看護職員との連携により、24時間の連絡体制を確保し ている

以上3つの条件を全て満たしている場合に加算。

このため、看護体制加算1は看護師と定められているため、准看護師では加算されません。2は看護職員に准看護師が含まれているので、3つの条件を満たせば准看護師でも看護体制加算の対象になります。

施設によっては、看護体制加算の事情で准看護師を採用していないケースもあります。

准看護師が優遇される施設

准看護師は、看護師と同等の業務を行う事ができて、看護師よりも給料が低いです。そのため、上記で挙げた准看護師だと採用されにくい施設を除いて、准看護師は採用を優遇される傾向があります。

その中でも、特に准看護師が優遇される施設を紹介します。

クリニック

クリニックは職場内で、看護師と准看護師の立場の優越が少ないです。准看護師でも、院長や同僚の評価が高ければ、リーダーシップを発揮する事ができます。

同じ業務や責任を全うできるのに、給料は准看護師の方が安いので、准看護師を優遇して採用しているクリニックがたくさんあります。

産婦人科、助産院等

産婦人科のクリニックなど、助産師が多数活躍している施設では、助産師の人件費が高いため、一般の看護職員を准看護師しか採用していない施設もあります。

透析関連の仕事

透析室や透析センターは、准看護師でも活躍できる職場です。近年では、准看護師を優遇している透析関連の求人が増加傾向にあります。

スタッフが多くて、准看護師の比率が高い職場を探している方にはオススメです。しかし、転職の場合は正看護師、准看護師を問わず、経験者を優遇している求人が多いです。

准看護師の仕事内容〜正看護師との違い〜

准看護師は、働く施設によっては正看護師と仕事内容を差別化される場合があります。特に、総合病院では准看護師の立場が弱い事が多いです。

准看護師の仕事内容と、正看護師との違いについて紹介します。

リーダーや役職者になれない

看護師が多数働く総合病院では、持ち回りで人員配置や休憩の交替などの采配を取るリーダー業務を看護師が行います。准看護師は、原則リーダーになる事ができません。

また、長年勤務しても、管理職や役職者になれないデメリットがあります。

看護師の指示の元でしか動けない事も

看護師の資格の定義では、医師の指示に従って診療介助を行うように定められています。准看護師の資格の定義では、医師、看護師の指示に従って業務を行うように定められています。

このため、勤務先の方針によっては、何をするにしても看護師の指示や確認がないと業務を行えない事があります。また残念なことに、准看護師を見下している看護師の同僚がいることもあります。

准看護師から正看護師を目指す

准看護師と正看護師の仕事内容の違いは、リーダーや役職者になれない事や、業務をするにあたり、医師だけではなく看護師の指示も必要な事があるだけです。それ以外の処置や介助には、資格による制限がありません

このように、立場が弱いだけではなく給料も看護師よりも安いため、准看護師の方の多くは、看護師免許取得を目指しています。准看護師から看護師免許を取って正看護師を目指す方法は、別ページで詳しく紹介しています。
(参考:准看護師から正看護師を目指すには)

まとめ

  • 准看護師は、大学病院や手術室、ICUなど一部の病院や部署で求人が少ない傾向がある
  • クリニックや産婦人科、透析室など、正看護師よりも准看護師を優遇して積極採用している事例もある
  • 准看護師と正看護師の仕事内容の違いは、リーダーになれない事や、看護師の指示が必要になる事だけで、処置や介助に資格の制限はない

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。