当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の資格の中でも、人気が高く、唯一開業もできるのが「助産師」です。
助産師は、女性の妊娠・出産・産褥の各時期において必要な処置を行い、分娩(お産)を行います。

勤務先は主に助産院や産婦人科で、診察や帝王切開による分娩は医師が担当しますが、普通分娩は助産師が行います。

ここでは、助産師の資格の特徴について紹介します。

助産師の資格を取るには

助産師の資格を取るには、4年生の看護大学を卒業する必要があります。看護師の資格は3年で取得できるので、大学4年の時に助産師の資格を目指し、国家試験に合格する事で取得できます。

そのため助産師のほとんどは、大学卒業時に資格を取得します。大学在学中の国家試験に合格できずに、一度看護師で働きながら再度受験をする方もいます。

専門卒や大卒で、助産師ではなく保健師など別のコースを選ばれた方でも、大学に編入する事によって資格取得する事ができます。

助産師の働き方

助産師の勤務先

助産師の勤務先は、主に「産婦人科がある総合病院」と「産婦人科のクリニック」があります。

総合病院では、帝王切開や未熟児など、医師による処置が必要な分娩の介助や、入院患者や新生児の世話も行います。もちろん一般分娩を行う方のお産を担当する仕事もたくさんあります。

産婦人科では、主に一般分娩のみを行います。初期診察は主に医師が担当し、8ヶ月以降など、ある程度お腹が大きくなった頃から、定期受診に助産師も参加します。

助産師は大学に行かないと取得できない資格なので、新卒での最初の就職先は、大学病院などの総合病院に就職する方の比率が高いです。

助産師は一般の看護師よりも給料が高い

給料は勤務する病院やクリニック、助産院によって異なりますが、平均的に看護師よりも高いです。助産師は分娩の介助など、責任が大きい処置を行う事や、資格取得の難易度が高い事から、給与水準が高くなっています。

ただし仕事が多く、お産や新生児の扱いには神経を使う為、楽な仕事ではありません。

助産師の勤務時間

お産(分娩)は24時間いつ起こるか分かりません。その為助産師は夜勤も必要になりますし、一般の病棟看護師よりも夜勤の仕事が忙しくなる傾向があります。

また、お産に苦労する方は10時間以上陣痛に苦しむ事もあるので、1回の出産の処置で1日の仕事が終わってしまう事も珍しくありません。

大学病院など助産師がたくさんいる職場は、時間帯によっては他の助産師にお産介助を引き継ぐ事ができますが、小さいクリニックなどでは、お産が長引くと長時間の残業が必要になる事もあります。

また、患者のお産が重なると病院やクリニックを問わず、助産師が緊急呼び出しをされて出勤するケースもあります。

助産師は開業できる

助産師の資格の魅力は、自ら助産院を開業できる事です。当然、簡単な事ではなく、各種届け出や緊急時の受け入れ先など、開業する地域の病院とのパイプも必要です

助産院を開業する場合は、最低でも5年〜10年以上の経験を積んだ上で、そのエリアの市場分析や営業など経営のスキルもないと、すぐに廃業するリスクが出てきます。

助産院の開業は地域柄も大切です。都会だと産婦人科がある大規模な総合病院や人気クリニックが多く、利用者の獲得のハードルが高いでしょう。ライバルが少ない田舎では、開業してすぐに軌道に乗る事もあります。

また、主婦が売上をあまり気にせずに助産院を開いているケースもあります。

助産師は看護師の仕事をしない

助産師の仕事は看護師の仕事内容とは大きく異なります。そのため助産師の仕事に就いたら、助産師しかできない仕事内容が中心になります。

産婦人科では、助産師の他に、一般の看護師や准看も配置されるので、採血や簡単な介助は助産師の資格を持たない看護師(准看)が行う事が一般的です。

助産師の資格を取って看護師に進む方は少数派

助産師の資格を取るには、正看護師の資格を先に取る必要があるため、助産師の方は病院やクリニックで看護師として働く事も可能です

しかし、助産師の資格を取った方の多くは、そのまま助産師の道へ進みます。

現役の助産師の方に話を聞いた所、次のような回答がありました。
「助産師になりたくて、資格を取った事もありますが、何よりも助産師は実際に働いてみて仕事が楽しいですし、やりがいを感じます。
もちろん職場の人間関係や激務で仕事が辛く、転職したいと考える事もありますが、あえて助産師を辞めて看護師で働こうとは思いません。
他の助産師の方も同じで、看護師よりも魅力的な仕事だと思って助産師をやっていると思います」

助産師を辞めた方の体験談

実際に助産師の資格を取って、大学病院で勤務してから、病院の病棟看護師に転職された方から話を聞く事ができました。その際、助産師を辞めて看護師になった理由を次のように語ってくれました。

「助産師に憧れていて、キャリアアップも目指してNICU(新生児の集中治療室)がある大学病院へ新卒で就職して助産師として勤務しました。

就職前から分かっていた事ですが、未熟児を実際に扱うのは心が痛く、仕事内容も多くて神経を使う事がたくさんありました。

残業も多く、1日15時間以上の勤務が数日続いた事もありました。

新しい命を救う仕事に憧れていましたが、理想と現実のギャップを感じて、未熟児が生まれて落ち込む家族や、悲しむ家族などを間近で見ると私自身も欝になっていきました。

結果的に体力的にも、精神的にも追い込まれて、2年程勤務して助産師をリタイヤしました。

勤務先は激務だったので、他にも退職する助産師の方はいましたが、一般分娩のみを行うクリニックへ転職する方が多かったです。

私の場合は、精神的にかなり追い込まれて、助産師ではなく普通の看護師の仕事をしてみたいと思い、病棟看護師へ転職しました。

私のような道を選ぶ人は少数派ですが、NICUなどがある大規模な総合病院の助産師は楽な仕事ではありません。

ですが、助産師の仕事をすると他の職種では味わえない感動がたくさんあるので、これから助産師を目指す方には、積極的にチャレンジしてもらいたいと思います」

まとめ

  • 助産師は産婦人科で分娩の介助を行う
  • 普通分娩は医師ではなく助産師のみの介助で行う事ができる
  • 助産師の資格を取るには4年制大学に行き、4年生の時に助産師コースを先行する必要がある
  • 助産師は自ら助産院を開業する事も可能
  • 助産師は看護師よりも給料が高く、仕事のやりがいも大きい
  • NICUがある大規模病院では未熟児などが多く、仕事の負担も大きい

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。