当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

ここでは、助産師の仕事内容について紹介します。
助産師は主に看護大学へ進学した方が4年生の時に取得できる資格です。

助産師の資格を取得した方は、そのまま新卒で助産師として活躍される方が多いです。
(参考:助産師の資格)

助産師とは

助産師とは、その名の通り出産を手助けする仕事です。
助産師は赤ちゃんが上手に出てくるのを手助けし、お母さんが出産の為に力を出すのをサポートします。また、出産の手助けだけではなく、妊娠中の食事や運動のサポートや相談から、出産後のサポートや指導を行います。

出産前後の女性は不安や精神的ストレスを抱えているため、母親のよき相談相手として、高いコミュニケーション能力を求められます。

基本的助産業務に必要な能力

助産師教育テキストの助産概論では、助産師に必要な能力を次のように紹介しています。

能力1 社会科学、公衆衛生、および保険専門職の一般知識、技術および態度

助産師は、女性と新生児および出産可能な家族に、高質で、文化的に容認でき、適切なケアを提供するための社会科学、公衆衛生及び倫理の一定に知識を有する。

能力2 妊娠ケアと家族計画の方法

助産師は、出産する女性と新生児および共に暮らす家族の生活、計画的な妊娠や肯定的な育児を促進するために、質の高い、文化的感受性に富む健康教育や、サービスを提供する。

能力3 妊娠中のケアとカウンセリング

助産師は、より健康な妊娠過程の促進、異常の早期発見・治療・合併症の専門医への委託などを含む、質の高い妊娠期ケアを提供する。

能力4 分娩および出生時のケア

助産師は、分娩時に清潔で安全な分娩介助を行い、緊急事態に対応し、女性と新生児の健康状態を最善にできるように、質の高い文化的感受性に満ちたケアを提供する。

能力5 産褥期のケア

助産師は女性に対し、包括的で、質の高い、文化的配慮のある産褥期のケアを提供する。

能力6 新生児のケア-2ヶ月まで

助産師は、出生から生後2ヶ月までの乳幼児に必須な健康のために、質の高い包括的ケアを提供する。

助産師の勤務先

助産師は全国に約3万人います。その内、約65%が総合病院22%がクリニックで働いています。

また、助産師は開業権を持っているので、自ら助産院を開業している方もいます(約6%)その他の助産師の仕事には、母乳相談や新生児訪問などがあります。

助産師の仕事内容

助産師の仕事内容を職種別にまとめました。

クリニック、外来での診察

妊娠中の女性が外来やクリニックで受診する事を、「妊娠健康診査(妊婦検診)」と呼びます。妊婦検診では妊婦と胎児の健康状態を確認して、妊婦がより健康的に生活できるようにアドバイスをします。

病院の外来やクリニックでは、主に医師が妊婦検診を診察しますが、妊娠3ヶ月前後から助産師も同席している病院やクリニックが多いです。

最近では、病院でも助産院のように助産師が全ての診察を行う、「助産師外来」も増えています。妊娠の初期診察や中絶相談は、医師のみで対応している傾向があります。

妊婦検診の流れ

妊婦健康診査の流れは次の通りです。

血液、体重測定
  ↓
尿検査
  ↓
触診
  ↓
子宮の大きさの計測
  ↓
乳児児心音の聴診
  ↓
母子手帳への記入
  ↓
相談

妊婦検診の流れの中でも、助産師の腕の見せ所になるのが触診です。ベテラン助産師になると「指に目が付いている」と言われ、妊婦のお腹を触るだけで正確に胎児の状態を確認できます。

また、妊婦検診では妊婦の悩み相談に乗る事も大切で、よく妊婦の話を聞いてあげる事も大切な仕事です。このように助産師の妊婦検診は、看護師が行う健康診断とは全く違う専門的な技術と、コミュニケーション能力が求められます。

出産施設での出産の介助

病院やクリニック、助産院などの出産施設で、陣痛が始まった後に助産師が行う仕事について紹介します。

内診

妊婦が陣痛を訴えたら、内診を行います。内診とは、陣痛の感覚や強さを測り、子宮の入り口がどのくらい広がっているかや、柔らかくなっているかを診察するものです。

こうして分娩進行状態を確認し、現在の分娩の進行状態や、あとどのくらいの時間で出産になるかを予測します。病院やクリニックなど設備が整った施設では、「妊娠検査装置」を妊婦に装着し、胎児心拍と陣痛の様子を記録していきます。

出産までのケア

陣痛が始まってから出産までの間、助産師は手厚く妊婦をサポートします。産痛に対しては、マッサージやお腹を温める、姿勢を変えるなど、様々な対処法から妊婦に合った方法をアドバイスします。

分娩が遅い時には一緒に歩いたり、階段をのぼるなどの運動を行い、妊婦や家族の出産へ向けての不安な気持ちを軽減できるようにメンタルケアもしていきます。

出産前の準備

分娩が進行し、子宮の入り口が開ききると出産をする準備をします。出産前の準備では清潔なシートを敷いたり、必要な医療機器のセットをします。準備が整ったら産まれてくる赤ちゃんのペースで妊婦のサポートを行います。

出産の瞬間はとても感動的で、助産師の仕事の醍醐味でもありますが、助産師は感動を感じつつも常に冷静かつ客観的な目線で母子を観察して適切な処置をする事が求められます。

胎児が生まれたら、迅速に必要な処置を取り、出生時間の記録を行います。

産科病棟での助産師の仕事

産科病棟には、「産科病棟」と生まれたばかりの赤ちゃんがいる「新生児室」、「新生児集中治療室(NICU)」などがあります。

ここでは、産後の母親や病気をもった妊婦が入院する産科病棟での助産師の仕事を紹介します。

某病院の産科病棟の仕事内容

産科病棟は一般病棟と同様、日勤と夜勤の仕事があり、シフトや業務内容は病院によって様々です。ここでは、2交替制のシフトを導入している某病院の仕事内容を紹介します。

助産師は、平均5〜6名の母子を受け持ち対応をします。生後1日目〜2日目から、赤ちゃんと母親が同じ部屋(「母子同室」)で、一緒に過ごします。助産師は、母親と新生児の両方の状態を観察し、状態に合わせて適切なケアを行います。

母親の身体状況を観る時は、子宮の収縮が順調か、出血が増えていないか、出産の時にできた状態の確認や、血圧の脈拍の測定、全身状態の査定をします。

そして産後重要なのが、乳房の状態や授乳の様子の観察です。母乳の出る状態は個人差があり、適切なアドバイスやケアをしていきます。母親は産後6日前後を目安に退院するので、それまでに抱っこや授乳、おむつ交換の方法を丁寧に説明します。

助産師は、母親の心身のケアをしながら、退院してからの生活に不安が少なくなるように、手厚くサポートする事が求められます。赤ちゃんのケアは、検温や授乳の状況を確認し適切な処置をしていきます。

異常があった時にも慌てず、母親に余計な不安を与えないように配慮する事が大切です。

産科病棟の1日の流れ(日勤)

朝出勤したら、夜勤勤務者からの申し送りを受け、受け持ちの患者の点滴など必要な処置の準備をします。申し送りや朝礼が終わったら、受け持ちの母親の部屋を回り、母子の健康状態を観察し、電子カルテに記録していきます。

その後は、順番に再度母親の部屋を回り、授乳の援助や退院指導で育児指導や注意点、健康状態の見極め方などを教えます。

適切な子育ての方法は母親と赤ちゃんによって違うので、観察状態に合わせて適切な方法で指導を行いましょう。産科病棟では、頻繁にカンファレンスがあり、夕方の勤務時間内に行います。

大学病院など学校を併設している施設では、助産師学生も交えて事例検討を行います。

16時頃から夜勤勤務者へ夜の申し送りを行い、現在の状態、今後のケアの方向性を伝え、相談なども行います。産科病棟でのケアは一般病棟よりも繊細さを求められ、申し送りを時間をかけてじっくり行い、受け持つ看護師によって対応が変わる事を防ぎます。

新生児室での助産師の仕事

新生児室では「母子同室」になる前の、生まれたばかりの赤ちゃんのケアを行います。生まれたばかりの赤ちゃんは、体温の調整が難しい為「保温」が最も大切なケアです。そして「呼吸状態の観察」が欠かせません。

胎児が母親のお腹の中にいる時の酸素は、エベレストの頂上と同じくらいと言われています。そこから生まれると同時に肺に空気が入り肺呼吸が始まります。肺呼吸を始めたばかりの赤ちゃんは、呼吸が不安定になる事があるため、充分な観察が必要です。

新生児室での仕事は、正しくタイムリーに適切な対処をしないと、赤ちゃんの生死や後遺症に関わる重大なミスに発展する恐れもあり、責任が大きい仕事です。

助産師はリスク回避の為にも、赤ちゃんの観察だけではなく、妊娠過程、出産の様子から、赤ちゃんが起こしやすいリスクも併せて考えます。

新生児集中治療室(NICU)

新生児集中治療室(NICU)」には、小さく生まれた赤ちゃんや、病気をもっている赤ちゃんが入院しています。最近では医学の進歩によって、500g程度で生まれた小さな赤ちゃんの命も救えるようになりました。

予定よりも早く小さく生まれてしまった赤ちゃんの場合は、胎内環境になるべく近づけるように配慮された環境が用意されています。

こうした設備を保育器と呼び、NICUには赤ちゃん1人に1つ用意された保育器のカプセルが並べられていて、照明を暗くし、保育器の中はタオルで子宮の壁に見立てて、丸まった状態にして胎内にいるような状態を維持させています。

このように早産で生まれた肺や胃腸が未熟な赤ちゃんを、外での生活に対応できるようになるまでお母さんの変わりに助産師が愛情を持って育てています。

助産所(助産院)の事例

助産師は医師と同様に開業権が与えられ、助産所(助産院)を開業する事ができます。自ら開業するだけではなく、既存の助産院に従業員として助産師が勤務する事もあります。

助産所には様々な形態があり、出産サポートを専門にしている所から、助産師外来で初期診療から行っている所や、自宅出産の為に出張対応を専門にしている所があります。

助産所は医師が在籍していないので、必要に応じて病院での診察を提案したり紹介する事が求められます。診察から対応している所では、エコーなど一部で医師がいる病院へ患者に通院してもらう事も必要になります。

助産所での出産は普通分娩のみで、帝王切開が必要な場合などは総合病院へ患者を紹介します。

最近では、妊婦検診や出産だけではなく、ベビーマッサージの講習やマタニティビクス(妊娠中の運動)、母親クラスの講演や父親への妊婦ジャケット体験会などのイベント企画など、多様な活躍を見せている助産師も増えています。

まとめ

  • 助産師は妊娠中のケアから、出産の介助、出産後の母子のケアを行います。
  • 助産師は医療目線での処置だけではなく、出産前後の妊婦・母親やその家族の不安を取り除くコミュニケーション能力が必要です。
  • 助産師は看護師とは違った専門的なスキルと知識が求められます。
  • 助産師は全国で約3万人いて、その大半が病院かクリニックで勤めています。
  • 助産師の仕事は外来、分娩室、産科病棟、新生児室、NICUなどがあり、それぞれ業務内容が異なります。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。