当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護師の仕事は病院などの医療現場だけではありません。ナースの資格や経験を活かして異業種に挑戦する事もできます。

ここでは、ナースの資格を活かせる異業種について紹介します。

ナースの資格を活かせる異業種

看護師の資格が必要な仕事は幅広く、病院、クリニック以外にも次のような職種があります。

  • 介護施設
  • 製薬会社
  • 保健所や企業ナース、保健室の先生など(保健師の資格が必要)
  • コールセンター
  • 保育園
  • 健康診断
  • 訪問看護
  • 出張派遣(ツアーナース、イベントナース等)
  • 美容外科

それぞれの仕事の特徴については、看護師の働く施設情報をまとめたページで詳しく紹介しています。
(参考:看護師の働く施設(職場)と仕事内容)

病院などの定番の看護師の職場の他に、人気が高い看護師の仕事を項目別にまとめました。

医療行為を行う事が少ない仕事

注射や採血、患者の介助や処置などの医療行為は看護師の醍醐味ではありますが、強い責任感を求められます。医療行為をする現場以外の仕事を探している方には、次の仕事が人気があります。

  • 製薬会社
  • 保健所、企業ナース、保健室の先生
  • コールセンター
  • 保育園
  • 出張派遣
  • 保育園

保健所や保育園、出張派遣などでは、応急処置や適切な判断を求められる事もありますが、病院のような採血や注射などを行う事はほとんどありません。

製薬会社の治験コーディネーターやコールセンターは、患者と直接触れ合う機会がほとんどなくなります。「病院でやる医療行為は抵抗があるけど、医務室などの、ちょっとした処置程度であれば問題なくこなせる」と思って転身される方もたくさんいます。

職場の人間関係のトラブルを避けたい方向けの仕事

看護師の転職理由の上位で定番になっているのが「職場の人間関係のトラブル」です。看護師は気が強い方が多く、看護師がたくさんいる職場では、様々な人間関係のトラブルや問題が発生します。

人間関係のトラブルが少ない職場を探している方の為に、自分のペースでできる仕事をピックアップしました。

  • 訪問看護
  • 出張派遣
  • 保健所、企業ナース、保健室の先生

訪問看護は、看護師の人数が多く、シフトや緊急対応を巡り若干のトラブルリスクがありますが、基本的には1名で患者の自宅を回るので、自分のペースで仕事をする事ができます。

出張派遣の場合は、原則看護師は1名体制の仕事ですし、毎回現場が違うので、人間関係で悩む事はありません。

保健所や企業ナース、保健室の先生は、看護師や違う職種の同僚がたくさんいますが、仕事量と残業が少ない職場なので、人間関係のトラブルリスクは少なくなります。

コールセンターなどは、なれてしまえば自分のペースで働けますが、新人時代は先輩や上司の指導も必要になるので注意が必要です。介護施設や保育園などは、看護師の人数が少なくても、介護福祉士や保育士とのトラブルリスクが出てきます。

しっかり稼ぎたい方向けの仕事

看護師の仕事で、平均給与が高いのは総合病院の常勤(夜勤あり)です。病院勤務よりも楽な仕事はたくさんありますが、コールセンターや健康診断、美容外科などへの転職は、給料が大幅に減ってしまう事もあります。

医療から離れた現場だけど、しっかり稼げる仕事をまとめました。

  • 介護施設
  • 製薬会社
  • 企業ナース

介護施設では、特養などで夜勤もこなせる事から、手当が入り病院と同等の給料をもらう事があります。

その他は原則夜勤がないですが、製薬会社や企業ナースは、給料相場が高く、病院の日勤常勤やクリニック勤務よりもたくさん稼げる事もあります。

ただし、製薬会社や企業ナースは人気が高く求人数自体が少ないので、希望すれば必ず転職できる訳ではありません。気になる方は、転職エージェントを利用するなどして、在籍しながら転職活動をするとよいでしょう。

ナースの経験を活かせる異業種

看護師から転職する方は、必ず看護師の資格が必要な仕事を選ばなければいけないルールはありません。中には看護師の資格が必要ない職種へ転身して成功をおさめた方もいます。

異業種への転身は様々な道がありますが、ここでは看護師から転職して成功した方の事例を紹介していきます。

MR

MRとは製薬会社の営業の事です。医師や薬剤師、看護師に対して、自社の薬を導入してもらえるように営業します。

看護師の資格は必要ありませんが、看護師は職場内や対患者で高いコミュニケーション能力を求められます。また、既に病院や医師とのコネクションを持っている方も多く、看護師からMRへ転身し成功している方は多数います。

中には治験コーディネーターとして製薬会社に入社して、部署異動でMRを任せられるケースもあるようです。

MRは仕事が取れれば給料や待遇も高く、看護師より稼ぐ事も可能です。コミュニケーション能力や、コネクションを活かして、しっかり働きたい方に適しています。

マッサージ師、整体師

マッサージ師や整体師は看護師の資格は必要ないですが、ハリや灸など、一部の処置では看護師とは別の国家資格が必要な場合や、民間に認定資格を求める職場があります。

異業種ではありますが、看護師は人の身体の仕組みやツボを理解していますし、患者とのコミュニケーションや接し方を熟知しているので、マッサージ師などで転身して成功する方もいます。

ただし雇われで働く場合は、初任給が看護師よりも大幅に低い水準から始まる事があります。

化粧品販売

看護師は女性の職場である事や、給料水準が高い事から、美への追求心が高い方がいます。その経験を活かして化粧品販売に転身して成功されている方もいるようです。

看護師の経験を活かして、効果の実感だけではなく美容成分の見極めや、客への配合成分の説明などで看護師の経験を活かせます。

ただし、小売業ですので成功すれば見返りは大きいですが、最初は給料も安く拘束時間も長い為、すぐに挫折して看護師へ戻る方もいるようです。

転職エージェント

看護師が転職する時のサポートをする、転職エージェントは基本的には看護師の資格を持っていないスタッフが行っています。しかし、ごく一部では看護師の経験を活かしてエージェントとして活躍している人もいるようです。

看護師としての勤務経験があれば、転職希望者と求人元の病院の双方の気持ちが理解できるので、円滑に仕事を回せますし、信頼されやすいです。

しかし、転職エージェントは初任給が安く、年齢制限がある事(主に30歳以下)、残業や休日出勤も多く激務などの理由から、看護師を辞めて転身される方はごく僅かです。

人材派遣業界そのものが、看護師業界とは逆で、競争が激しい職種の為、仕事への適性があっても、転職するメリットが少なくなっています。

まとめ

  • 看護師の資格を活かせる異業種は医療現場だけではなく、介護や保健福祉関連など幅広い分野がある
  • 看護師の資格が不要の職種でも、看護師の経験を活かせる仕事がある
  • 看護師の経験を活かせる仕事でも、看護師の仕事よりも待遇が低いので人気が低い
  • 医療現場から離れたい理由によって、転身する職種を検討する事がポイント

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。